初心者でも失敗しない自動車保険を節約する方法や選び方。賢い加入方法などをわかりやすく解説

初心者でも失敗しない「自動車保険の節約術」

車両保険

駐車場などで当て逃げ被害に遭遇したときの対処法と今後の対策方法

更新日:

ca88dcb223d82f29e7e34639d66e808d_m

駐車場から戻ってみると、見たこともない大きな傷が。。。
なんと、「バンパーが凹んでいるじゃん!」
買って間もない、愛車が損傷してしまったのです。

駐車場内では、思わぬ形で事故に遭遇します。
当て逃げもその内のひとつでしょう。
サイドミラーを畳んだり、ちょっと遠目に駐車していても、
運悪いときには、ぶつけられてしまうのです。

もちろん、犯人を見つけるのが先決ですが、
せっかく購入したばかりの車をそのままにしておくこともできません。

当て逃げ事故における、
保険での修理方法と、私たち事故の被害者が、
やるべき対策について一緒に考えていきましょう。

当て逃げされてしまった場合の対応策

修理には、車両保険を使うしかない。

当て逃げされても、犯人を特定できる可能性は
残念ながらほどんどありません。

目撃者でもいない限り、
ぶつけられた痕跡程度では、
相手の車を特定することが難しいからです。

だからまずは一旦、犯人探しをすることは忘れて、
自分の車を修理する方法を考えましょう。

ぶつけられた車をそのままにしておくと、
ドアやボンネットパネルなど損傷箇所によっては「錆」の原因にもなります。

犯人探しに時間を掛けていては、ボディの錆や腐食が進行する
可能性もあるので、早めに対処をしましょう。

✔CHECK:当て逃げなら、あなたの車両保険を使う
当て逃げなど、相手がわからなければ、
あなたの車両保険を使うしか方法はない。
車両保険を使用すると、「3等級ダウン事故扱い」になるので、
来年からの保険料は上がるります。

もちろん等級が低かったり、1年以内に保険を使ったばかりなら、
あえて保険を使わないという選択肢もあります。
あなたの自己負担になりますが、そこはある程度の割り切りは必要でしょう。

保険を使用せず、修理する場合でも、
証拠写真だけは、残しておきましょうね。

ぶつけた犯人が、見つかる可能性は低いでしょう。
ですが、運良く犯人が特定できた場合には、

今回の修理費用を、相手の保険会社に請求することができるので、
損害箇所が映っている写真は、数枚でも残しておけば大丈夫です。

ドライブレコーダーを搭載する

ドライブレコーダーは、かなりリーズナブルになってきています。
1万円以下で購入できるドラレコも珍しくありません。

最近のドライブレコーダーは当て逃げも一定の効果を発揮します。

例えば、「ドラレコってエンジンがかかっている間でしか、作動しないんじゃないの?
と思われがちなのですが、決してそんなことはありません。

エンジン停止後も「駐車監視モード」といって、
設定時間を決め、エンジンOFF後も記録し続けることができるモデルもあります。

24時間常時監視ならバッテリーの増設などを工夫して加工する必要がありますが、
駐車場程度の当て逃げなら、十分対策が可能でしょう。

当て逃げ事故で痛い目に合っているユーザーの中には
フロント、リヤ左右に計4つ取り付けしている方もいるのです。

見つからない場合でも警察への届け出はする

telephone-586268_640

先ほど、「当て逃げは特定しづらい」と言いましたが、
ただ、指をくわえて黙っていても始まりません。

どちらにせよ、警察への届け出は必ず行ってください。
また、周辺にある気になったパーツなどは必ず拾っておきましょう。
案外なにかの証拠品になるのかもしれませんので。

目撃者がいなくても、証拠品が見ていることだってあるのですから。
とにかく気になったこと、違和感を感じたことはメモにしておきましょう、

まとめ

  • 当て逃げされたのなら、等級は下がるが車両保険を使うしかない
  • 等級が低いなら自己負担で修理する
  • ドライブレコーダーなどの対策を怠らない
  • 警察への届け出を忘れない

当て逃げ事故ほど、やり切れない事故はありません。
自分の過失ならいざしらず、
誰にやられた傷なのかもわからなければ、納得もできないですしね。

このように、いつ当て逃げ事故の被害に遭遇するのかもわかりません。
そのためにも、やはり車両保険には加入しておいたほうがいいでしょう。

確かに、一般の車両保険を付帯すると保険料は高額になります。
ですが、保険会社を見直しすることで、できるだけ保険料を安くすることが可能になります。

車両保険は必ずしも、あなたが原因で使うわけじゃないですからね。


 

自動車保険を見直しするのに「一括見積もり」を使ってみました。

すると、全く同じ補償内容であるのにもかかわらず、保険料が35,600円も安くなりました。
 

「保険の窓口 インズウェブ」は、最大20社の保険会社の中から保険料の比較ができるサービスです。

たった5分で見積もりがとれて、もちろん手数料も無料なので安心です。
すでに、利用者も900万人に突破して保険料の節約に成功しています。

►►自動車保険の一括見積もりで保険料を比較してみる。

自動車保険一括見積もり

私は新車を購入するため、今まで乗っていたプリウスをディーラーに下取りをお願いしましたが、予想してたよりもはるかに低い査定額でした。

ですから、下取りは一旦保留にしてインターネットで「車一括査定」を申し込み、複数の業者から同時に査定してもらったところ、最大で234,000円の価格差がついたのです。

また、「概算金額」も先に教えてくれるので、自分の車の「相場価格」もかんたんに知ることができる。

提携会社である、50社以上の厳選された買い取り店の中で、最大の「10社」買い取り業者を使って同時に比較ができること。

それこそが一括査定のメリットであり、最大の強みになります。

►►45秒でできる、無料の「かんたん車査定」を見てみる。

  • この記事を書いた人

ニシザワ

元トヨタ系ディーラーの営業、保険代理店の営業を経て、現在はフリーランスのライター業をしています。 「自動車保険を少しでも節約したい!」とお考えの方のために、保険料を安くする方法をわかりやすく解説していきます。

-車両保険

Copyright© 初心者でも失敗しない「自動車保険の節約術」 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.