初心者でも失敗しない自動車保険を節約する方法や選び方。賢い加入方法などをわかりやすく解説

初心者でも失敗しない「自動車保険の節約術」

自動車保険の基礎知識

自動車保険を短期で加入するなら「ドライバー保険」が便利!

更新日:

スクリーンショット 2015-12-07 18.43.48

ドライバー保険とは一体どのような保険なのでしょう?
マイカーを持っていない方が友人や知人から借りたクルマを万が一事故を起こしたしまった場合に、
「契約した期間」の分だけ補償します。

自分は自動車保険に加入していないけど、
友人や知人のクルマをよく借りて乗ることがある。
でも、そのままで乗ると無保険になるので、なにか大きな事故があったときに怖いです。

このように自分のマイカーは持っていないドライバーに、
1年契約で加入できる自動車保険を「ドライバー保険」と言います。

また、月割で加入することができたり、
最短で1日単位からでも加入できる商品もあるので、
使い方によっては、自分の身を守り事故の相手を補償することができる、
使い勝手の良い保険です。

1年、1ヶ月、1日でも!短期間で加入できるドライバー保険とは。

これから車を購入予定の方や、友人の車をよく借りて運転することが多いドライバーにおすすめです。
ドライバー保険に加入ていないと「無保険状態」になり、相手の車を修理することが困難になります。

ドライバー保険の仕組みと特徴

ドライバー保険.001
✔ドライバー保険のポイント
  1. 基本スタイルは1年間の契約になりますが、月割で契約できたり、週単位でも契約できるので自由度が高く、
    さらに保険会社によっては1日単位でも加入できるという点でしょう。
  2. ドライバー保険はまだまだ展開されている保険会社が非常に少ないのです。
    代理店型はほとんどの会社は加入できるのですが、通販型自動車保険にはまだ浸透していません。
  3. 自家用乗用車はもちろん、軽自動車、貨物自動車&キャンピングカーさらには、バイクでの事故でも補償が可能です。

保険会社によるドライバー保険の種類

名称 東京海上 損保ジャパン あいおいニッセイ同和 三井ダイレクト 日本興亜 ドコモ1日自動車保険
対人賠償
対物賠償
人身傷害 × オプション オプション × ×
搭乗者傷害 オプション オプション オプション オプション
自損事故 オプション
個人賠償 × オプション × × × ×
契約期間 1日 1年 1年 1年 1年 1日
支払い方法 スマホ料金 口座振替
カード
口座振替
カード
口座振替
カード
口座振替
カード
スマホ料金
保険料
(21歳未満)
500〜1,500 55,280 47,390 39,270 確認不可 500〜1,000
保険料
(21歳以上)
500〜1,500 30,970 25,800 21,860 確認不可 500〜1,000

以上の表からも見て分かる通り、
基本的には「1年間」にて契約するのが基本スタイルなのですが、
東京海上日動の「ちょいのり保険」のように既に「1日」から加入できる商品も存在しています。

さらに保険会社とはイマイチ関連性のない、
「ドコモ1日自動車保険」という自動車保険もあるのです。

東京海上日動のちょいのり保険の例

東京海上日動(以下東海)は1日単位加入できる、
「ちょいのり保険」という1日自動車保険があります。

相手への補償される「対人対物保険が無制限」のプランですと、
1日500円から加入できるのです。
車両保険もセットするなら1,500円とそれでも1,000円し価値がいません。

1度の申し込みで最大で7日間申し込みができるので、
田舎に帰省した時などには「使える」保険なのですね。

他車運転特約があるならドライバー保険は必要ない。

以上のことからドライバー保険は、「自動車保険」と切り離して考えてみるといいでしょう。

元々自動車保険に加入しているドライバーは、
他人の車を運転して事故を起こしたしまった場合
他車運転特約」が自動セットされているので、
わざわざ加入する必要はないでしょう。

関連:友人の車を借りて事故ったら「他車運転特約」を備えておくことが必要

自動車保険に加入していても、
ドライバー保険には加入ができるので、
補償が重複してしまい、無駄なお金を使うだけなので、
不明な点があれば、直接保険会社に確認してみることが大切です。

先ほどの話と重複してしまうかもしれませんが、

  • 久しぶりに帰省した親に車を借りるとき。
  • 友達に車を借りるとき。
  • 自動車保険を見直ししてみたいとき。

このようなときには、一度利用してみてはいかがでしょう。


 

自動車保険を見直しするのに「一括見積もり」を使ってみました。

すると、全く同じ補償内容であるのにもかかわらず、保険料が35,600円も安くなりました。
 

「保険の窓口 インズウェブ」は、最大20社の保険会社の中から保険料の比較ができるサービスです。

たった5分で見積もりがとれて、もちろん手数料も無料なので安心です。
すでに、利用者も900万人に突破して保険料の節約に成功しています。

►►自動車保険の一括見積もりで保険料を比較してみる。

自動車保険一括見積もり

私は新車を購入するため、今まで乗っていたプリウスをディーラーに下取りをお願いしましたが、予想してたよりもはるかに低い査定額でした。

ですから、下取りは一旦保留にしてインターネットで「車一括査定」を申し込み、複数の業者から同時に査定してもらったところ、最大で234,000円の価格差がついたのです。

また、「概算金額」も先に教えてくれるので、自分の車の「相場価格」もかんたんに知ることができる。

提携会社である、50社以上の厳選された買い取り店の中で、最大の「10社」買い取り業者を使って同時に比較ができること。

それこそが一括査定のメリットであり、最大の強みになります。

►►45秒でできる、無料の「かんたん車査定」を見てみる。

  • この記事を書いた人

ニシザワ

元トヨタ系ディーラーの営業、保険代理店の営業を経て、現在はフリーランスのライター業をしています。 「自動車保険を少しでも節約したい!」とお考えの方のために、保険料を安くする方法をわかりやすく解説していきます。

-自動車保険の基礎知識

Copyright© 初心者でも失敗しない「自動車保険の節約術」 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.