初心者でも失敗しない自動車保険を節約する方法や選び方。賢い加入方法などをわかりやすく解説

初心者でも失敗しない「自動車保険の節約術」

自賠責保険

運転するなら「自賠責保険」だけでは不十分な理由。

更新日:

名称未設定.001
自賠責保険は法的に定められている補償制度なので、
必ず加入しなければならない、強制的な保険です。

車検付きの自動車については、
自賠責保険に加入しなければ、車検に合格することは不可能です。

唯一、250CC以下のバイクだけは、
車検整備がないので、自賠責保険は自己管理しなければなりません。

そこで、ひとつの疑問が浮かびます。
本当に自賠責保険だけあれば、保険として足りるのでしょうか。
不安を感じることなく、公道を走行できるのでしょうか。

保険にはしっかりと加入している」と言いながら、
実は自動車保険ではなく、自賠責のみしか加入していない方が、
結構多いので、そのあたりの解説をしていきます。

自賠責保険だけでは、公道を走るのに足りない理由

まず、自賠責保険の賠償金について説明していきましょう。

事由 損害の範囲 支払限度額
傷害による損害 治療代・休業損害・慰謝料 120万円
後遺障害による損害 逸失利益、慰謝料等 ①神経系・精神・胸部臓器に著しい障害を残して介護が必要な場合
・常時介護が必要な場合:4,000万円
・随時介護が必要な場合:3,000万
②後遺障害の程度により
3,000万円から〜75万円の範囲で保障
死亡による損害 葬儀費、逸失利益、慰謝料(本人および遺族) 3,000万円

以上の項目からわかるとおり、
自賠責保険には、補償する金額に対して限度額があります。

なので、怪我による傷害が120万円、死亡事故を起こしてしまったら3,000万円と、
限度額を超えた場合には、すべて自己負担になります。

それでは、その120万円や3,000万円で補償する金額としては、
足りるのでしょうか。

怪我の120万円では足りない

実は自賠責保険。
死亡事故よりも厄介なのが、
怪我したときの上限金額である120万円だと思います。

私の話をさせてもらうと、
学生時代に私は、400CCのバイクに乗っていましたが、
路上に飛び出してきたお年寄りと接触して事故を起こしてしまいました。

お年寄りから飛び出してきたので、
当時、刑事事件は免れましたが、そのお年寄りは怪我をしてしまったのです。

そのときの怪我の箇所が「軽い切り傷」と「入れ歯の治療」でした。

その当時、もちろん自賠責保険に加入して、任意保険である自動車保険に
加入していなかった私は、もちろん自賠責保険を使用することとなります。

交通事故証明書を取り付け支払いした結果、
総額はなんと「90万円」だったのです。
もちろん傷害は120万円保険金として使用できるの補償額は足りましたが、
もう少し怪我の状態が悪ければ、120万円を超えていたのかもしれません。

「90万円」という補償額が逆にリアルに感じられたのです。

私は当時こう思いました。
自賠責保険の120万円では足りねぇな

とてもじゃないけど怪我の保険金としては足りないのです。

この事故以来、私はバイク事故が怖くなり自賠責保険だけではなく、任意保険に加入することを決めたのです。

普通の事故死だと自賠責保険でも足りるのか?

もし事故で相手を死亡させてしまった場合には、
「3000万円」の支払いが生じます。

死亡の賠償金が妥当なのか違うのかはなんとも言えませんが、
人間の命を3000万円」として算出しているのは事実です。

現実では、死亡事故が起きてしまった場合でも、
3000万円を超える賠償額はほとんどありません。

ただし、もし仮に超えてしまった場合には、
もちろん個人で賠償が必要になります。

実際起きた、事故の事案では
わずかですが、億を超えたケースもあります。
通常ではありえませんが、状況によっては十分に考えられますよね。

もしあなたが自賠責保険に加入していなくて、
3,000万円を支払いできなければ、訴えられ裁判所から強制的に支払い命令が下されます。

支払できなければほぼ間違いなく「破産宣告」をしなければならないでしょう。
そんな心配をしないためにも、
任意である自動車保険に加入しなければならないのです。

1億円以上持っていないなら任意保険に加入するべき

もし手元に1億円2億と、賠償金がいつも払うことが可能であれば、
任意保険にわざわざ加入する必要はありません。

実際に会社の車の保有台数が500台以上を超える、
トラック会社などでは、会社に資金をプールしておいて
事故により必要なときだけ、会社から引き出ししているのです。

ですが、私たち個人では、
もちろんそんなお金もっているわけじゃありません。

だからこそ、自動車保険にも加入に加入しましょう。
もちろん、無保険車傷害保険や車両保険よりも、
対人賠償保険」「対物賠償保険」を優先して加入することが必要です。

いや、むしろ最低限の補償ならこの2つをしっかりと加入していれば
問題はありません。

車を運転するドライバーにとっては
ある意味、強制保険よりも大切である任意保険にしっかりと加入して最低限の備えはしておきましょう。

それが自分の財産を守る、唯一の方法なのですからね。


 

自動車保険を見直しするのに「一括見積もり」を使ってみました。

すると、全く同じ補償内容であるのにもかかわらず、保険料が35,600円も安くなりました。
 

「保険の窓口 インズウェブ」は、最大20社の保険会社の中から保険料の比較ができるサービスです。

たった5分で見積もりがとれて、もちろん手数料も無料なので安心です。
すでに、利用者も900万人に突破して保険料の節約に成功しています。

►►自動車保険の一括見積もりで保険料を比較してみる。

自動車保険一括見積もり

私は新車を購入するため、今まで乗っていたプリウスをディーラーに下取りをお願いしましたが、予想してたよりもはるかに低い査定額でした。

ですから、下取りは一旦保留にしてインターネットで「車一括査定」を申し込み、複数の業者から同時に査定してもらったところ、最大で234,000円の価格差がついたのです。

また、「概算金額」も先に教えてくれるので、自分の車の「相場価格」もかんたんに知ることができる。

提携会社である、50社以上の厳選された買い取り店の中で、最大の「10社」買い取り業者を使って同時に比較ができること。

それこそが一括査定のメリットであり、最大の強みになります。

►►45秒でできる、無料の「かんたん車査定」を見てみる。

  • この記事を書いた人

ニシザワ

元トヨタ系ディーラーの営業、保険代理店の営業を経て、現在はフリーランスのライター業をしています。 「自動車保険を少しでも節約したい!」とお考えの方のために、保険料を安くする方法をわかりやすく解説していきます。

-自賠責保険

Copyright© 初心者でも失敗しない「自動車保険の節約術」 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.