初心者でも失敗しない自動車保険を節約する方法や選び方。賢い加入方法などをわかりやすく解説

初心者でも失敗しない「自動車保険の節約術」

自動車保険の基礎知識

自動車保険にかかわる重要な説明書「保険約款」とはなにか。

更新日:

自動車保険にかかわる内容が記載してある説明書「保険約款」ってなに?

保険約款(ほけんやっかん)って一体なんなん?

保険約款って一体なんなの?
保険契約は、多数の人々が加入することを前提としているため、ひとりひとりに個別に説明書があるわけじゃないんです。
なので、保険会社は契約を「簡単」にするため、保険商品の内容や条件項目を定めた契約条項を作成して、保険契約を勧めます。この契約条項のことを「保険約款(ほけんやっかん)」と言います。まあかんたんに言うと、自動車保険の教科書ってイメージをもってください。

自動車保険に加入すると「保険証券」とともにやってくのが
保険約款(ほけんやっかん)」という小冊子なのですが、
この保険約款が「自動車保険の説明書」となっています。

自動車保険を知る上で知っておいたほうがいい、
保険約款の役割について説明します。

「保険約款」とは一体なんなのか?

 

保険内容が記載されている保険約款ですが、具体的にどんなことが書かれているのでしょう?

 

保険約款では保険契約の内容をあらかじめ提示することで、これから保険に加入しようとしているユーザーに対して、適切な情報を与えることができる。また提示することで契約を円滑に進めることができます。

保険約款で知っておいたほうがいい部分について

「保険約款」をしっかりと読み込もうとしても
小冊子の中に字がギッシリ小さく入りすぎて、
「本当に読ませるつもりあるのか?」ってツッコミを入れたくなってきます。

 

そのぐらい細かい書いているのですが、
いざ自動車保険を使用するときに「保険金の支払われない場合(免責事項)」などを
知らなければ、「事故によっては保険金が支払われない」トラブル等のも遭遇してしまいます。

なので、保険約款は自分の身を守るためにも、一回は目を通しておくことをおすすめします。

  • 保険金が支払われるケース
  • 保険金が支払われないケース
  • 保険金の算出方法
  • 保険契約を結ぶときの「告知」と「通知」の義務について
  • 保険金の支払い方法

約款を読むのがたまらなく嫌ならポイントだけを抑えておこう

それでもあの細かい約款を読むのが大変ってかたもいるでしょうね。
そんなときにはせめて「保険金が支払われないケース」だけでも
読んでおきましょう。

自分の中で常識だと思っていたことが、
他人には常識ではないということが度々あります。

自動車保険でも一緒で「自分は絶対に支払われるケース」だと思っていても、
実は「支払われない事故」だってことあるはずです。
まずは、その区別だけでもつけておくことが大事です。

まとめ

自動車保険の募集人ですら、すべてを理解なんてできません。

もし仮に自動車保険の約款をすべて理解できれば、
保険の試験だってかんたんに「合格」しますw。

なので「保険約款」でも自分にとって大切なポイントだけを抑えることで、
理解度は確実に上がっていきます。

私の場合、仕事で使用しているといこともあるんですが、
スマホにダウンロードしておいて、なにかあったときに確認しています。

例えば「洪水」でエンジンが故障しても、
車両保険に加入していれば保険金支払いの対象になる!ということや、
津波では車両保険に加入していても支払い対象にならない!(特約で対応)

などもしっかりと記載してあるので、

自分の加入している条件を考えながらシミュレーションしても
いいかもしれませんよね。

自動車保険を理解することが、
もっと保険料を節約するために大切なんですからね。

最近ではペーパーレス化により、紙の資料をできるだけ使わない方式です。
保険約款でも同様で紙ではなく、WEB約款で確認する保険会社ばかりになってきました。 またWEB約款を使用することにより保険料の割引にも役に立つのです。


 

自動車保険を見直しするのに「一括見積もり」を使ってみました。

すると、全く同じ補償内容であるのにもかかわらず、保険料が35,600円も安くなりました。
 

「保険の窓口 インズウェブ」は、最大20社の保険会社の中から保険料の比較ができるサービスです。

たった5分で見積もりがとれて、もちろん手数料も無料なので安心です。
すでに、利用者も900万人に突破して保険料の節約に成功しています。

►►自動車保険の一括見積もりで保険料を比較してみる。

自動車保険一括見積もり

私は新車を購入するため、今まで乗っていたプリウスをディーラーに下取りをお願いしましたが、予想してたよりもはるかに低い査定額でした。

ですから、下取りは一旦保留にしてインターネットで「車一括査定」を申し込み、複数の業者から同時に査定してもらったところ、最大で234,000円の価格差がついたのです。

また、「概算金額」も先に教えてくれるので、自分の車の「相場価格」もかんたんに知ることができる。

提携会社である、50社以上の厳選された買い取り店の中で、最大の「10社」買い取り業者を使って同時に比較ができること。

それこそが一括査定のメリットであり、最大の強みになります。

►►45秒でできる、無料の「かんたん車査定」を見てみる。

  • この記事を書いた人

ニシザワ

元トヨタ系ディーラーの営業、保険代理店の営業を経て、現在はフリーランスのライター業をしています。 「自動車保険を少しでも節約したい!」とお考えの方のために、保険料を安くする方法をわかりやすく解説していきます。

-自動車保険の基礎知識

Copyright© 初心者でも失敗しない「自動車保険の節約術」 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.