初心者でも失敗しない自動車保険を節約する方法や選び方。賢い加入方法などをわかりやすく解説

初心者でも失敗しない「自動車保険の節約術」

「任意保険」をできるだけ安くしたいと思ったことありませんか?

任意保険選びに迷っているなら激安の通販(ダイレクト)型を狙うのが鉄板の方法です。

もちろん自動車保険は安さよりも補償内容やサービスの質が大事なのは間違いありませんが、現在国内、海外問わず通販型自動車保険のサービスは大きく向上しました。

今回私があなたに紹介するのは、

  • どこよりも安い保険料金
  • どこよりも充実した補償内容
  • どこよりも安心できるサービス内容

のためのサービスである「自動車保険一括見積もり」を紹介します。

自動車に乗るなら任意保険の加入は大前提

自賠責保険に加入しているから任意保険はいらないって思っていませんか?

そんな風に考えているなら見込みが甘いと言わざる得ません。

下の表のとおり、任意保険には大きく分けて、

  1. 対人賠償保険
  2. 対物賠償保険
  3. 人身傷害、搭乗者傷害保険
  4. 車両保険

の4つでカテゴライズされています。

実はこの4つのなかにある自賠責保険が補償するのは「対人賠償保険」だけしかないのです。


例えば、

  • 他人の車を壊してしまったケースでの対物保険
  • 事故により自分が死亡したり怪我した場合にする人身傷害保険
  • 契約者の隣に乗っている同乗者を補償する搭乗者傷害保険
  • 事故により自分の車を補償する車両保険

などについては一切補償されることがないのです。

さらには自賠責保険の補償金額も上限が決まっているのでとてもじゃないけど自賠責保険だけでは心もとないのが現状の問題なんです。

通販型自動車保険は保険料が安い

車に乗るなら任意保険への加入への必須になるのはわかっていただけたと思います。
なぜなら、事故は自分だけではなく事故の相手や一緒に乗っている家族を巻き込むかもしれないからです。

それならできるだけ万全にしておきたいのが本音ですよね。

とはいえ任意保険は事故有係数適用期間の導入や保険料の値上げもあり家計への負担も大きいので少しでも安くしたいというのが本音でしょう。

そこで、最近良くCMなので放送していたり雑誌などでも目にするのが「通販型自動車保険」の存在でしょう。

通販型自動車保険のもっとも大きな特徴としては代理店を通さないということ。

今までディーラーや保険事務所など代理店を通していたkとととは違い全く新しい保険のスタイルと言えます。

しかも代理店を挟まないので代理店手数料がかからないため、対面型の保険会社と契約するケースと比べると年間の保険料が圧倒的に安くなるのです。

また、スマホでもPCからでもインターネット環境さえ整っていれば手軽に申し込みできるのも大きなメリットでもあり、WEBならではのネット割が充実しているものメリットのひとつになるんです。

もちろん今までは保険会社とあなたの間には代理店の存在があったため代理店を通して事故報告をしていたのですが、今後はあなたが保険会社に対してプランを申し込むことになるのであなた自身の保険の知識が必要になってくるのです。

まあ、基本的な保険の知識があれば問題ないですし、一方で今まで知らなかった事実を考えれば勉強の意味でも知っていたほうが良いんですけどね。

通販型自動車の保険会社でも特色が違う

さて、任意保険に加入に絶対に加入しなければならないこと、また通販型自動車保険に加入すれば年間の保険料をぐっと抑えることができることは理解していただけたと思いますが、では次に「どこの保険会社を選択すれば良いのか?」迷いますよね。

実は通販型自動車保険の保険会社によって特色や補償内容が若干違うんですね。

例えば、

  • 外資系ながら、充実のロードサービスを誇る「チューリッヒ自動車保険」
  • 年間で走る走行距離数によって保険料が安くなる「ソニー損保」
  • 40代から50代の事故が少ない世代がピンポイントで安くなる「おとなの自動車」

など、通販型自動車保険の中でも、保険会社によってサービスの特色が若干異なっているんです。

また、通販型の中でも知名度が高い「イーデザイン損保」も実は、対面型自動車保険の王手である東京海上日動のグループのひとつだったりもするのです。

それだけ、現在通販型自動車保険の需要を無視できない状況になってきているのです。

自動車保険の一括見積もりが便利!

通販型自動車保険が安いのがわかった。そして保険会社によってサービス内容が若干異なるのがわかって。

では「どこの保険会社が結局安く、充実した補償内容があるのか?」それを知るためにはやはり保険会社の料金を知ることが必要ですよね。

そこで必要になってくるのが、複数の保険会社の料金を比較することです。

それをかんたんにしたのが、インズウェブが提供している「自動車保険の一括見積もり」というサービスなのです。

インズウェブの自動車保険一括見積もりは、「ソニー損保」「おとなの自動車」「チューリッヒ自動車保険」のような通販型の保険会社だけではなく、「あいおいニッセイ同和」「三井住友海上」「東京海上日動」など代理店型自動車保険の保険会社との料金の比較をすることができます。

しかもその数「最大20社」の保険会社を「最短5分」で料金を算出して、あなたにとってどの保険会社が安くなるのかを算出してくれるのです。

つまり、保険会社ひとつひとつの料金をいちいち調べる必要などなく、一回で料金を提示してくれるのです。

インズウェブは自動車保険一括見積もりサイトナンバー1!

  • 車に乗るなら「任意保険」は絶対に必要。
  • 任意保険は料金が高いので「通販型自動車保険」に加入すると安くなる。
  • 「通販型自動車保険」の保険会社でも補償内容や料金が若干違う。
  • 複数の保険会社を一回で比較することができる「一括見積もり」をやってみるべき!

ことがわかっていただけたと思います。

さらに、先ほど紹介をした「インズウェブ」は自動車保険一括見積もりサイトでナンバー1の実績を誇るのです。

自動車保険選びの最大のポイントは、

  • タイプごとのメリットやデメリットを知る
  • ロードサービスの充実度を知る。
  • 対応の良し悪しを知る。

など、手厚い補償内容はもちろん、魅力的なサービスを知ることも必要です。

ただ、それに伴って何と言っても最大のポイントは、どれだけ「安く加入できるのか」もっとも重要ですよね。

実際に私も自動車保険に加入するときに一括見積もりを使用してみました。

そして、全く同じ補償内容であるのにも関わらず、保険料金が102,100円→76,500円と25,600円も安く抑えることができましたのです。

「保険の窓口 インズウェブ」は最大20社の大手保険会社の中から、保険料の比較ができるサービスです。

たった一度の入力で、かんたんに申し込みが可能。 また見積もりも当然無料ですので安心です。

  • 今まで加入していた保険料が高い
  • 子供ができたのでライフスタイルを見直ししたい。
  • 退職したので車にのる機会が減る。

など、今まで加入していた自動車保険の見直しや、節約を検討しているなら一度試してみましょう。

Copyright© 初心者でも失敗しない「自動車保険の節約術」 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.