初心者でも失敗しない自動車保険を節約する方法や選び方。賢い加入方法などをわかりやすく解説

初心者でも失敗しない「自動車保険の節約術」

保険会社の口コミや評判

保険会社の格付けは自動車保険を選択する目安になるのか。

更新日:

32f5284bd931322dee9d561df69c7f9b_m

ある日、外資系の通販型の自動車保険である、
チューリッヒ自動車保険のパンフレットを見ていると、
AA」というマークが入っていました。

「三星レストランか!」とツッコミを入れたくなりましたが、
この「AA」というマーク、どのような意味を持っているのでしょうか?

チューリッヒだけではなく、アクサダイレクトやエース損害保険、
さらには、国内型の自動車保険にも記載されているマークの意味。

自動車保険の保険会社には、格付けがあるんです。

自動車保険の格付けと信頼性について

格付けランクは学校の通信簿と一緒。

「AAA」や「AA」のようなマークは、それぞれの保険会社の評価ポイント。
自動車保険の保険財務力についての体力と言ってもいいでしょう。
つまり、保険会社それぞれの格付けのランクなんですよね。

ちなみに、格付けしているのはどこかというと、
世界的な格付けをしている機関である、「スタンダード&プアーズ社」という
会社が定義しています。

もちろん評価ポイントが高ければ高いほど。
将来的なリスクは少なく、安全だということになりますよね。

ちなみに、この評価ポイントである「AA」「BB」などは
学校の通信簿のようなものだと考えていればいいでしょう。

つまり、

先生=世界的な格付け機関スタンダード&プアーズ社
生徒=チューリッヒ自動車保険やアクサダイレクト、
東京海上日動、三井住友海上などの保険会社
通信簿=「AA」「BB」などの格付けマーク

だと、考えれておけばいいでしょう。

格付けによるそれぞれの評価について

保険会社の格付けは、通信簿のような制度と言いましたが、
5段階評価なわけではありません。

格付けのランクをポイント化したのは、
「AAA」から「CCC」までと数字にすると、8段階評価をされています。
もちろんレストランと一緒で「AAA」が最上級に当たります。

格付け 評価ポイント
AAA 保険財務力が極めて高い 最上級ランク
AA 保険財務力が非常に高い
A 強い保険財務力があるがAAA、AAと比べると事業環境が悪化すると悪影響を受けやすい
BBB 保険財務力があるがAランクと比べると事業環境が悪化すると悪影響を受けやすい
BB 保険財務力は限界的
事業環境が悪化すると債務を履行する力がないかもしれない。
B 保険財務力が弱い事業環境が悪化すると債務を履行する力がない。
CCC 保険財務力が非常に弱い。
CC 保険財務力は極めて弱い。

楽◯のような胡散臭い口コミなどと違って、
この評価ポイントの信頼性はかなり高く、
保険会社の経営状態を参考するなら、非常に有益なデータと言えるでしょうね。

では、実際に外資系自動車保険の損保会社の
格付けランクはどのようになっているのでしょう。

保険会社 スタンダード&プアーズ(S&P)
保険財務力格付け アウトルック
あいおいニッセイ同和損害保険 A+ 安定的
AIU保険 AA- ネガティブ
エース損害保険 AA- ネガティブ
共栄火災海上 A- ネガティブ
損保ジャパン日本興亜損害保険 A+ 安定的
東京海上日動 AA+ 安定的
日新火災海上保険 A+ 安定的
チューリッヒ自動車保険 AA- ネガティブ
富士火災海上保険 A- ネガティブ
三井住友海上火災保険 A+ 安定的

え?外資系だけじゃないの?って思うかもしれませんが、
東京海上や三井住友などの国内型の保険会社も格付け機関に評価を依頼しています。

やはりデータとしては信頼性があるので、権威としてデーターとして証明できれば、
保険会社の信頼性もアップするのでしょうね。

「評価ポイント」の数字を参考にしていいのか。

ただし、この格付けのポイントに関しても、
現時点での、データーにしか過ぎません。

点数だけでは測れないものもあるでしょう。
あの保険会社は『AA+』だから事故対応もいいだろう」などと言った、
直接的な根拠に繋がらないことがほとんどです。
確かに「CCC」や「CC」なら不安になる気持ちもわかりますが、

参考程度にしながら、

  • 代理店型自動車保険か通販型の自動車保険なのか?
  • 外資系の保険会社なのか、国内型の保険会社なのか?
  • 結局どこの事故対応が高いのか?

などをしっかりと吟味しておきましょう。

どちらにせよ、格付けランクが高いからといって、
契約者にとって最高の保険会社とは限りませんからね。

あくまで「参考」に過ぎませんからね。


 

自動車保険を見直しするのに「一括見積もり」を使ってみました。

すると、全く同じ補償内容であるのにもかかわらず、保険料が35,600円も安くなりました。
 

「保険の窓口 インズウェブ」は、最大20社の保険会社の中から保険料の比較ができるサービスです。

たった5分で見積もりがとれて、もちろん手数料も無料なので安心です。
すでに、利用者も900万人に突破して保険料の節約に成功しています。

►►自動車保険の一括見積もりで保険料を比較してみる。

自動車保険一括見積もり

私は新車を購入するため、今まで乗っていたプリウスをディーラーに下取りをお願いしましたが、予想してたよりもはるかに低い査定額でした。

ですから、下取りは一旦保留にしてインターネットで「車一括査定」を申し込み、複数の業者から同時に査定してもらったところ、最大で234,000円の価格差がついたのです。

また、「概算金額」も先に教えてくれるので、自分の車の「相場価格」もかんたんに知ることができる。

提携会社である、50社以上の厳選された買い取り店の中で、最大の「10社」買い取り業者を使って同時に比較ができること。

それこそが一括査定のメリットであり、最大の強みになります。

►►45秒でできる、無料の「かんたん車査定」を見てみる。

  • この記事を書いた人

ニシザワ

元トヨタ系ディーラーの営業、保険代理店の営業を経て、現在はフリーランスのライター業をしています。 「自動車保険を少しでも節約したい!」とお考えの方のために、保険料を安くする方法をわかりやすく解説していきます。

-保険会社の口コミや評判

Copyright© 初心者でも失敗しない「自動車保険の節約術」 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.