初心者でも失敗しない自動車保険を節約する方法や選び方。賢い加入方法などをわかりやすく解説

初心者でも失敗しない「自動車保険の節約術」

車両保険

自分の車を友達が運転してぶつけたときの最適な修理方法。

更新日:

PAK74_ookawagomennasai1209_TP_V
どうせ自分の車なんて
「自分」もしくは、「妻」しか乗ることはないだろうと思っていました。

なので、自動車保険も「夫婦しか補償しない家族限定」しか掛けていなかった。
ただ、家族限定にしか加入していないことを忘れていて、
友人に、ちょっと車を貸してしまったのです。

すると、最悪の事態が。
なんと、その友人が私の車をぶつけてしまったのです。

友人が自分の車で事故をおこしてしまった。
かと言って、夫婦しか保険に加入していない。
そんなとき、どうすれば私の車を元の状態に戻るのでしょうか。

実際に、保険代理店にいるときによく相談を受けた案件です。
友人との関係が気まずくならないように、「他車運転特約」を使ってもらいましょう。

自分の車を友達がぶつけたときの最適な修理方法。

家族限定にしているのに友人が事故を起こした場合には?

まずは、結論から。今回の修理はあなたの
運転者家族限定」は使用できません。

事故を起こしたのは、赤の他人である友人であり、
家族でもなんでもないからです。

じゃあどうすれば良いのか?
解決方法としては、友人が自分で加入している自動車保険の
他車運転特約を使用すればいいでしょう。

参考友人の車を借りて事故ったら「他車運転特約」を備えておくことが必要

他車運転特約は自動車保険に自動セットされていることが常識ですので、
無保険じゃない限り、問題はないでしょう。

友人が起こした事故は、あなたの自動車保険ではなく、
当事者である、友人の自動車保険を使いましょう。

もちろん、他車運転特約は、
友人の車の時価額ではなく、ぶつけた車の時価額を補償するので安心です。

でも、今回のように限定的ではなく、よく車を運転してもらうことがあるなら、
運転者限定なし」で契約をしたほうが無難です。

保険料は高くなりますが、事故で補償されないよりはマシです。
ただ、私なら友人でも、運転はさせないようにしています。

家族限定にしているなら、「他人には運転をさせない」

358df645614f91c7c55dcea7138f660c_m
今回のケースのように、
友人が他車運転特約を付帯していれば問題はありません。

ですが、仮に車を貸したドライバーが自動車保険に加入していなければ
どうなるのか。。。

考えるだけで恐ろしいですよね。
あなたの車は、保険で対応ができなくなるのです。

バンパーをこすったぐらいの小さな事故なら、
友人に出してもらい、解決するかもしれません。

ですが、他人を巻き込むような事故や、
自分の車が廃車に追い込まれるような事故になるぐらいなら、
車を貸さない」と、あらかじめ決めておいたほうがいいでしょう。

また、友人や知人が「保険に加入している」という言葉は、
かんたんに信用してはいけません。

騙しているとか、そういうことではなく、
うっかり忘れて自動車保険を更新していない可能性も否定できません。
自動車保険が使用できるかできないのかは、
あくまで「保険証券」でしか判断することができないのです。

それでも「他人に運転させる必要があれば」どうする?

それでも、行楽シーズンに友人とドライブに出かける予定が決まり、
友人に運転を頼む可能性が少しでもあるなら、
保険会社に一報をいれて、一時的に「家族限定」を解除することができます。

運転車家族限定は、「1年単位契約」絶対条件ではありません。
その月で柔軟に対応が可能ですので、
車を使用する時期に合わせて契約を変更することで、
安心して友人に車の運転を任せることができるのです。

運転を友人や知人に任せることがあるなら、
保険の見直しなども検討してみよう。
保険料の支払いが苦しくて悩んでいるなら、
自動車保険の一括見積もりを利用して、少しでも保険料の負担を減らしましょうね。


 

自動車保険を見直しするのに「一括見積もり」を使ってみました。

すると、全く同じ補償内容であるのにもかかわらず、保険料が35,600円も安くなりました。
 

「保険の窓口 インズウェブ」は、最大20社の保険会社の中から保険料の比較ができるサービスです。

たった5分で見積もりがとれて、もちろん手数料も無料なので安心です。
すでに、利用者も900万人に突破して保険料の節約に成功しています。

►►自動車保険の一括見積もりで保険料を比較してみる。

自動車保険一括見積もり

私は新車を購入するため、今まで乗っていたプリウスをディーラーに下取りをお願いしましたが、予想してたよりもはるかに低い査定額でした。

ですから、下取りは一旦保留にしてインターネットで「車一括査定」を申し込み、複数の業者から同時に査定してもらったところ、最大で234,000円の価格差がついたのです。

また、「概算金額」も先に教えてくれるので、自分の車の「相場価格」もかんたんに知ることができる。

提携会社である、50社以上の厳選された買い取り店の中で、最大の「10社」買い取り業者を使って同時に比較ができること。

それこそが一括査定のメリットであり、最大の強みになります。

►►45秒でできる、無料の「かんたん車査定」を見てみる。

  • この記事を書いた人

ニシザワ

元トヨタ系ディーラーの営業、保険代理店の営業を経て、現在はフリーランスのライター業をしています。 「自動車保険を少しでも節約したい!」とお考えの方のために、保険料を安くする方法をわかりやすく解説していきます。

-車両保険

Copyright© 初心者でも失敗しない「自動車保険の節約術」 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.