初心者でも失敗しない自動車保険を節約する方法や選び方。賢い加入方法などをわかりやすく解説

初心者でも失敗しない「自動車保険の節約術」

自動車保険の基礎知識

そもそも自動車保険とはなにか?保険と料率の仕組みについての基礎を解説

更新日:

094671
わたちたちの人生設計、いわゆる「ライフスタイル」は人それぞれ違います。
100人いたら、100通りの生き方があり、同じように100通りのリスクがあります。

また、自動車事故など突発的な災害により、思い通りのライフスタイルが描けなくなったり、
人生設計が思わぬところで狂ったりと、突然のトラブルに見舞われることがあります。

その突然のトラブル、予期せぬ出来事のことを保険の世界では、
リスク」と呼んでいます。

私たちはそのリスクに対して備えておく必要があります。
なぜなら、貯金だけでは多額の賠償責任を負ってしまった場合などに、
対処する方法がないからです。

だからこそ、自動車保険に加入する必要がありますし、
加入しなければなりません。

あなたが、これから自動車保険の節約を考えるのであれば、知っておいてもいいでしょう。

保険とはなにか、その仕組について説明していきましょう。

保険とはなにか?「機能と仕組み」について

保険とは、自動車保険に加入している、
多くの契約者から集めた資金をプールしておいて、
その中の誰かが、事故を起こした場合にその損失を補償する、
「助け合いの制度」になります。

企業が資金を貯めて、社員に給料を支払っているように、
保険も契約者から集めた資金が「他の誰かのために」使われるシステムになっているのです。

その中でも「自動車保険」は、損害保険会社が扱える商品になっていて、
その他に、損害保険会社が扱っている商品に「火災保険」「地震保険」
などがあります。

生命保険が扱える保険を第一分野、自動車保険などの損害保険を扱う保険が第二分野、
傷害保険や医療保険は第三分野などと言われていますよね。

自動車保険の仕組み

自動車保険は「営利目的」で販売していること間違いはありません。

ただ保険は「一人は万人のために、万人は一人のために」という
相互精神に基づいて考えられているのです。

保険はひとりひとりにとっては偶然な出来事でも、
多くの人々を集めたら全体としてどの程度の損害が発生するのかという
予想を立てることは、実はそんなに難しいのことではありません。

保険はその「大数の法則」を元に考えられている仕組みになっているのです。

大数の法則とは、コイン投げを数多く繰り返すことによって表の出る回数が1/2に近くなど、数多くの試行を重ねることにより事象の出現回数が理論上の値に近づく定理のことをいう。

このように保険商品は1,000人の人を集めた場合に、どのぐらいの件数の事故が発生するのかを
統計的にデーターとして取ることができているのです。

保険は、「一定の範囲」を超える危険度の契約を集めれば集めるほど、
その発生する確率を「死亡率」「損害額」などとして統計をとることができているんですね。

保険料の保険料率の仕組み

自動車保険に加入するすべて同じ人間ではありません。
当然年齢も違えば、性別や生きている環境も違いますし、
加入する自動車保険についても「同じ車」「同じ年式」「同じ走行距離」なわけでも
ありません。

なので、自動車保険は年齢の違いや保険を掛けている期間などの、
「加入者の危険度」によって保険金額が変わっているのです。

当然、30代の方よりも18歳の若い子のほうが、
事故を起こす確率は多くなりますし、
40代の方よりも、車をそろそろやめるであろう、
80代の方のほうが事故を起こす確率も高い。

なので当然若い子や高齢者などは保険料が高くなる仕組みになっているのです。

また保険料は以下の図のように、
事故が起きた場合に、保険会社が支払う保険金に充当される
純保険料」と保険契約の経営に必要な「経費」や「代理店手数料
利潤」といった付加保険料から構成される仕組みになっているのです。
代理店型ダイレクトイメージ1.001

また私がおすすめしているダイレクト型自動車保険に関して言えば、
代理店手数料が差し引かれている分だけ、保険料率が下げることができるのですね。

まとめ

保険契約ごとに見ると、必ずしもすべて
「保険料」と「保険金」の収支バランスがとれているわけではありません。

ただ保険料は「収入」と「支出」が等しくなるように定められているために、
保険契約全体をみてみると、収支バランスが保たれていると言えるのですね。


 

自動車保険を見直しするのに「一括見積もり」を使ってみました。

すると、全く同じ補償内容であるのにもかかわらず、保険料が35,600円も安くなりました。
 

「保険の窓口 インズウェブ」は、最大20社の保険会社の中から保険料の比較ができるサービスです。

たった5分で見積もりがとれて、もちろん手数料も無料なので安心です。
すでに、利用者も900万人に突破して保険料の節約に成功しています。

►►自動車保険の一括見積もりで保険料を比較してみる。

自動車保険一括見積もり

私は新車を購入するため、今まで乗っていたプリウスをディーラーに下取りをお願いしましたが、予想してたよりもはるかに低い査定額でした。

ですから、下取りは一旦保留にしてインターネットで「車一括査定」を申し込み、複数の業者から同時に査定してもらったところ、最大で234,000円の価格差がついたのです。

また、「概算金額」も先に教えてくれるので、自分の車の「相場価格」もかんたんに知ることができる。

提携会社である、50社以上の厳選された買い取り店の中で、最大の「10社」買い取り業者を使って同時に比較ができること。

それこそが一括査定のメリットであり、最大の強みになります。

►►45秒でできる、無料の「かんたん車査定」を見てみる。

  • この記事を書いた人

ニシザワ

元トヨタ系ディーラーの営業、保険代理店の営業を経て、現在はフリーランスのライター業をしています。 「自動車保険を少しでも節約したい!」とお考えの方のために、保険料を安くする方法をわかりやすく解説していきます。

-自動車保険の基礎知識

Copyright© 初心者でも失敗しない「自動車保険の節約術」 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.