初心者でも失敗しない自動車保険を節約する方法や選び方。賢い加入方法などをわかりやすく解説

初心者でも失敗しない「自動車保険の節約術」

保険料を節約する

乗らない期間は加入しない!1週間や1ヶ月の短期契約で保険料を安くする

更新日:

スクリーンショット 2016-06-07 8.40.13

車やバイクに乗らない期間、無駄な保険料を支払いたくない

車やバイクをピンポイントでしか乗らない方にとって、1年間任意保険に加入し続けるのはちょっともったいないですよね。

でも、もったいないからといって車やバイクを「無保険で走るのは」は自殺行為になります。

保険料が高くなるのは仕方がないことなのですが、「1週間」から「1ヶ月間」、また「半年単位」と短期で加入できる「短期率」という制度があるのです。

乗らない期間の保険料の無駄を省き、必要な時だけ加入する。また学生さんやバイクに乗っている方なども活用できる。自動車保険やバイク保険の「短期率」について説明していきましょう。

1週間でも1ヶ月でも契約は可能

長期契約から始まり、1年契約が基本とされている自動車保険なのですが、実は「1週間」や「1ヶ月」など短期的な契約も結ぶことができます。

短期契約を結ぶメリットは、

  • その都度加入するわけじゃないので、等級は続く
  • 短期契約なので、必要な期間だけ加入できる
  • 乗らない間の無駄な保険料を払う必要がない

などがあります。

通常1ヶ月や1週間だけで、契約していると、自動車保険に加入しないでその都度契約しなければなりません。

ですが、短期率を上手に使うことができれば、自動車保険の保険料を大幅に節約することができるのです。

車だけではなく、バイクでも可能

もちろん車だけではなく、バイクだって同じ短期率を採用しています。

実は車より、バイクのほうが短期率を活用するケースがあります。

例えば、北海道や東北の降雪地域に住んでいると、バイクは11月ぐらいから3月ぐらいまで乗ることはできません。

それなら、短期率を使って年間の保険料の極力安くすることができるのです。

私も札幌に住んでいたときに、バイクに乗っていたのですが、年間保険料は9万8,000円でした。

北海道は気温が低いので4月から9月いっぱいまでバイクに乗って、10月から3月までの半年間は車庫に閉まっている状態だったのです。

そうすることで、

6ヶ月での契約:9万8,000円×70%=68,600円

と乗らない期間を利用することで、
約30,000円も保険料を節約することができたのです。

►►バイク保険一括見積もりを利用してみる。

補償内容と短期率について。

学生であるA君が選んでいる補償内容なのですが、

  • 車:ホンダフィット
  • 年齢19歳
  • 対人対物無制限
  • 車両保険(初回免責10万円)
  • 人身傷害(3,000万円)

で、実際の保険料なのですが、1年間で「17万8,600円」になっています。

学生であるAさんにとって、17万円という金額はかなりの負担になりますよね。

では、どうやって計算していけばいいのでしょうか。短期契約を考えるには保険契約に応じた「短期率」という方法を採用しています。

保険期間 短期率
7日まで 10%
15日まで 15%
1ヶ月まで 25%
2ヶ月まで 35%
3ヶ月まで 45%
4ヶ月まで 55%
5ヶ月まで 65%
6ヶ月まで 70%
7ヶ月まで 75%
8ヶ月まで 80%
9ヶ月まで 85%
10ヶ月まで 90%
11ヶ月まで 95%
12ヶ月まで 100%

例えば、ある1週間だけ車が必要なら、「7日間」だけ契約をすればいいですよね。

表を参照にすると、7日の短期率は10%ですので、

1週間での契約:17万8,600円×10%=17,860円

 

また、もう一方で1ヶ月にて契約をした場合には、短期率が25%ですので、

1ヶ月での契約:17万8,600円×25%=44,650円

という計算になるのです。

まとめ

ちょっと割高になりますが、Aくんのような、旅行にいくから短期的に自動車保険に加入したい。

また、私のように温かい季節だけ、バイクに乗りたいので半年単位で自動車保険に加入したい。

こうやって割り切ることができれば、無駄な保険料を払う必要がなくなるので、是非一度、環境が合う方は使ってみてください。

また、それと同時に自動車保険の保険料の見直しも必要かもしれません。どんなに「短期率」を利用しても、ベースとなる保険料が割高なら、短い期間で加入しても、高いままですから。

►►バイク保険一括見積もりを利用してみる。


 

自動車保険を見直しするのに「一括見積もり」を使ってみました。

すると、全く同じ補償内容であるのにもかかわらず、保険料が35,600円も安くなりました。
 

「保険の窓口 インズウェブ」は、最大20社の保険会社の中から保険料の比較ができるサービスです。

たった5分で見積もりがとれて、もちろん手数料も無料なので安心です。
すでに、利用者も900万人に突破して保険料の節約に成功しています。

►►自動車保険の一括見積もりで保険料を比較してみる。

自動車保険一括見積もり

私は新車を購入するため、今まで乗っていたプリウスをディーラーに下取りをお願いしましたが、予想してたよりもはるかに低い査定額でした。

ですから、下取りは一旦保留にしてインターネットで「車一括査定」を申し込み、複数の業者から同時に査定してもらったところ、最大で234,000円の価格差がついたのです。

また、「概算金額」も先に教えてくれるので、自分の車の「相場価格」もかんたんに知ることができる。

提携会社である、50社以上の厳選された買い取り店の中で、最大の「10社」買い取り業者を使って同時に比較ができること。

それこそが一括査定のメリットであり、最大の強みになります。

►►45秒でできる、無料の「かんたん車査定」を見てみる。

  • この記事を書いた人

ニシザワ

元トヨタ系ディーラーの営業、保険代理店の営業を経て、現在はフリーランスのライター業をしています。 「自動車保険を少しでも節約したい!」とお考えの方のために、保険料を安くする方法をわかりやすく解説していきます。

-保険料を節約する

Copyright© 初心者でも失敗しない「自動車保険の節約術」 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.