初心者でも失敗しない自動車保険を節約する方法や選び方。賢い加入方法などをわかりやすく解説

初心者でも失敗しない「自動車保険の節約術」

保険料の支払い

月々の負担を減らす。自動車保険の支払い方法で分割払いを利用しよう。

更新日:

月々の負担を減らす。自動車保険の支払い方法で分割払いは可能?
通販型自動車保険を検討中なのですが、
保険料の支払い方法には、一体どのような方法があるのでしょう。

ダイレクト通販型自動車保険の支払い方法にどのような方法があるのでしょう?
代理店型自動車保険と違って、通販型自動車保険の支払い方法はどの会社でも「クレジットカード払い」「コンビニ払い」「銀行振込」に限られてしまいます。 またクレジットカード払いは「分割払い」にも対応しています。

現金での支払いになるのか、それとも振り込みなるのか。
また、クレジットカード払いなどには対応しているのでしょうか?
その場合には分割払いにも対応しているのでしょうか。

色々な疑問はあるのですが、
できるだけ分割払いにして月々の負担額を軽くすることが目的なのです。
その場合の手数料なども気になります。

一括払いのほうが「保険料が安くなる」ことは承知なのですが、
補償内容も落としたくありません。

はい。このように、
通販型自動車保険の支払い方法で「分割払いしたい!」という方がやはり多いようですね。
それでは、自動車保険の支払い方法について説明していきましょう

通販型自動車保険の支払い方法の種類

自動車保険は「即回収」という基本的な考えがあるのですが、若い世代は保険料が高くなりがちになるので、一括払いだけだと支払いが厳しいのが現状です。市場のニーズもあり、最近では分割払い契約にも対応しています。
また支払い方法と支払ったときの「手数料」をどちらが負担するのかというと、

支払い方法 銀行振込 コンビニ払い クレジットカード払い
手数料 契約者負担 保険会社負担 クレジットカードの支払い方法に準ずる

また、保険会社によって若干審査が厳しいところがありますが、
クレジットカードに関しては本人または配偶者のみがお使いできます。

月々の支払いが大変な方の分割払い契約について

やはり自動車保険料というのは安いわけじゃありません。

車両保険などをかけ、補償を厚くしていけばしていくほど、
一括払い」が厳しくなります。そんなときに重宝するのが「分割払い契約」という制度。

自動車保険の年間の保険料を11回、および12回に分けて支払いすることができるのです。

もちろんメリットは、
月々の支払額を減らすことできるので負担が少なくなることと、
分割払い契約なので、今まで足りなかった補償を厚くすることができます。

例えば、新車を購入すると車を補償する「車両保険」の加入が必須です。

ですが、車両保険をかけるということはどうしても保険料が高くなりがちになって
しまいますし、一回の支払いだとどうしても負担がかかります。
その負担を分割払い契約することで少しでも軽減することができるのです。

それでは大手通販型自動車保険の保険会社による、
分割払い契約の支払い方法について見ていきましょう。

保険会社で若干違う分割払い契約について

代理店型自動車保険会社だけではなく、
通販型自動車保険でも会社によって若干変わっていきます。

保険会社 分割回数 特徴
ソニー損保 11回払い 初回、2ヶ月分の保険料を支払う
アクサダイレクト 10回払い 初回、3ヶ月分の保険料を支払う
アメリカンホームダイレクト 12回払い 月額3万円を超える場合は対応不可
三井ダイレクト 12回払い 記載なし
チューリッヒ 12回払い 記載なし
セゾン自動車 12回払い 分割払いをすると一括よりも割高になります。
損保24 12回払い 記載なし

基本的にはどの保険会社も
分割払いにしたほうが割高になるのですが、
支払い方法に関しても10〜12回とバラつきがあるのです。

もちろん一括払いをしたほうが、
金利手数料がないのでトータルで考えるとお得なのですが、
こればかりは、自分の自動車保険に支払いできる、
可能な範囲で支払うことをおすすめします。

分割払いは支払いを忘れないように注意しよう。

これはなにも、自動車保険だけではないのですが、
クレジットカードの支払いは忘れないように注意しましょう。
忘れるというよりは「銀行の残高不足」よる未納は良くありがちな話です。

通常の支払いならまだしも、自動車保険の支払いを忘れてしまい
何ヶ月も放置してしまうと「契約解除」にもなりかねません。
また契約解除になってしまうと「無保険状態」になるので、
なにかあったときには「保険金」が支払われないなんてことにも繋がるのです。

クレジットカード払いは便利なのが特徴ですが、
間違った使い方をすると「自分の将来を棒に振る」恐れもありますので、
自動車保険だけではなく、支払いには十分注意しましょうね。

まとめ

若い世代が対象というわけではありませんが、
自動車保険の支払いにはクレジットカードが主流になってきています。

ポイントを貰えることももちろん、
わざわざ支払いに行く必要もありませんので、
支払いもスムーズで時間をかけなくて済みます。

また、代理店型の自動車保険と違い、
契約更新の際には「保険担当者にお任せで終わることがありません

代理店型の場合は保険担当者に任せっきりになりがちなのですが、
毎年、毎年しっかりと保険の見直しもできるので、
保険の知識も詳しくなり、かつ自動車保険の節約にもつながります。

より主体的に考えて行動をすることが
年間の保険料の総額を抑えるためのコツでもあるんですよね。


 

自動車保険を見直しするのに「一括見積もり」を使ってみました。

すると、全く同じ補償内容であるのにもかかわらず、保険料が35,600円も安くなりました。
 

「保険の窓口 インズウェブ」は、最大20社の保険会社の中から保険料の比較ができるサービスです。

たった5分で見積もりがとれて、もちろん手数料も無料なので安心です。
すでに、利用者も900万人に突破して保険料の節約に成功しています。

►►自動車保険の一括見積もりで保険料を比較してみる。

自動車保険一括見積もり

私は新車を購入するため、今まで乗っていたプリウスをディーラーに下取りをお願いしましたが、予想してたよりもはるかに低い査定額でした。

ですから、下取りは一旦保留にしてインターネットで「車一括査定」を申し込み、複数の業者から同時に査定してもらったところ、最大で234,000円の価格差がついたのです。

また、「概算金額」も先に教えてくれるので、自分の車の「相場価格」もかんたんに知ることができる。

提携会社である、50社以上の厳選された買い取り店の中で、最大の「10社」買い取り業者を使って同時に比較ができること。

それこそが一括査定のメリットであり、最大の強みになります。

►►45秒でできる、無料の「かんたん車査定」を見てみる。

  • この記事を書いた人

ニシザワ

元トヨタ系ディーラーの営業、保険代理店の営業を経て、現在はフリーランスのライター業をしています。 「自動車保険を少しでも節約したい!」とお考えの方のために、保険料を安くする方法をわかりやすく解説していきます。

-保険料の支払い

Copyright© 初心者でも失敗しない「自動車保険の節約術」 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.