初心者でも失敗しない自動車保険を節約する方法や選び方。賢い加入方法などをわかりやすく解説

初心者でも失敗しない「自動車保険の節約術」

自動車保険の使用例

自宅の車庫や物置に車をぶつけてしまったら自動車保険は使える?

更新日:

88ffbc06833562eb2cdea088075489bb_m

車と車庫を同時に壊してしまった!

いつも自宅の車庫に、車を駐車しているのですが、
前にいくつもりが、まちがえなんとバックから思いっきり突っ込んでしまったのです。

もちろん車だけではなく、車庫も大きな損害を受けてしまった。
そこで今回は、自宅の車庫に車をぶつけてしまった場合に、

  1. 車両保険を使用して車を修理することができるのか
  2. 対物保険を使用して車庫を修理することができるのか

と、自動車保険を使って「車と車庫」の修理が可能なのか?
この2点にフォーカスを当てて説明していきます。

自宅の車庫に車をぶつけてしまった場合の対処方法

車両保険は使用できる

IMG_5122

ではまず車両保険について説明します。

結論から言うと、車両保険を使用することはできます。

自宅の駐車場内であっても、
自分の車にかけている車両保険の保険金額に応じた
修理費用が保険会社から支払われます。

もちろん一般の車両保険に加入しているのが条件になります。

「車対車限定A」など、相手が車のみでしか使用できない車両保険の場合には、
保険適応外になるので注意が必要です。
そうなると、車にかかる修理代のすべてが自己負担になります。

また、現在では、ほとんどの保険会社でなくなってきていますが、
ごくたまに「特約」として自宅前の車両保険を補償している場合もあります。

もし自分がどんな自動車保険に加入しているのか、
わからない場合には、保険会社に確認をしてくださいね。

もちろん車両保険なので、
事故を起こしたときの代車(レンタカー)費用なども、
加入している場合もあるので、同時に確認が必要ですからね。
では、ぶつけてしまった車の次に、ぶつけられてしまった車庫についてはどのような
保険対応&修理になるのでしょう。

車庫やガレージは自動車保険は使えない

IMG_5130

ちなみに、車庫だけではなく、
灯油タンクもずれた状態になっています。。。

では、車は自分の保険で修理することはわかりましたが、
ぶつけられてしまったほうの車庫についてはどうでしょうか?

自動車保険の基本な考えは以下の様になっています。

自動車保険の基本的なルール
・相手の怪我の補償=対人保険
・相手の車や建物の修理代=対物保険
・自分の怪我の補償=傷害保険
・自分の車の修理代=車両保険

以上のような基本的な原則があるので、
本来、ぶつけてしまった車や物には「対物保険」を使用しますが、
「相手=自分」というのは成り立ちません。

つまり、自宅の車庫については「保険適応外」になり、
対物保険を使うことができないんです。

要するに、対物(対人)保険は、
自分に対しては使うことができない保険なんです。
※さらに自分だけではなく、親族間も保険対象外になります。

考えてもみてください。
例えば、自宅の壁や車庫が古くなってきたので、
わざと車をぶつけて、「車」と「自宅」を保険金で修理する。
このように、保険を利用した「詐欺」のような手段を使う人間もいます。

また、オートバイや自宅で保管している高価な「物」などに対して、
わざと、車でぶつけるかもしれません。

このように、対物保険の場合には、故意での保険使用をすることに対して、
全く使い物にならないんです。

わざとぶつけて保険金を受け取ろうとする「詐欺まがいの契約者がいる」のは事実であり、
自宅前の事故など特別な案件については、保険会社のアジャスターも疑って調査をする傾向があります。

では、車庫の修理代は自分で負担をするしかないのでしょうか?

火災保険を使用して修理する必要がある

c87f0ad4a99b02dbf15e1a243f2d4158_s

ちょっと自動車保険と話はずれていきますが、
もしあなたが自動車保険の他に火災保険に加入しているなら、
火災保険で車庫の損害を補償してもらえる可能性があります。

自宅を保有しているということは、
火災保険に加入している可能性は高いので、
一度、火災保険の保険会社に相談してみるといいでしょう。

自動車保険と火災保険が同じ保険会社で加入しているなら、
一度で済みますが、
別々に加入しているなら、それぞれ確認する必要がありますからね。

まとめ:無知より怖いものはない。

fc3121f3e91f87948f08e175e140e569_m

  • 自分の車の損害は車両保険で修理できる
  • 自宅の車庫やガレージは対物保険
  • 火災保険で保険を使える可能性もある

どちらにせよ、保険を使う過程でもっとも危険なのが、
保険に対して「無知」であること。

「知らない」ということほど怖いものはありません。

車両保険に加入しているのに、
保険の存在を知らないで自己負担をしてしまう。
また、代車の特約に入っているのにレンタカーを自己負担をしてしまう。

知らないことによる弊害は、
まだまだ沢山あります。

だからこそ、このような不測な事態に備えて、
ディーラーやよくわからない知り合いの代理店契約に任せっきりにするのではなく、
本当に必要な、自分本位の自動車保険を選べるようにしましょうね。


 

自動車保険を見直しするのに「一括見積もり」を使ってみました。

すると、全く同じ補償内容であるのにもかかわらず、保険料が35,600円も安くなりました。
 

「保険の窓口 インズウェブ」は、最大20社の保険会社の中から保険料の比較ができるサービスです。

たった5分で見積もりがとれて、もちろん手数料も無料なので安心です。
すでに、利用者も900万人に突破して保険料の節約に成功しています。

►►自動車保険の一括見積もりで保険料を比較してみる。

自動車保険一括見積もり

私は新車を購入するため、今まで乗っていたプリウスをディーラーに下取りをお願いしましたが、予想してたよりもはるかに低い査定額でした。

ですから、下取りは一旦保留にしてインターネットで「車一括査定」を申し込み、複数の業者から同時に査定してもらったところ、最大で234,000円の価格差がついたのです。

また、「概算金額」も先に教えてくれるので、自分の車の「相場価格」もかんたんに知ることができる。

提携会社である、50社以上の厳選された買い取り店の中で、最大の「10社」買い取り業者を使って同時に比較ができること。

それこそが一括査定のメリットであり、最大の強みになります。

►►45秒でできる、無料の「かんたん車査定」を見てみる。

  • この記事を書いた人

ニシザワ

元トヨタ系ディーラーの営業、保険代理店の営業を経て、現在はフリーランスのライター業をしています。 「自動車保険を少しでも節約したい!」とお考えの方のために、保険料を安くする方法をわかりやすく解説していきます。

-自動車保険の使用例

Copyright© 初心者でも失敗しない「自動車保険の節約術」 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.