初心者でも失敗しない自動車保険を節約する方法や選び方。賢い加入方法などをわかりやすく解説

初心者でも失敗しない「自動車保険の節約術」

自動車保険の使用例

飛び石が原因でガラスが割れたら修理費用は誰が負担するべきか?

更新日:

つい先日の知人のYさんから事故の相談を受けました。

話を聞いてみたところ、前に走っていたトラックのタイヤ付近から突然石が飛んできて、Yさんのフロントガラスが割れてしまったとのことなんです。

車は25年車ダイハツの軽自動車「ウェイク

前方に走っていたトラックは石を巻き上げガラスを割ったことなんて当然気つかず、そのまま走り去っていきました。

Yさんの不満はズバリ「どんな形であれ、石を飛ばしてきたトラックが悪いのではないか?」ということです。

今回の修理費用をトラック会社に請求できるのか、それとも無理なのか?

そしてそれ以外にどんな解決策があるのか。その辺りを詳しく解説します。

飛び石でウェイクのフロントガラスを損傷!修理費用は誰が負担する。

飛び石事故で相手に請求するのは難しい。

Yさん
前に走っているトラックから石が飛んできました。
気がついたときにはもう遅くフロントガラスが粉々に。。。
こういうときって、走っているトラックに修理費用って請求できないのでしょうか?
ニシザワ
結論からいうと、難しいです。

理由は、本当にそのトラックが原因かどうか立証するのが難しいからで、もしかして違う車から飛んできた可能性だってあるからです。

トラックの荷台に積んでいた石が落ちて、Yさんのフロント側が損傷したなら賠償請求もできますが、今回のケースでは石を巻き上げた疑いがあるだけ。
飛来物による事故で、石を飛ばした車と走ってダメージを受けた車の因果関係を証明するのは難しいと思います。

飛び石によるフロントガラスの交換は車両保険を利用する。

相手にガラス代の請求は難しいので、まずはウェイクのフロントガラス交換の見積もりをとってみました。

見積もりをとってもらったところ、金額は約110,000円になった。

昔の軽自動車とは違い、ガラスの料金が高い。。ボディサイズの大型化に伴ってフロントガラスの面積も大きくなりましたよね。

Yさん
11万って。。。
ちなみに、自動車保険を使うことはできるのでしょうか?
昨年、通販型の保険会社で加入していたので問題ないと思うのですが。。。。
ニシザワ
今回のようなケースでは、車両保険に加入していれば保険を使って修理は可能。
もちろん、飛来物での事故なので一般型でもエコノミー型でも構いません。
等級は1等級ダウン事故になるので、11万円という大金を手出しするのに抵抗があるなら保険を使いましょう。

 

結論は、車両保険を使用してフロントガラスを新品に交換することにしました。

飛び石で割れたフロントガラスを保険を使い無料で交換することができるのか。

前方から飛んできた飛び石によりフロントガラスにヒビが入ってしまった。 そんなとき、車両保険を使って修理することができるのか? フロントガラスは安いパーツではありません。 軽自動車やコンパクトカークラス ...

続きを見る

車両保険を使ってフロントガラスを交換した。

 

保険を使って修理することを決めたのなら、あとは保険会社に事故報告をしてもらい作業をおこなうだけ。

 

頼んだ1日か2日ぐらいで新品のガラスが入荷したのでそのままガラス屋さんに交換してもらった。

フロントガラスを取り替える期間は約2時間ぐらい、また専用のガラス糊を入れるので乾燥させるのに一晩預けておけば問題ないでしょう。

ドライブレコーダーを取り付けよう

今回のように、前に走っている車が巻き上げた石が飛んできて、ガラスが割れるような事故で賠償させるのは正直言って難しいです。
ですが、車を運転していると7割以上は前方からの事故です。
そのためにも、念のためドライブレコーダーは備え付けしておきましょう。

同じ事故でも特に、過失が出るような微妙な事故ではドライブレコーダーがあなたの過失を少なくするかもしれません。

また、飛び石事故でも故意にぶつけられた場合身の潔白を証明する可能性だってあります。

いずれにしても、ドラレコは盗難にも役立つので1台必ず装着させておきましょう。

最後に

とりあえず、今回は車両保険に加入したことで事なきを得ましたが、保険に加入していなければ修理費用は自己負担するしかありませんでした。

どんなに自分に非がなくても、突然やって来るのが自動車事故。
やはり備えとして、自動車保険に加入しておくことは大事。
でも、「車両保険は高いので支払いに不安」などがあるなら、今回のYさんのように通販型の自動車事故に加入することで保険料がグッとお安くなるかもしれませんよ。


 

自動車保険を見直しするのに「一括見積もり」を使ってみました。

すると、全く同じ補償内容であるのにもかかわらず、保険料が35,600円も安くなりました。
 

「保険の窓口 インズウェブ」は、最大20社の保険会社の中から保険料の比較ができるサービスです。

たった5分で見積もりがとれて、もちろん手数料も無料なので安心です。
すでに、利用者も900万人に突破して保険料の節約に成功しています。

►►自動車保険の一括見積もりで保険料を比較してみる。

自動車保険一括見積もり

私は新車を購入するため、今まで乗っていたプリウスをディーラーに下取りをお願いしましたが、予想してたよりもはるかに低い査定額でした。

ですから、下取りは一旦保留にしてインターネットで「車一括査定」を申し込み、複数の業者から同時に査定してもらったところ、最大で234,000円の価格差がついたのです。

また、「概算金額」も先に教えてくれるので、自分の車の「相場価格」もかんたんに知ることができる。

提携会社である、50社以上の厳選された買い取り店の中で、最大の「10社」買い取り業者を使って同時に比較ができること。

それこそが一括査定のメリットであり、最大の強みになります。

►►45秒でできる、無料の「かんたん車査定」を見てみる。

  • この記事を書いた人

ニシザワ

元トヨタ系ディーラーの営業、保険代理店の営業を経て、現在はフリーランスのライター業をしています。 「自動車保険を少しでも節約したい!」とお考えの方のために、保険料を安くする方法をわかりやすく解説していきます。

-自動車保険の使用例

Copyright© 初心者でも失敗しない「自動車保険の節約術」 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.