初心者でも失敗しない自動車保険を節約する方法や選び方。賢い加入方法などをわかりやすく解説

初心者でも失敗しない「自動車保険の節約術」

自動車保険の基礎知識

車の事故にあったとき保険金に影響する「時価額」とその仕組み

更新日:

1.001

車を一方的にぶつけられたお陰で100万円の修理費用がかかってしまった。

じゃあ直してくれよ」ってなったときに
あなたのクルマの時価額は70万円ですので残りの30万円負担してください
って言われて「はいそうですか。わかりました」って素直に了承することができますか?
いや、普通なら素直にハイって言えないでしょー。

でもね、自動車保険には「時価額」という考え方があって、
相手が対物保険を使用するときには、車それぞれの価値に見合った保険料しか補償されません。

一見すると不公平に感じるあろう「時価」がなければ、
保険会社は成り立たなくなってしまうのも事実です。

その言葉の意味と内容を覚えておきましょう。
加害者になってしまったときにも、被害者になった場合も知っておいたほうが
いい知識ですからね。

自動車保険によく出てくる時価額とはなに?

保険料を決める時価額ってなに?
「時価額=市場評価額」あなたの車の価値に該当します。

同じ年式や走行距離で販売しているの中古車と同等の価値。
それが「時価額」の基本的な考えになります。

基本的には古い車は時価額が低く、新しい車は時価額が高いです。
新車から1年経過した車であっても時価額は下がります。

こちらのサイトには時価額の計算ができるようになっています。
仮に300万円の車を1年経過した車の価値は204万円になっています。

よくある時価額のトラブル事例

わかりやすく計算するために、
今回は過失の割合を一方的にして考えます。

例えばあなたの過失が0で(全く悪くない)
相手が100%の損害賠償の責任を負った場合を考えてみましょう。

修理代金100万円、あなたの時価額(価値)70万円と仮定。

対物超過修理補償png.001

もしあなたのクルマの市場価値が、70万円しかないとしたら、
相手の対物賠償保険から70万円しか支払われません。
じゃあ、その差額はどうするのか?
実際には、30万円は自分の車両保険を使用するか、自腹で支払うしか方法はないのです。
それではその70万円はもう、覆すことができないのでしょうか。

そのためにはまず「時価額」と「再取得価額」の違いを知ることが必要です。

市場価値の70万円と「時価額」と「再取得価額」について

この時価額70万円はあくまで「市場価値」というだけであって、
絶対的な価格なわけではありません。

そのためにはまず「時価額」と「再取得価額」という、
2つの違いについて知る必要があります。

そもそも時価額というのは「車本体の価格」というだけで、
その他の費用については一切考慮されていないのです。

その他の費用というのは、再度車を購入する為の「必要経費
また、保険会社で定めた時価額から、
あなたへ再度、販売するための自動車販売の利益も含まれるのです。

つまり、車本体の価格以外の必要経費や自動車会社の利益など、
全て含めた価格のことを「再取得価額」と言うのです。

再取得価額.001

そして問題は対物保険が再取得価額ではなく、時価額で考えられて
しまうために、いろいろなトラブルになって来るんですよね。

このように通常は時価額が70万円だったとしても、
再取得価額が100万円というケースがほとんどです。

だからと言って、被害者は泣き寝入りしなければならないのでしょうか。
いいえ、そんなことはありません。
示談交渉をする余地は必ずあります。

もし、大手カーショップの雑誌等で、
同じクルマ・型式・グレード・走行距離などに掲載しているクルマが
70万円以上の価格、例えば100万円などで掲載している写真が複数あれば、
一緒に参考資料として保険会社に提出してもいいでしょう。

このように、全て保険会社の言われたとおりにせずに、
しっかりと自分で調べてることで解決策があるかもしれません。

過度な要求は厳禁なのですが、
自分の言い分ははっきりと伝えましょう。

まとめ

基本的な考え方は以上です。
ただこのように対物保険には「時価額」という存在があるので、
トラブルにつながりやすいという特徴があります。

ただし、このようなトラブルを防止するために、
対物超過賠償保険という差額の分も補償してくれる、
特約もありますので、つけておいて損はないでしょうね。

できれば、自動車事故がキッカケでドロドロのトラブルは、
避けたいですからね。


 

自動車保険を見直しするのに「一括見積もり」を使ってみました。

すると、全く同じ補償内容であるのにもかかわらず、保険料が35,600円も安くなりました。
 

「保険の窓口 インズウェブ」は、最大20社の保険会社の中から保険料の比較ができるサービスです。

たった5分で見積もりがとれて、もちろん手数料も無料なので安心です。
すでに、利用者も900万人に突破して保険料の節約に成功しています。

►►自動車保険の一括見積もりで保険料を比較してみる。

自動車保険一括見積もり

私は新車を購入するため、今まで乗っていたプリウスをディーラーに下取りをお願いしましたが、予想してたよりもはるかに低い査定額でした。

ですから、下取りは一旦保留にしてインターネットで「車一括査定」を申し込み、複数の業者から同時に査定してもらったところ、最大で234,000円の価格差がついたのです。

また、「概算金額」も先に教えてくれるので、自分の車の「相場価格」もかんたんに知ることができる。

提携会社である、50社以上の厳選された買い取り店の中で、最大の「10社」買い取り業者を使って同時に比較ができること。

それこそが一括査定のメリットであり、最大の強みになります。

►►45秒でできる、無料の「かんたん車査定」を見てみる。

  • この記事を書いた人

ニシザワ

元トヨタ系ディーラーの営業、保険代理店の営業を経て、現在はフリーランスのライター業をしています。 「自動車保険を少しでも節約したい!」とお考えの方のために、保険料を安くする方法をわかりやすく解説していきます。

-自動車保険の基礎知識

Copyright© 初心者でも失敗しない「自動車保険の節約術」 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.