初心者でも失敗しない自動車保険を節約する方法や選び方。賢い加入方法などをわかりやすく解説

初心者でも失敗しない「自動車保険の節約術」

事故のトラブル

必要?不要?軽度な車の事故でも警察は呼ぶべきなのか?

更新日:

Policeman_at_Tokyo

事故で、車の形が明らかに変形していたり、
また、事故が原因で、相手が体のどこかに痛みを訴えているのなら
誰でも、すぐに110番に通報をして警察に届け出すると思います。

ですが、もし怪我などがなく、
お互いの車も軽度な損傷なら、警察を呼ぶ必要もないのでしょうか。

後日、無駄なトラブルにならないためにも、
適切な対応が必要です。 その辺について解決していきましょう。

警察を呼ばなければ「交通事故証明」はもらえない。

基本的には、「加害者」「被害者」どちらになっても、
相手がいた場合には、警察を呼ぶべきでしょう。

なぜなら、警察を呼ばなければ「交通事故証明」が発行されずに
自動車保険が使用できない可能性があるからです。

確かに軽度な事故で警察を呼ぶのは、
「ちょっと面倒」「相手に時間をとらせて申し訳ない」
と感じるのかもしれません。

また、空気的に話し合いで済んでしまう可能性だってありますよね。

でもそんなときこそ注意が必要なんです。
もしこちらが加害者側だった場合に、

  • 翌日になってなぜか病院通いを始める。
  • ありもしない損傷の修理も頼まれる。
  • いつの間にか、損傷部位が拡大している。

という事態にもなりかねません。

 

一方で、もしこちらが被害者だった場合に、

  • 相手が無保険だった。
  • 乗っている車が違う名義人だった。
  • 盗難車だった。
  • 次の日、突然態度を急変させ、シラを切り始めた。

という態度に変わる場合だってあります。

そんなことになるぐらいなら、
どんなに面倒でも「警察」を呼んで、事故状況を説明し、
お互いの免許証など、警察に所在をはっきりさせておいたほうがいいでしょう。

お互いに「過失があり」全く修理するつもりがなければどうする?

もし、駐車場内の事故などで、
お互いが同じように悪いなら、一体どうすれば良いのでしょう?

このような、両者痛み分けのようなケースでは、
お互い「車をどうしたいのか?」によって決まります。
つまり、修理するのかしないのかの二者択一です。

例えばどちらか一方でも、修理する意志があるなら、
後日のトラブルを防止するためにも、やはり警察に届け出をしておくべきでしょう。

ですが、もしお互いに車の修理をする意図がなければ、
警察を呼んでも呼ばなくてもそのままでも構いません。

ただし、ナンバーや連絡先などぐらいは、
交換しておいたほうがいいでしょうね。

ちょっとでも怪しいと感じたら警察を呼ぶ!

「加害者」「被害者」問わず、
警察に110番をするのかどうかの判断に悩んでいるなら、
相手の「名刺」などをもらっておくのがベストでしょう。

もしも、その名刺先が有名な会社なら、
後日トラブルになることはほとんどありません。

なぜなら、数万円の事故のために人生を棒に振るとは思えないからです。

また、農業や漁業などをしている自営業の方なども大丈夫です。

逆に

  • 「警察を呼ばなくこと」を強調しすぎる。
  • 調子が良すぎる。
  • 妙に事故慣れしている。

など、ちょっとでも怪しい素振りを見せたのなら
すぐに警察に届け出をするようにしましょう。

あなたにとって、初めて会う人だということを忘れてはいけませんからね。

まとめ

e2613a33751bf78d561d51e98e662013_s

  • 警察を呼ばなければ「交通事故証明」はもらえない
  • お互い修理するつもりがないなら、警察は不要である。
  • ちょっとでも怪しいと感じたら警察を呼ぶことが大事。

まず重要なことは、あなたにとってその人が、
全くの赤の他人だということ。

少しでも共通の知り合いがいれば、
どんな人間性であり、どんな経済状態なのかなどわかりますが、
ほんの数分前に、知り合った人のすべてを信用するには無理があります。

こちらがどんなに真摯にな対応したとしても、
「嘘をつく人間」このような
「事故を利用するような人間」は必ずいるんです。

しかも、自動車事故はお金が絡むのでなおさらそういう傾向にあるでしょう。
本音でいうと、「ケガがないのは不幸中の幸い。お互い様ですね」
などで済めばいいんですけどね。


 

自動車保険を見直しするのに「一括見積もり」を使ってみました。

すると、全く同じ補償内容であるのにもかかわらず、保険料が35,600円も安くなりました。
 

「保険の窓口 インズウェブ」は、最大20社の保険会社の中から保険料の比較ができるサービスです。

たった5分で見積もりがとれて、もちろん手数料も無料なので安心です。
すでに、利用者も900万人に突破して保険料の節約に成功しています。

►►自動車保険の一括見積もりで保険料を比較してみる。

自動車保険一括見積もり

私は新車を購入するため、今まで乗っていたプリウスをディーラーに下取りをお願いしましたが、予想してたよりもはるかに低い査定額でした。

ですから、下取りは一旦保留にしてインターネットで「車一括査定」を申し込み、複数の業者から同時に査定してもらったところ、最大で234,000円の価格差がついたのです。

また、「概算金額」も先に教えてくれるので、自分の車の「相場価格」もかんたんに知ることができる。

提携会社である、50社以上の厳選された買い取り店の中で、最大の「10社」買い取り業者を使って同時に比較ができること。

それこそが一括査定のメリットであり、最大の強みになります。

►►45秒でできる、無料の「かんたん車査定」を見てみる。

  • この記事を書いた人

ニシザワ

元トヨタ系ディーラーの営業、保険代理店の営業を経て、現在はフリーランスのライター業をしています。 「自動車保険を少しでも節約したい!」とお考えの方のために、保険料を安くする方法をわかりやすく解説していきます。

-事故のトラブル

Copyright© 初心者でも失敗しない「自動車保険の節約術」 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.