初心者でも失敗しない自動車保険を節約する方法や選び方。賢い加入方法などをわかりやすく解説

初心者でも失敗しない「自動車保険の節約術」

事故のトラブル

事故があったときに警察に届け出しなければいけない本当の理由

更新日:

-shared-img-thumb-PASONAZ160306260I9A1855_TP_V

ありがとうございます。それで警察に、届け出はしましたか?

自分の保険会社に連絡をしたときに、
保険会社の担当者に必ず確認をされるのが「警察への届け出」
では、そもそもなぜ警察に連絡をする必要があるのだろうか?

小さな事故や、軽い事故では必要ないと思っていませんか?

その辺りについて、解説していきます。
大きな事故、相手がいる事故を起こしたときには、必ず警察に届け出をしましょう。

事故があったときに警察に届け出をしなければならない理由

「加害者」に言いくるめられ逃げられる。

まず、自損事故を起こしてしまった場合はもちろん、
事故の被害者になってしまった場合には、事故の証人にするためにも、
必ず「警察」に連絡をいれましょう。

なぜなら、被害者になってしまい
警察に届け出をしなければ、加害者に逃げられる可能性があるからです。

逃げられるといっても、そのまま走り去っていくわけじゃなく、
加害者によって「人身事故」や「自損事故」を起こした事実が警察にバレてしまうのを恐れ、
違反点数がギリギリなので、警察だけには連絡しないで欲しい」と言い出し、
泣きついていくる方がいます。

自分が起こした事故の責任はしっかりとりますから」とお願いされたところで、
事故の過失割合を決めるのは、該当する加害者でも被害者でもなく、
事故に立ち会った警察と双方の保険会社です。

しかも、そんなことを言い出すほとんどの人間は、
あとから「事実と違う話をし始めます

「そんなことを言いましたっけ?」「そんなこと一言も言ってない」など、
丸々180度しらを切り始めるのです。
「オイオイオイ」と言ったところで警察に行っていないので証拠すらありません。

交通事故を起こしたら、警察に届け出をしなければならない報告義務があります。
道路交通法を犯してまで、加害者を守る必要はないのです。

礼儀は守るべきであるのですが、
警察を通さないで「双方だけで」解決できると思ったら大間違い。

相手がそのまま示談を持ちかけてきても
「まずは警察にいきましょう!」が基本ですからね。

「泣き寝入り」なんて絶対したくないでしょ?

「交通事故証明書」が発行されない

もし、交通事故により相手を怪我させてしまったり、
自分に体のどこかに異常があった場合には、人身事故扱いになります。

人身事故で保険を使うなら「事故証明」が必要です。
ですが、警察に届け出をしなければ「交通事故証明書」が発行されません。

この、交通事故証明書がなければ、
あなたが被害者になったときに「自賠責保険の被害者請求」がスムーズに
進まなくなり、最悪の場合「請求できなくなる」可能性も浮上していきます。

また、交通事故証明書を警察からもらっていなければその理由を、
保険会社に「交通事故証明書入手不能理由書」で説明が必要になります。

被害者になった場合には自分の身体。
加害者になってしまったときには、
相手の身体を、元の健康だった状態に戻すことが必要です。

事故による影響を、この先受けないためにも、
警察に届けるようにしましょう。

「自分の自動車保険」が使えなくなる可能性がある

自分や相手の体の怪我だけではなく、
「ガードレール」や「相手の車」など物損事故を起こしてしまった場合。

また、「自分の愛車を修理」するため、
自動車保険を使用するときにも、警察に届け出をしなければなりません。

自分が「被害者」として病院に搬送されているならまだしも、
自損事故を起こしたときには、
事故の第一報はあなたが保険会社に入れる必要があります。

警察に届け出でもせず、
どこで事故を起こしたのかも証明できない場合には、
事故報告自体が疑わしく思われ、
本来出るべき保険金が出なくなる恐れがあるのです。

バンパーを擦ったり、フロントガラスの飛び石などで、
警察への届け出は必要ありませんが、
物を壊したり、相手がいる場合の事故、
また損害が大きい事故であれば、証拠を残すことは必要です。

また、盗難事故など車両保険を使用する被害にあったときには、
なにも疑わしい行動がなくても、保険会社に多少は疑われているはずです。

自分の身の潔白を証明するためには、必ず第三者。
つまり一般の人ではなく、警察の力が必要になります。

なので、事故があったときには「まず警察にいきましょう!」は正解であり、
義務と思ってもいいでしょう。

警察に行って「無駄になる」ことはありませんが、
行かなくて「後悔する」ことは良くある話ですからね。

まとめ

da6252c68e3a73e95382255be629634a_s

  • 「加害者に逃げられる」可能性がある。
  • 「交通事故証明書」が発行されない。
  • 「自分の自動車保険」が使えなくなる可能性が出てくる。

事故を起こしてしまったあとは、どうしても気が動転してしまいます。
経験不足で、正しい事故対応ができなくても仕方ありません。

でも、「警察に届ける」というシンプルな方法さえ
守っていれば、事故の7割は解決したと思っていいですからね。

すべての問題解決は入口にあるのですから。


 

自動車保険を見直しするのに「一括見積もり」を使ってみました。

すると、全く同じ補償内容であるのにもかかわらず、保険料が35,600円も安くなりました。
 

「保険の窓口 インズウェブ」は、最大20社の保険会社の中から保険料の比較ができるサービスです。

たった5分で見積もりがとれて、もちろん手数料も無料なので安心です。
すでに、利用者も900万人に突破して保険料の節約に成功しています。

►►自動車保険の一括見積もりで保険料を比較してみる。

自動車保険一括見積もり

私は新車を購入するため、今まで乗っていたプリウスをディーラーに下取りをお願いしましたが、予想してたよりもはるかに低い査定額でした。

ですから、下取りは一旦保留にしてインターネットで「車一括査定」を申し込み、複数の業者から同時に査定してもらったところ、最大で234,000円の価格差がついたのです。

また、「概算金額」も先に教えてくれるので、自分の車の「相場価格」もかんたんに知ることができる。

提携会社である、50社以上の厳選された買い取り店の中で、最大の「10社」買い取り業者を使って同時に比較ができること。

それこそが一括査定のメリットであり、最大の強みになります。

►►45秒でできる、無料の「かんたん車査定」を見てみる。

  • この記事を書いた人

ニシザワ

元トヨタ系ディーラーの営業、保険代理店の営業を経て、現在はフリーランスのライター業をしています。 「自動車保険を少しでも節約したい!」とお考えの方のために、保険料を安くする方法をわかりやすく解説していきます。

-事故のトラブル

Copyright© 初心者でも失敗しない「自動車保険の節約術」 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.