初心者でも失敗しない自動車保険を節約する方法や選び方。賢い加入方法などをわかりやすく解説

初心者でも失敗しない「自動車保険の節約術」

ロードサービス

できれば安く済ませたい!自宅の前で車が故障した場合にはどうするべきなのか?

更新日:

71ba19722b2e67bd90eb20d1c24849c1_m

自宅前で車が故障してしまった。

具体的な症状は、エンジンがかからずうんともすんともいいません(汗)

このような自宅前などで車が故障したケースでは、ディーラーなど修理工場を呼ぶことが多いと思います。

もちろんそれでもまったく問題はないですが、修理内容によっては高額になってしまうケースもあります。

現にJAFを呼んでバッテリーをチャージするだけでも約13,000円と大きな負担となります。

そこで本題に移りますが、知らない方も多いようなんですが、有料で修理工場を呼ぶよりも、自動車保険のロードサービスを利用すれば、ほとんどのトラブルは解決ししかも無料なんですよ。

せっかく自動車保険に加入しているのですから、使えるものはどんどん使っていきましょう。

自宅前で車が故障してしまったら自動車保険を利用する。

自宅までロードサービスの来てくれるのか?

自宅や友人宅でエンジンがかからなくなったのですが、自動車保険のロードサービスは来てくれるのでしょうか?
もちろん自動車保険のロードサービスを使えば、自宅でも友人宅でも問題なく使用できます。
また、ロードサービスの範囲は、離島などを除き、「自宅」「友人宅」の他、「一般道」や「高速道路」であろうとも場所は一切問いません。

では具体的にどういったレスキューをしてくれるのでしょうか?

自宅前で、ロードサービスで実施してくれる作業内容

9ac187d9973aea95022f63781fd1a3ef_s

たとえば、自宅前でエンジンがかからなかった場合には、ケーブルを利用して「エンジンのジャンピング」をしてくれます。

その他、

  • タイヤがパンクしてしまった場合には「スペアタイヤの交換」サービス。
  • キーを紛失してしまった場合でも、「専用ツールを利用してドアの解錠
  • ガス欠した場合の「燃料補給サービス

など、自宅前でよく起こりがちなトラブルは、ほぼすべて対応しています。

さらに、バッテリー上がりでもなく、ガス欠でもないような、電気系トラブルやその他に起因して、その場で修理が困難な場合には、最寄りの修理工場までレッカー移動をしてくれます(もちろん無料)

だからこそ、ディーラーなどの修理工場を呼んで有料で出張修理をするよりはロードサービスを利用したほうがいいのです。

自宅前でロードサービスができないケース

49912b9e114d893e194d7be513639852_s

ただし、ロードサービスでもできないこともあります。

たとえば、前日に雪が降り、積雪によるタイヤの空回り(スタック)をしてしまった場合にはロードサービス対象外。

積雪によるスタックはほとんどの保険会社でロードサービスが不可なんです。

唯一通販型のSBI損保は積雪によるスタックでもロードサービス対応可能です。

また、車高が低すぎの違法改造車やナンバープレートがないような車では、ロードサービス自体引き受けることができません。

こちらは自宅前でも、高速道路であろうとも条件は一緒。

あと気をつけていただきたいことは、自動車保険のロードサービスはあくまで契約している車にかかっているのであって、契約車両以外は救援することができないので注意していください。

まあこれが、JAFとの大きな違いのひとつになります。

JAFは契約しているではなく、人物にかかっているので、車のトラブルが、たとえ友人の車であっても使用することができます。

そこが、JAFロードサービスの大きなアドバンテージになるんですよね。

まとめ

自宅前で車が故障してしまったなら、まずは修理工場ではなく、自分の加入している保険会社に連絡しましょう。

保険に加入しているなら、ロードサービスは自動付帯されているはず。

一方、修理工場に依頼すると、有料になる恐れがあり、作業内容によっては数万円の出費も覚悟しなければなりません。

ただし、一部の代理店型自動車保険の保険会社では、ロードサービスが自動付帯されていないので事前に保険会社に問い合わせをしてみてくださいね。

自動車保険は事故対応の満足度で加入率が大きく違います。

とくに最近の通販型の自動車保険は基礎サービスが向上しており、大手メガ損保にも決して引けをとりません。

その辺りを含めて、自動車保険の見直しを考えてみると、通販型タイプの自動車保険がこれからのスタンダードになるのではないでしょうか。


 

自動車保険を見直しするのに「一括見積もり」を使ってみました。

すると、全く同じ補償内容であるのにもかかわらず、保険料が35,600円も安くなりました。
 

「保険の窓口 インズウェブ」は、最大20社の保険会社の中から保険料の比較ができるサービスです。

たった5分で見積もりがとれて、もちろん手数料も無料なので安心です。
すでに、利用者も900万人に突破して保険料の節約に成功しています。

►►自動車保険の一括見積もりで保険料を比較してみる。

自動車保険一括見積もり

私は新車を購入するため、今まで乗っていたプリウスをディーラーに下取りをお願いしましたが、予想してたよりもはるかに低い査定額でした。

ですから、下取りは一旦保留にしてインターネットで「車一括査定」を申し込み、複数の業者から同時に査定してもらったところ、最大で234,000円の価格差がついたのです。

また、「概算金額」も先に教えてくれるので、自分の車の「相場価格」もかんたんに知ることができる。

提携会社である、50社以上の厳選された買い取り店の中で、最大の「10社」買い取り業者を使って同時に比較ができること。

それこそが一括査定のメリットであり、最大の強みになります。

►►45秒でできる、無料の「かんたん車査定」を見てみる。

  • この記事を書いた人

ニシザワ

元トヨタ系ディーラーの営業、保険代理店の営業を経て、現在はフリーランスのライター業をしています。 「自動車保険を少しでも節約したい!」とお考えの方のために、保険料を安くする方法をわかりやすく解説していきます。

-ロードサービス

Copyright© 初心者でも失敗しない「自動車保険の節約術」 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.