初心者でも失敗しない自動車保険を節約する方法や選び方。賢い加入方法などをわかりやすく解説

初心者でも失敗しない「自動車保険の節約術」

ロードサービス

自動車保険のロードサービスを保険会社から断られるときがある。

更新日:

358df645614f91c7c55dcea7138f660c_m

自動車保険に加入していれば「どんな状況、シュチュエーション」でもロードサービスを利用できるのでしょうか?

たまにこのような質問を受けることがあります。ロードサービスはある一定の状況において
サービスを提供できない、受け入れ拒否される場合があるので、
ロードサービスの基本的なルールは抑えておきましょう。

ロードサービスを依頼しても断られる場合がある

保険会社が保険金を支払えないケース

自動車保険に加入しているからといって。
何でもかんでもロードサービスの受け入れをしてくれるわけじゃありません。

例えば、自動車保険の契約者じゃなかったり、契約していない「車」なら、
受け入れは当然ですが拒否されます。

一方でJAFロードサービスの場合では、契約者である「人」との契約ですので、
友人や仕事で使用している営業車であってもロードサービスは利用可能です。

つまり、自動車保険は「車」JAFは「人」と契約をします。
これが両者の決定的な違いなんですね。

また、その他にも以下のような条件でロードサービスは利用できなくなります。

  • 故意・重過失
  • 詐欺
  • 酒気帯び・酒酔い運転
  • 違法改造およびナンバープレートがない車
  • 地震・火災・津波
  • 戦争・紛争
  • 車検が切れている・自賠責保険が切れている
  • 積雪によるタイヤのから回り(スタック)や凍結により走行不能など
酒気帯び運転や故意などは当然ですが、積雪によるタイヤのから回り(スタック)も対象外になる保険会社がほとんどです。
参考:雪道でタイヤが空回りして出られない!自動車保険のロードサービスは使えるの?

違法改造車はロードサービスができない

スクリーンショット 2016-05-31 6.03.49

違法改造車はロードサービスが利用できない場合があります。

代表的な例を挙げると、

  • 車高が9cm確保されていないいわゆる「シャコタン仕様」
  • タイヤがフェンダーから異常に突出している
  • 全窓がフルスモーク仕様

など、明らかに見た目で問題がある車に関しては受け入れ拒否される可能性があります。

一方で、目に見えない部分の違法改造はあまり影響ありません。
例えば、シートに装着されてあるヘッドレストがなく、
代わりにヘッドレストモニターが装着されていても車検は不合格ですが、
ロードサービスは受けられます。

またフロントガラスに飛び石があり車検が受からない状態でも
特に問題がないのです。

つまり、違法改造と言っても、
問題があるのは、「あまりにも外観上でノーマルとはかけ離れた状態」のことを指しているのであって、
そこまで厳密には、うるさく言われることはないでしょう。

その他に、ロードサービスが拒否される事例に、
車検切れなどがある場合です。

車検切れや自賠責保険が切れた場合にはロードサービスはできない。

車検切れで走行していた場合には、ロードサービスはできません。

仮にロードサービスを依頼しても
先に車検証の確認作業があるので、その時点で車検切れが発覚して
そのまま受け入れを拒否されます。

車検切れになっているのと同様に自賠責保険が切れてしまっている場合でも
同様です。

自動車保険が更新されていない

efd25009810157d72a8ab851d1d07ffa_s
最後に当然ながら、自動車保険の更新がされていない場合には、
利用できません。

今まさに、緊急的にロードサービスが必要な場合には、
自動車保険のロードサービスではなく、JAFロードサービスを利用したほうがいいでしょう。
JAFなら、自動車保険の有無は関係ありません。
ですが、JAF会員じゃない場合には、当然ロードサービスの費用は、
有償になるので、ある程度大きな出費を覚悟したほうがいいでしょう。

ロードサービスだけではなく、自動車保険の更新には注意を払う必要があります。

自動車保険が更新されていない状態で事故を起こしてしまったら、

  • 他人を死傷させてしまっても対人保険で補償されない
  • 事故で自分や同乗者が怪我をしてしまっても人身傷害保険補償されない
  • 自分の愛車が事故でグシャグシャになっても車両保険にて補償されない

など、デメリットしかありません。
最悪の場合、多大なる損害賠償責任が生じてしまうケースもあります。

ちょっと話が横道にそれてしまいましたが、
ロードサービスを利用するだけではなく、自動車保険の補償をしっかりと受けるためにも、
自動車保険の更新を怠ることはないようにするのが大前提ですからね。

また、ロードサービスでは事故対応満足度が重要です。
その辺りを考えながら、更新じゃなくて見直しを考えた方がいいのかもしれませんよね。


 

自動車保険を見直しするのに「一括見積もり」を使ってみました。

すると、全く同じ補償内容であるのにもかかわらず、保険料が35,600円も安くなりました。
 

「保険の窓口 インズウェブ」は、最大20社の保険会社の中から保険料の比較ができるサービスです。

たった5分で見積もりがとれて、もちろん手数料も無料なので安心です。
すでに、利用者も900万人に突破して保険料の節約に成功しています。

►►自動車保険の一括見積もりで保険料を比較してみる。

自動車保険一括見積もり

私は新車を購入するため、今まで乗っていたプリウスをディーラーに下取りをお願いしましたが、予想してたよりもはるかに低い査定額でした。

ですから、下取りは一旦保留にしてインターネットで「車一括査定」を申し込み、複数の業者から同時に査定してもらったところ、最大で234,000円の価格差がついたのです。

また、「概算金額」も先に教えてくれるので、自分の車の「相場価格」もかんたんに知ることができる。

提携会社である、50社以上の厳選された買い取り店の中で、最大の「10社」買い取り業者を使って同時に比較ができること。

それこそが一括査定のメリットであり、最大の強みになります。

►►45秒でできる、無料の「かんたん車査定」を見てみる。

  • この記事を書いた人

ニシザワ

元トヨタ系ディーラーの営業、保険代理店の営業を経て、現在はフリーランスのライター業をしています。 「自動車保険を少しでも節約したい!」とお考えの方のために、保険料を安くする方法をわかりやすく解説していきます。

-ロードサービス

Copyright© 初心者でも失敗しない「自動車保険の節約術」 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.