初心者でも失敗しない自動車保険を節約する方法や選び方。賢い加入方法などをわかりやすく解説

初心者でも失敗しない「自動車保険の節約術」

ロードサービス

雪道でタイヤが空回りして出られない!自動車保険のロードサービスは使えるの?

更新日:

スクリーンショット 2016-05-19 19.38.34

積雪などにより、タイヤが空回りして抜けられなくなってしまった。
降雪地域では、あるあるですよね。

タイヤが空回りしている状態のことをスタックと言いますが、
もし車を運転しているときの、大雪などの影響から雪道でスタックしてしまった場合には、
どうすればいいのでしょうか。

運転時のトラブルでは、
JAFや自動車保険のロードサービスなどが思い浮かびますよね。

でも、バッテリー上がりやタイヤのパンクと違って
タイヤの空回りによる救出については、自動車保険のロードサービスは使用できるのでしょうか。

「JAF」と「自動車保険」のロードサービスによる違いで、
対応が変わりますので注意してくださいね。

「積雪」「雪道」が原因でスタックした場合の対処方法

雪道でタイヤが空回りしたとき「JAF」と「自動車保険」それぞれのロードサービスの対応

雪道でスタックした場合には、自動車保険のロードサービスは使用できません。「国内・外資」「代理店型・通販型」どの保険会社でも使用できないようになっています。ですが、一部の保険会社では条件が合えば対応可能です。

✔CHECK1:自動車保険のロードサービスはほとんどが使えない
雪道でスタックした場合には、自動車保険のロードサービスは使用できません。「国内・外資」「代理店型・通販型」どの保険会社でも使用できないようになっています。ですが、一部の保険会社では条件が合えば対応可能です。
✔CHECK2:JAFは使用できるのか?
もちろんJAFを使えば救出は可能です。JAF会員なら無料、JAF非会員なら有料での対応になります。
「なぜロードサービスが使えないのか?」いう疑問についてですが、雪道でのスタックは、「衝突・接触の事故」や「車の故障」、「キー閉じこみやバッテリー上がり」などの走行障害に該当しないからです。
単純に走行が困難なだけだよね」と判断されてしまうんですよね。

ほどんどの保険会社では、ロードサービスでの対応は難しいと言いましたが、
それでも事故対応NO.1のソニー損保では、
条件が全て揃った場合に、自力走行可能な場所へ引き出しを実施ています。

「走行中に、降雪を原因とし走行不能となった場合」
以下の要件をすべて満たす場合に限り、自力走行可能な場所への引き出しを実施
(イ) トラブル現場が、ご自宅の駐車場などの通常保管場所ではない
(ロ) 雪対応タイヤ、またはチェーンを装着している
(ハ) お客様自身で一定の除雪作業を行ったにも関わらず、トラブルが解決しない
なお、チェーンの脱着・タイヤの履き替え(パンク時以外)や除雪費用は、サービス対象外

かんたんに言うと、ソニー損保では、
冬タイヤをしっかりと装着し、それでもスタックして、
除雪したけどダメだった場合には、一度だけ救助するからね。
と言っています。

まあ、降雪地域に住んでいる方はわかると思いますが、
はっきりと言ってしまえば、雪道でのスタックをOKにしてしまうと、
ロードサービスの出張が凄まじい回数になるからなんですけどね。。。

ただし、冬タイヤを装着した状態で、
雪道で滑った結果、底溝に「落輪」した場合にはロードサービスの対象になります。
つまり落輪や脱輪はオッケーなのですが、スタックはNGということなんです。

それでは、代理店型、通販型の自動車保険での対応と、
JAFでの比較表を作ってみました。

自動車保険とJAFとの比較

通販型自動車保険のソニー損保、
また代理店型自動車保険の三井住友海上そしてJAFロードサービスとの比較表を作ってみました。

自動車保険(通販型)ロードサービス 自動車保険(代理店)ロードサービス JAFロードサービス
保険会社 ソニー損保 三井住友海上 JAF
会員
JAF
非会員
雪道、積雪のスタックによるロードサービス ×
※条件により可
×
料金 ※条件さえ合えば無料 × 無料 11,950円

もちろんJAFの場合では、
雪道のスタックであろうと、脱輪であろうと関係ありません。
依頼されたらレスキューします。

ですが、自動車保険のロードサービスは万能と思われがちなのですが、
雪道では期待しないほうがいいでしょう。
なんでもかんでも保険で対応できると思ったら大きな間違い。

勘違いしないように覚えておきましょうね。

まとめ:冬に不安な思いをしないための保険として考えよう!

事故や故障、またバッテリーあがりやキー閉じこみなど、
走行障害に強い自動車保険のロードサービスですが、
雪道でのスタックでは、以外にも無力なんです。
ですので、北海道や東北など雪がよく降るような降雪地域では、
特に、「自動車保険とJAF」どちらも両方かけることで、
より安心して車に乗ることができるでしょうね。

JAFの入会金は2,000円と割安です。
冬に不安な思いをしないための保険として考えれば安いのかもしれませんよね。

冬に自力走行が不能になってしまうと、それだけ危険に晒される可能性があります。
だからこそ、突発的なトラブルには万全の体制で備えておきましょうね!


 

自動車保険を見直しするのに「一括見積もり」を使ってみました。

すると、全く同じ補償内容であるのにもかかわらず、保険料が35,600円も安くなりました。
 

「保険の窓口 インズウェブ」は、最大20社の保険会社の中から保険料の比較ができるサービスです。

たった5分で見積もりがとれて、もちろん手数料も無料なので安心です。
すでに、利用者も900万人に突破して保険料の節約に成功しています。

►►自動車保険の一括見積もりで保険料を比較してみる。

自動車保険一括見積もり

私は新車を購入するため、今まで乗っていたプリウスをディーラーに下取りをお願いしましたが、予想してたよりもはるかに低い査定額でした。

ですから、下取りは一旦保留にしてインターネットで「車一括査定」を申し込み、複数の業者から同時に査定してもらったところ、最大で234,000円の価格差がついたのです。

また、「概算金額」も先に教えてくれるので、自分の車の「相場価格」もかんたんに知ることができる。

提携会社である、50社以上の厳選された買い取り店の中で、最大の「10社」買い取り業者を使って同時に比較ができること。

それこそが一括査定のメリットであり、最大の強みになります。

►►45秒でできる、無料の「かんたん車査定」を見てみる。

  • この記事を書いた人

ニシザワ

元トヨタ系ディーラーの営業、保険代理店の営業を経て、現在はフリーランスのライター業をしています。 「自動車保険を少しでも節約したい!」とお考えの方のために、保険料を安くする方法をわかりやすく解説していきます。

-ロードサービス

Copyright© 初心者でも失敗しない「自動車保険の節約術」 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.