初心者でも失敗しない自動車保険を節約する方法や選び方。賢い加入方法などをわかりやすく解説

初心者でも失敗しない「自動車保険の節約術」

ロードサービス

エンジン停止!自動車保険のロードサービスを使ってレッカーを呼ぶ。

更新日:

「突然メーターの赤いランプが点灯してしまった。。」

先日、トヨタのヴァンガードに乗っている私の知人から1本の電話が来ました。

走行している最中に突然点灯したバッテリーランプ。
しかも、峠を超えているとき最悪のタイミング。。
バッテリーランプだけではなく、ABSランプやサイドブレーキランプまで
色々な警告灯が同時点灯。

予想通り、メーターのバッテリーランプが点灯した後、
走行していると少しづつ電気が暗くなっていき、
最後はエンジンが停止してしまいました。

では、このような状況になってしまった場合には、
どのような、対応をすれば良いのでしょうか?

また、メーターランプ点灯の修理内容について説明していきましょう。

走行中メーターの警告灯が点灯したときの対策方法

突然のランプ点灯したその原因は?

IMG_4110

メーターランプが突然点灯した場合、
特に気をつけていなければならないのは、バッテリーランプだ。

なぜなら、バッテリーランプが点灯しているということは、
充電系統に何らかの不具合が生じているからです。
ある意味、エンジン警告灯(オレンジのランプ)よりも深刻で、
そのままにしておくと、エンジンが止まってしまう可能性が高くなります。

例えば、代表的な例を挙げると、
オルタネーター(ダイナモ)の故障。
ダイナモ本体が故障してしまうと、
全く発電されずバッテリー本体が充電できないのです。

そうなると、走れば走るほどバッテリーの電圧はなくなっていくので、
やがてバッテリーの電圧はすべてなくなってしまい、
最悪エンジンが停止していしまうのです。

走行できなくなったので、自動車保険のロードサービスを使おう

しかも今回、帰宅途中の山道でエンストしてしまった。
状況的には最悪のタイミングです。

なぜなら、自宅までまだ「80km」ぐらい離れているからです。
しかも山道なので、コンビニなどのお店もない。
さらに夜になってきたので、当たりも暗くなりはじめてきたのです。
唯一の救いは、携帯電話の電波があったから、連絡を取ることができました。

で、今回結局どうしたのかというと、
自動車保険に付帯しているロードサービスを利用しました。
かんたんにいうと、自動車保険を使ったということなんですね。

スクリーンショット 2016-05-19 05.31.38

この方は、ソニー損保の自動車保険に加入していたので、
ロードサービスが自動で付帯されています。

なので、今回は80km先での搬送してもらいました。

JAFロードサービスではだめなの?

もうひとつのロードサービスであるJAFを使用するという
方法もありましたが、
実は、JAF会員でも搬送する距離は15kmと制限されています。

さらにJAF非会員で依頼した場合には、レッカー費は、
とてつもなく高額になります。

JAF会員の場合は基本作業料は無料ですが、
非会員の場合、基本料金が12,880円かかりさらに1km720円という計算になります。

なので、80km先の修理工場まで、
JAF非会員の方が利用するなら57,000円ぐらいもの
費用がかかってしまうのです。

またそれぞれのサービスを比較してみました。

自動車保険のロードサービス(ソニー損保) JAF会員 JAF非会員
年会費 保険料に含まれます。 4,000円
基本作業料 保険料に含まれます。 無料 12,880円
牽引料 50km超過1km毎に400円 15km超過1km毎に720円) 1km毎に720円
80kmレッカーしたときの料金シュミレーション 80km-50km=30km
30km×400円=12,000円
80km-15km=65km
65km×720円=46,800円
80km×720円=57,600円
基本作業料が付帯され57600円+12,880円=70,400円
備考 50kmまで無料 15kmまで無料

見てもらえればわかると思いますが、
JAF非会員の場合には、70,400円もかかるります。

もしJAF会員だとしても46,800円かかるということは、
JAFの年会費を払ってまで、加入すること自体が無意味だと感じています。

こうやって考えると、
自動車保険のロードサービスが1番便利だということになりますよね。

参考:JAFって必要?自動車保険のロードサービスで十分な理由

もちろんロードサービスを使用しても等級に影響しません。
次回の自動車保険の契約更新時に
保険料が上がるわけじゃないので安心して使いましょう。

リビルトのダイナモを交換へ

IMG_4114

レッカー移動してあとには、トヨタの修理工場にて改めて点検しました。
やはりダイナモ本体の故障で間違いなかったようですね。

最終的には、修理工場にてリビルトのオルタネーターを注文して交換
バッテリー上がりはしていたのですが、充電にて回復。
とりあえず、レッカー移動されてきた次の日には修理が完了になりました。

修理代としては、「6万5,000円
お客さんも、怖くなってしまい中古パーツよりも、
リスクの少ない修理方法を選びました。

やはりダイナモやセルモーターなど電装品は、
突然故障するのが怖いですよね。
なにかの前触れでもあれば対応もできますが、
現象が出たときには、すぐ故障という状況になってしまっています。

またダイナモなどは定期交換部品ではないので、
車検などで点検しているわけでもありません。
そう考えると、車を運転している以上は、常に予想されるリスクを考えていた
ほうがいいでしょうね。

まとめ

IMG_4112

いずれにせよ、自動車保険に加入しているなら、
ロードサービスを付帯しておくと、凄まじく便利だということです。

今回は温かい季節だったからまだ良かったのかもしれません。

もし北海道などの寒い地域に住んでいて
峠などで止まってしまうと最悪、

  • 電話もメールも繋がらない
  • エンジンが止まるのでヒーターが一切作動しなくなる
  • 雪道でスタックして身動きすら取れなくなる

など、冗談抜きで命の危険性だって考えられるのです。

自分でできることは、備えておくのが安心です。
自動車保険のロードサービスをいつも付帯しておくと、
リスクも最小限に防ぐことできるので安心です。

また、ロードサービスは自動車保険に加入していれば、
自動付帯されるので、任意保険である自動車保険に加入していない方は、
今すぐに加入しよう。

また、自動車保険の見直しなどを考えていた場合には、
価格だけではなく、ロードサービスの充実度で考えてみてもいいかもしれませんね。


 

自動車保険を見直しするのに「一括見積もり」を使ってみました。

すると、全く同じ補償内容であるのにもかかわらず、保険料が35,600円も安くなりました。
 

「保険の窓口 インズウェブ」は、最大20社の保険会社の中から保険料の比較ができるサービスです。

たった5分で見積もりがとれて、もちろん手数料も無料なので安心です。
すでに、利用者も900万人に突破して保険料の節約に成功しています。

►►自動車保険の一括見積もりで保険料を比較してみる。

自動車保険一括見積もり

私は新車を購入するため、今まで乗っていたプリウスをディーラーに下取りをお願いしましたが、予想してたよりもはるかに低い査定額でした。

ですから、下取りは一旦保留にしてインターネットで「車一括査定」を申し込み、複数の業者から同時に査定してもらったところ、最大で234,000円の価格差がついたのです。

また、「概算金額」も先に教えてくれるので、自分の車の「相場価格」もかんたんに知ることができる。

提携会社である、50社以上の厳選された買い取り店の中で、最大の「10社」買い取り業者を使って同時に比較ができること。

それこそが一括査定のメリットであり、最大の強みになります。

►►45秒でできる、無料の「かんたん車査定」を見てみる。

  • この記事を書いた人

ニシザワ

元トヨタ系ディーラーの営業、保険代理店の営業を経て、現在はフリーランスのライター業をしています。 「自動車保険を少しでも節約したい!」とお考えの方のために、保険料を安くする方法をわかりやすく解説していきます。

-ロードサービス

Copyright© 初心者でも失敗しない「自動車保険の節約術」 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.