初心者でも失敗しない自動車保険を節約する方法や選び方。賢い加入方法などをわかりやすく解説

初心者でも失敗しない「自動車保険の節約術」

通販型(ダイレクト)自動車保険のメリット

通販型自動車保険の不安。事故を起こしたとき対応のスピードは早いのか?

更新日:

通販型自動車保険の不安。事故を起こしたとき対応のスピードは早いのか?
自動車保険に加入しているユーザーが損保会社に求めていることってどんなこと?

確かに「安さ」も大切なのことなのですが、
やはり損保会社に期待していることは事故対応ではないでしょうか?

その点、通販型(ダイレクト)系自動車保険に興味はあるのですが、
代理店型の損保会社に比べて、
事故対応で劣るのではないのかと不安を感じている方もいるはずです。

でも、安心してください。
通販型自動車保険だからこその、
24時間365日安心の事故対応サービスが充実しているのです。

ユーザーが保険会社に求めていること

本来の自動車保険に加入する目的は、事故にあったときに、
相手や自分の怪我の補償、また車の補償をしてもらうことが目的のはずです。

実際に事故を起こした直後は不安な気持ちにもなるので、
できるだけ早くその不安を解消したいはずです。
私もお客さんとお話していたら以下のようなお話をいただくのです。

  • 万が一事故が発生した場合に、24時間365日連絡がつき対応してくれるの?
  • 他県の遠出したときに、事故が発生した場合は、全国どこでも迅速に対応していほしい
  • 交通事故をおこしてしまったが、土日祝で代理店の担当者が休みで連絡がとれなかった

このように自動車保険に加入するほとんどのお客さんは、
事故があったときの早期対応を求めています。

その点代理店型の場合には、担当者がいるので心配ないように思えるのですが、
通販型自動車保険の場合には、事故対応が悪いのでしょうか?
実際におとなの保険で有名な「セゾン自動車保険」や
「ソニー損保」や「アクサダイレクト」などのサービスをご紹介していきます。

セゾン自動車保険:安心の事故対応サービス

スクリーンショット 2016-01-18 16.18.42 セゾン自動車の対応一覧

  1. 24時間365日の事故対応
  2. ロードアシスタンス(レッカー手配)
  3. 電話による相談やアドバイス
  4. 相手方への初回連絡
  5. 代車の手配
  6. 整備工場への損害確認
  7. 事故解決までの流れの説明
  8. 病院への連絡
  9. 提携整備工場の紹介

ソニー損保:「即日安心365」サービス※1

スクリーンショット 2016-01-18 16.25.25

ソニー損保の場合でも、もちろん24時間365日対応可能になります。

  1. 24時間365日の事故対応
  2. ロードアシスタンス(レッカー手配)
  3. 電話による相談やアドバイス
  4. 相手方への初回連絡
  5. 代車の手配
  6. 整備工場への損害確認
  7. その日のうちに、お客様へ報告
  8. 病院への連絡
  9. 提携整備工場の紹介

アクサダイレクト:「チームアクサ」の事故対応

スクリーンショット 2016-01-18 16.30.41

また、通販型自動車保険の大手「アクサダイレクト」も
24時間365日対応が可能になっているので、土日祝日も安心して運転をすることができます。

  1. 24時間365日の事故対応
  2. ロードアシスタンス(レッカー手配)
  3. 電話による相談やアドバイス
  4. 相手方への初回連絡
  5. 代車の手配
  6. 整備工場への損害確認
  7. 事故解決までの流れの説明
  8. 病院への連絡
  9. 提携整備工場の紹介

このように突然の事故でも、
自分で代車や病院の手配、修理工場の確保などを行う必要がないため、
保険会社に任せてしまうことができるのです。

実は代理店よりも通販型保険会社のほうが対応が速い

865b8c7dbaf1c427818a6e2bf3599084_s
実は代理店担当者よりも、通販型店舗のほうが事故対応が早いこともよくある話です。

代理店型といってもディーラーの営業や専門外の方、
また副業でやっている方もいる世界なのです。

よく保険加入ユーザーから出るのが、
ディーラーが休みで担当者が電話に出ない」という不満。

営業マンが電話に出ないので、結局は、保険会社の窓口に直接電話して対応してもらった
これでは、なんのための保険代理店なのかわかりませんよね。

残念ながら、ほとんどの代理店保険担当者は事故のときには保険会社も丸投げです。
また、保険の知識も薄いため、
自分の会社で取り扱いしている保険内容も把握できていないのが現実です。

お客さんの事故よりも、
自分の休みを優先させる保険担当者がいることが残念ながら事実なのです。

それならいっそのこと、車はディーラーにて購入。
自動車保険は、事故対応が安心な通販型自動車保険に加入するという、
方法をとることもひとつの方法です。

通販型の事故対応に不安があるというのは、
「インターネットはだから不安」という、意味のないメンタルブロックが
かかっているいってもいいでしょう。

それよりも私が怖いのは「保険のことを全く知らずに代理店担当者に一存」している、
現状の環境です。

まずは通販型だからという理由だけで、
事故対応が悪いという認識を持つことをやめましょう。
そして、ユーザー自身も自分で選択できる知識をつけることが大切なのです。

その上で保険料が安くなる「通販型自動車保険」を選ぶか、
担当者がいる「代理店型自動車保険」を選ぶのか、
それからでも遅くはないと思いますからね。


 

自動車保険を見直しするのに「一括見積もり」を使ってみました。

すると、全く同じ補償内容であるのにもかかわらず、保険料が35,600円も安くなりました。
 

「保険の窓口 インズウェブ」は、最大20社の保険会社の中から保険料の比較ができるサービスです。

たった5分で見積もりがとれて、もちろん手数料も無料なので安心です。
すでに、利用者も900万人に突破して保険料の節約に成功しています。

►►自動車保険の一括見積もりで保険料を比較してみる。

自動車保険一括見積もり

私は新車を購入するため、今まで乗っていたプリウスをディーラーに下取りをお願いしましたが、予想してたよりもはるかに低い査定額でした。

ですから、下取りは一旦保留にしてインターネットで「車一括査定」を申し込み、複数の業者から同時に査定してもらったところ、最大で234,000円の価格差がついたのです。

また、「概算金額」も先に教えてくれるので、自分の車の「相場価格」もかんたんに知ることができる。

提携会社である、50社以上の厳選された買い取り店の中で、最大の「10社」買い取り業者を使って同時に比較ができること。

それこそが一括査定のメリットであり、最大の強みになります。

►►45秒でできる、無料の「かんたん車査定」を見てみる。

  • この記事を書いた人

ニシザワ

元トヨタ系ディーラーの営業、保険代理店の営業を経て、現在はフリーランスのライター業をしています。 「自動車保険を少しでも節約したい!」とお考えの方のために、保険料を安くする方法をわかりやすく解説していきます。

-通販型(ダイレクト)自動車保険のメリット

Copyright© 初心者でも失敗しない「自動車保険の節約術」 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.