初心者でも失敗しない自動車保険を節約する方法や選び方。賢い加入方法などをわかりやすく解説

初心者でも失敗しない「自動車保険の節約術」

通販型(ダイレクト)自動車保険のメリット

自動車保険の無駄を保険料を「1万円以上」カットする方法

投稿日:

無駄な自動車保険料を少しでも節約する

「自動車保険の無駄な保険料を少しでも節約したい!」

自動車保険の保険料は掛け捨てタイプなので、できるだけ安く抑えたいものですよね。

でも、補償内容は、保険会社によって大きな違いがあるわけじゃないので、差別化するのが難しいことも事実。

だからといって、補償内容を下げたくありません。

たとえば、車両保険を抜くと保険料は安くなりますが、もし仮に事故が起きてしまったときの補償範囲は一気に狭くなります。

そうすると、「年間の保険料なんてどこも一緒で変わらないのでは?」と感じてしまうのも無理がありません。

でも、ほんのちょっと任意保険のかけ方を工夫することで、案外簡単に保険料を節約を行うことができるのです。

そこでこの記事では、自動車保険の無駄な保険料をカットするため、年間の保険料を1万円以上カットするもっとも簡単な方法について解説します。

無駄な自動車保険料を節約するためにできる効果的な方法

一括見積もりを使えば平均3万円安くなることもある。

もし仮に現在、

・三井住友海上
・東京海上日動
・あいおいニッセイ同和損保
・損保ジャパン日本興亜損保

などの、代理店タイプの自動車保険に加入しているなら、比較的簡単に保険料を節約することができます。

なぜなら、代理店タイプは保険会社に加入していると、保険料の中に代理店手数料が入っているからです。

その点、ダイレクト系通販型タイプの保険会社に契約するだけで、余計な代理店手数料がまるまるカットされます。

 

では、通販型タイプに加入するのはわかったけど、どの保険会社と契約すればいいのか?

ベストな方法として、スマホやタブレット、PCなどネットを使って保険会社を一括で見積もりを取って、自分の満足できる保険会社と契約をすればいいだけです。

それだけで、平均約3万円〜5万円程度安くなる場合があります。

それが、自動車保険の一括見積もりという方式です。

 

通販型タイプの保険会社の中でも、年齢や現在の等級によってそれぞれで保険料が大きく変わる場合もあります。

たとえば、セゾン自動車で出している「おとなの自動車保険」などは、20〜30代の若い世代の割引率がよくない一方で、40代から60代の保険料の割引き率が非常に高くなっています。

一方で「イーデザイン損保」は若い20〜30代の若いドライバーの割引率が高くなっています。

通販型タイプの保険会社だけでも、今では10社以上あります。
まずは、それぞれの保険会社の年間保険料を一括見積もりを使って比べてみることからスタートしましょう。

新規見積もりでネット割引「1万円」安くなる。

通販型タイプの保険会社に切り替えることで、保険料が安くなることを理解したと思います。

さらにその恩恵を受けるために、ネットを使って新規で申し込みすると「インターネット割引」が適用されるので、1万円安くなる割引制度があります。

関連記事
通販型自動車保険に乗り換えにお得な「インターネット割引」のメリット!

「自動車保険を見直してみませんか?」という通販型の保険会社が放送しているCMを見たり聞いたりしない日はないですよね。 さらに「新規でインターネットから契約するとさらに保険料がお得に」のフレーズも耳に残 ...

続きを見る

 

割引額は保険会社によってそれぞれで違います。

保険会社 新規契約(1年目)
ソニー損保 10,000円
アクサダイレクト 2,000~10,000円 
三井ダイレクト損保 4,000~10.000円 
チューリッヒ 3,000~10,000円 
SBI損保 10,000円
そんぽ24 保険料の10%
セゾン自動車(おとなの自動車保険) 10,000円
イーデザイン損保 10,000円
セコム損保 3,500円

たとえば、「ソニー損保」「イーデザイン損保」「おとなの自動車保険」「SBI損保」などは、1万円の割引が約束されます。

・通販型タイプに切り替える。
・インターネット割引を適用させる。

この2つのコンビネーションを合わせることで、負担を一気に減らすことができるでしょう。

継続契約でも1万円割引が適用される。

実はインターネット割引、新規だけではありません。

通販型タイプで契約すると、2年目以降の継続契約でもネット割引が適用されます。

たとえば、「SBI損保」や「おとなの自動車保険」「イーデザイン損保」の3社は、継続契約でも保険料が1万円割引きされます。

その他にも、1,000〜5,000円までの幅で保険料が安くなるでしょう。

保険会社 継続契約(2年目以降)
ソニー損保 2,000円 
アクサダイレクト 1,000円
三井ダイレクト損保 3,000円
チューリッヒ 2,000~5,000円 
SBI損保 10,000円
そんぽ24 保険料の7% 
セゾン自動車(おとなの自動車保険) 10,000円
イーデザイン損保 10,000円
セコム損保 2,000円

もちろん代理店型にも継続割引がありますが、利率は1.5%〜3%とやや低め。

どちらかというと、代理店型は3年間の複数年長期割引で保険料の割引を推し進めているので、インパクトとしてはそこまで大きくはないでしょう。

まとめ

もし、年間の保険料1万円以上カットを目指すなら、「通販型自動車」への加入が第一歩です。

この一歩を踏み出さなければ、自動車保険の節約はスタートすることができません。

もちろん代理店タイプの保険会社に加入していても、車両保険を外したりすることで保険料は安くなりますが補償の中身では不安になります。

それでも「少しでも自動車保険の無駄を省きたいんだ!」と考えているなら、通販型タイプに変えて、さらに車両保険を外してしまいましょう。

ただ、いずれにしても自動車保険の一括見積もりを使って、保険料を比較させることから始めることが1番なんですよね。


 

自動車保険を見直しするのに「一括見積もり」を使ってみました。

すると、全く同じ補償内容であるのにもかかわらず、保険料が35,600円も安くなりました。
 

「保険の窓口 インズウェブ」は、最大20社の保険会社の中から保険料の比較ができるサービスです。

たった5分で見積もりがとれて、もちろん手数料も無料なので安心です。
すでに、利用者も900万人に突破して保険料の節約に成功しています。

►►自動車保険の一括見積もりで保険料を比較してみる。

自動車保険一括見積もり

私は新車を購入するため、今まで乗っていたプリウスをディーラーに下取りをお願いしましたが、予想してたよりもはるかに低い査定額でした。

ですから、下取りは一旦保留にしてインターネットで「車一括査定」を申し込み、複数の業者から同時に査定してもらったところ、最大で234,000円の価格差がついたのです。

また、「概算金額」も先に教えてくれるので、自分の車の「相場価格」もかんたんに知ることができる。

提携会社である、50社以上の厳選された買い取り店の中で、最大の「10社」買い取り業者を使って同時に比較ができること。

それこそが一括査定のメリットであり、最大の強みになります。

►►45秒でできる、無料の「かんたん車査定」を見てみる。

  • この記事を書いた人

ニシザワ

元トヨタ系ディーラーの営業、保険代理店の営業を経て、現在はフリーランスのライター業をしています。 「自動車保険を少しでも節約したい!」とお考えの方のために、保険料を安くする方法をわかりやすく解説していきます。

-通販型(ダイレクト)自動車保険のメリット

Copyright© 初心者でも失敗しない「自動車保険の節約術」 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.