初心者でも失敗しない自動車保険を節約する方法や選び方。賢い加入方法などをわかりやすく解説

初心者でも失敗しない「自動車保険の節約術」

保険料の割引制度

保険料を安く抑える方法は?ハイブリット車には「エコカー割引」がお得!

更新日:

2b6e6946bea8dbbf55ae2fe6db51da6b_s

自動車保険を節約するのなら「保険の割引」を上手に活用することは大切です。

その中でも環境にやさしい車として、
燃費が良い車」「排出ガスが少ない車」などに乗っている方には、
エコカー割引」と言って加入している損保会社によっては、
保険料金が割引されます。

「そう言えば、ハイブリット車に乗っているけど申告していない!」
「これから新型プリウスの購入を予定しています」などという方は、
知っておいたほうがあとから役に立つかもしれません。

自動車保険の割引制度、「エコカー割引」についての説明をします。

エコカー割引とは一体どのような割引制度なのでしょうか。

エコカー割引とは一体何?
ハイブリット車、電気自動車または圧縮天然ガス自動車(CNG車)であり、各保険会社が定めている初年度登録の基準を満たしていると割引される場合があります。

具体的な車種を挙げてみましょう。

電気自動車=日産リーフ、
ハイブリット車=プリウス、アクア、フィットハイブリッドなど
圧縮天然ガス自動車(CNG車)=ハイゼットカーゴ

などが代表車種になっています。
さらには最近では、燃料電池車である「トヨタのMIRAI」などもエコカーとして、
区別されています。

また1点だけ、気をつけていただきたいことは、
保険会社によって、エコカー割引の割引の有無や、
割引率また割引条件が違う
ということです。

損保会社ごとのエコカー割引の割引率や割引条件

保険会社 タイプ 条件 割引率
三井住友海上 代理店型 初年度登録から
13ヶ月以内
3%
東京海上日動 代理店型 初年度登録から
13ヶ月以内
3%
損保ジャパン 代理店型 初年度登録から
13ヶ月以内
3%
あいおいニッセイ同和 代理店型 初年度登録から
13ヶ月以内
3%
朝日火災 代理店型 初年度登録から
13ヶ月以内
3%
ソニー損保 通販型 保険開始月
37ヶ月以内
1,000円
チューリッヒ 通販型 初年度登録
22年度以降の車
割引制度あり※率の記載なし
三井ダイレクト 通販型 初年度登録から
13ヶ月以内
割引制度あり※率の記載なし
アメリカンホームダイレクト 通販型
AIU保険 通販型
SBI損害保険 通販型

どちらかと言えば、代理店型自動車保険のほうが、
エコカー割引に積極的という印象があります。

代理店型自動車保険会社では、
初年度登録から13ヶ月以内、3%割引というのが一般化されています。

唯一、通販型自動車保険の大手、ソニー損保だけが1,000円の割引を実施していますが、
その他では、割引自体がありません。

全体的には、割引率が3%ぐらいのために、
元々保険料が安い方には、代わりはないかもしれませんが、
若い方や等級が低い方などには、3%でも大きな割引です。
自動車保険はあくまで「掛け捨て保険」ですので、大きな金額を積み立てることに
意味はありません。
100円でも200円でも節約できるところは節約しましょう。

また、通販型自動車の損保会社が割引制度がない理由として、
それだけ、国内のエコカーのシェアが増えてきているなによりも証拠と言えるのです。

その中でも、保険会社とは別事業にあたる、
自動車共済の全労済では7%という割引が実現しています。
なので、全労済などの共済系にて自動車保険をかけているのであれば、
利用してみることをおすすめします。

まとめ

509f8dd1cf323d41849591770efe428f_s
エコカー割引の割引条件は保険会社によって若干異なるので、
自分のクルマが「割引対象」に入っているのか確認するようにしましょう。

また、注意点として年式によっては、エコカー割引対象外になってしまう場合があるので、
加入前に保険会社に確認が必要です。

「おまけ程度」の割引率のサービスだと思うのか?
それとも「大きな節約」と考えるのか?
細かいところを節約していくことで、全体的な保険料が下がっていきます。
無駄な保険料をカットするために対処しておきましょう。

また、エコカー割引だけではありません。
同じ割引制度では「イモビライザー割引」や「インターネット割引」など、
様々な割引を利用しながら、できるだけ自動車保険の固定費を抑えるようにしましょうね。


 

自動車保険を見直しするのに「一括見積もり」を使ってみました。

すると、全く同じ補償内容であるのにもかかわらず、保険料が35,600円も安くなりました。
 

「保険の窓口 インズウェブ」は、最大20社の保険会社の中から保険料の比較ができるサービスです。

たった5分で見積もりがとれて、もちろん手数料も無料なので安心です。
すでに、利用者も900万人に突破して保険料の節約に成功しています。

►►自動車保険の一括見積もりで保険料を比較してみる。

自動車保険一括見積もり

私は新車を購入するため、今まで乗っていたプリウスをディーラーに下取りをお願いしましたが、予想してたよりもはるかに低い査定額でした。

ですから、下取りは一旦保留にしてインターネットで「車一括査定」を申し込み、複数の業者から同時に査定してもらったところ、最大で234,000円の価格差がついたのです。

また、「概算金額」も先に教えてくれるので、自分の車の「相場価格」もかんたんに知ることができる。

提携会社である、50社以上の厳選された買い取り店の中で、最大の「10社」買い取り業者を使って同時に比較ができること。

それこそが一括査定のメリットであり、最大の強みになります。

►►45秒でできる、無料の「かんたん車査定」を見てみる。

  • この記事を書いた人

ニシザワ

元トヨタ系ディーラーの営業、保険代理店の営業を経て、現在はフリーランスのライター業をしています。 「自動車保険を少しでも節約したい!」とお考えの方のために、保険料を安くする方法をわかりやすく解説していきます。

-保険料の割引制度

Copyright© 初心者でも失敗しない「自動車保険の節約術」 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.