初心者でも失敗しない自動車保険を節約する方法や選び方。賢い加入方法などをわかりやすく解説

初心者でも失敗しない「自動車保険の節約術」

保険料の割引制度

新車を購入で自動車保険が安くなる「割引制度」とはなにか?

更新日:

IMG_2866
夢にまでみた、新車を購入した。
ただ、それだけではいけません。車には「自動車保険」が必要です。

保険に加入していないと、万が一事故を起こしたとき、
車の修理代は支払われません。
そこで、新車を購入した方だけに安くなる「自動車保険」の割引制度があるのです。

自動車保険の割引制度「新車割引」について解説していきましょう。

2年間自動車保険が安くなる「新車割引」とは

新車割引とはなんですか?
契約する車が「自家用乗用車」または「軽四輪自動車」を限定として、新車を購入してから25ヶ月以内の車に対して保険料が割引されます。
新車は中古車に比べて、「故障が少ない」というメリットがあります。

また、普段運転が荒いドライバーや注意力が散漫なドライバーでも、
新車に乗ることで「運転が慎重になる」というデーターがあり、
「事故率」が下がることから保険料の安くなるのです。

 

ただ、すべての保険会社が新車割引を扱っているわけではありません。
また、保険料の割引率は損保会社によって様々あります。

自家用乗用車と軽四輪自動車でも保険料の割引率が違いますし、
「対人・対物賠償保険」「人身傷害保険・搭乗者傷害保険」
さらには「車両保険」でも割引率がかわる保険会社もあります。

また、保険会社によって割引率を公表している保険会社、
新車割引はあるのですが公表していない保険会社など
対応はバラバラです。

現在加入している保険会社に
新車を購入するんだけど新車割引ってあるの」と確認してみよう。

各保険会社の新車割引率について

現在公表されている新車特約の割引率について説明しましょう。
まず、損保ジャパンは保険の内容によってすべて公表しています。

損保ジャパン日本興亜損害保険の場合

用途種別 対人賠償保険 対物賠償保険 人身傷害保険
搭乗者傷害保険
車両保険
自家用乗用(普通・小型) 10% 7%
軽四輪自動車 5% 3% 25% 1%

LINK損保ジャパン:ご契約条件の設定・料率制度など:各種割引

ソニー損保の場合

ソニー損保の場合には軽自動車以外では「5%」の割引です。

スクリーンショット 2016-02-03 06.10.34

それでは、いま現時点でわかっている、
代表的な保険会社の新車割引の割引率をまとめてみました、

保険会社 普通乗用車 軽四輪自動車
三井住友海上 7%〜11% 2%〜22%
共栄火災海上 5%〜9% 10%〜16%
朝日火災 5%〜9% 13%〜16%
セコム損害保険 不明 ×
そんぽ24 7%〜9% ×
AIU 5%~9% ×
アクサダイレクト × ×
チューリッヒ 不明 ×
東京海上日動 6%〜10% 1%〜21&
あいおいニッセイ同和 7%〜11% 1%〜21%

印象としては「代理店型自動車保険」は割引率が高く、
「通販型自動車保険」は割引率が低いという共通点があるようですね。

保険の見直しにも新車割引を利用しよう

車を購入する方の多くは、
車両価格だけで購入可能かどうかを判断してしまうのですが、
本来は「車両価格+年間の保険料」を合算することが必要です。

車だけで支払いがいっぱいになってしまうと、
自動車保険を補償の部分をどうしても狭くしなければなりません。

そのように「自動車保険」を疎かにしていまうと、
新車なのに車両保険に加入しないという間違いを犯す方もいます。

もし、車両保険に加入せずに事故を起こしてしまった場合には、
残念ながら「保険金は支払われません」

そのような悲劇に遭遇しないためにも、新車を購入するときには、
「自分の購入できる範囲の車」+「補償がしっかりとある自動車保険」のセットで考えるようにしましょう。

そうなると、新車購入時は自動車保険の見直すタイミングでもあります。

保険料が安くなればなるほど、新車購入時にかけられるお金も増えるので、
「できるだけ安く、安心できる自動車保険」を選択できるようになりましょう。


 

自動車保険を見直しするのに「一括見積もり」を使ってみました。

すると、全く同じ補償内容であるのにもかかわらず、保険料が35,600円も安くなりました。
 

「保険の窓口 インズウェブ」は、最大20社の保険会社の中から保険料の比較ができるサービスです。

たった5分で見積もりがとれて、もちろん手数料も無料なので安心です。
すでに、利用者も900万人に突破して保険料の節約に成功しています。

►►自動車保険の一括見積もりで保険料を比較してみる。

自動車保険一括見積もり

私は新車を購入するため、今まで乗っていたプリウスをディーラーに下取りをお願いしましたが、予想してたよりもはるかに低い査定額でした。

ですから、下取りは一旦保留にしてインターネットで「車一括査定」を申し込み、複数の業者から同時に査定してもらったところ、最大で234,000円の価格差がついたのです。

また、「概算金額」も先に教えてくれるので、自分の車の「相場価格」もかんたんに知ることができる。

提携会社である、50社以上の厳選された買い取り店の中で、最大の「10社」買い取り業者を使って同時に比較ができること。

それこそが一括査定のメリットであり、最大の強みになります。

►►45秒でできる、無料の「かんたん車査定」を見てみる。

  • この記事を書いた人

ニシザワ

元トヨタ系ディーラーの営業、保険代理店の営業を経て、現在はフリーランスのライター業をしています。 「自動車保険を少しでも節約したい!」とお考えの方のために、保険料を安くする方法をわかりやすく解説していきます。

-保険料の割引制度

Copyright© 初心者でも失敗しない「自動車保険の節約術」 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.