初心者でも失敗しない自動車保険を節約する方法や選び方。賢い加入方法などをわかりやすく解説

初心者でも失敗しない「自動車保険の節約術」

ロードサービス

道路が冠水や洪水したらロードサービスと車両保険にて対策しよう。

更新日:

flood-965092_1920

「ずいぶんと大雨だなー」と思っていたのも束の間。
そのまま豪雨が続いてしまうと、やがて道路が冠水してしまいます。

道路が冠水した状態でそのまま車を走行し続けますと、
泥水がエンジンやミッション、さらには室内まで浸水していくのです。

雨水や泥水が室内を浸水していくと、
車1台を廃車に追い込むぐらいのパワーがあります。

愛車が洪水によるダメージを受ける前に、
どういった対策をとっていけばいいでしょうか。

道路が冠水したときにはどのような対策をすればいいのか?

冠水・洪水でロードサービスは利用できる

もし道路が冠水して、自分の車が全く身動きが取れなくなってしまった
場合には、自動車保険のロードサービスを利用することができます。

ですが、レッカーを呼ぶ必要があるぐらいに、
雨水が浸かってしまった場合には、残念ながらもう手遅れかもしれません。

道路が冠水しても慌てないで対応しよう

ちなみに道路が冠水している状態というのは、
どのぐらいの状態のことをいうのでしょうか?
JAFロードサービスで提供している動画を載せてみました。

基本的に、ドアから下まで水が浸かってしまった場合には、
走行をしてはいけません。

なぜなら、それ以上の水が増えてしまうと、
室内まで水が侵入して、中にあるワイヤーハーネスを腐食させる可能性があるからです。

例えば、自動車のエンジンルームや下回りのパーツは
防錆処理が施されています。
ですので、少々雨や雪が降っていても室内にさえ侵入しなければ
大きな問題にはならないのです。

ですが、室内の構成部品に関しては、一切の防錆処理が行われていません。
先ほどの挙げたワイヤーハーネスだけではなく

  • コンピューター
  • ナビゲーションやオーディオ機器
  • シートやフロアカーペット

など、水が侵入してしまうと、車自体が全滅してしまう可能性があるんです。

車の修理は車両保険にて対応する

insurance-539659_640

自動車保険のロードサービスにて、
近くの修理工場にて搬送してもらったあとは、
見積もりをとって修理するかどうかの判断が必要です。

車両保険に加入していれば、高額修理になることは確実なので、
等級が下がったとしても、無理をせず使用するほうがいいでしょう。

ただ、水害により車が水没した場合には、
よっぽど新しい車じゃない限り、
ほとんどの車が全損になってしまう可能性が高くなります。

やはり、室内まで水が侵入したのかどうかが、
大きなポイントになっており、
浸水した場合には、もう元の状態に戻すことは難しいのです。

また、室内まで浸水した車を修理することはおすすめしません。

なぜなら、配線などに浸水すると時間とともに腐食し青錆となって
あとから、じわじわと配線や電子機器部品などを傷めつけていくからです。

水没した車を乗り続ける行為は、まるで生き地獄のようなものであり、
修理しても、修理しても色々なトラブルが起きて、
まさに修理費用を支払い続ける無限ループといってもいいでしょう。

それなら、廃車の無料査定などを利用して、少しでも高く買い取ってもらうか、
そのまま業者にお金を払って廃車を依頼したほうがいいでしょう。

まあ、このような突然の水害に遭遇しても対応ができるように、
できれば車両保険に加入したほうがいいでしょうね。

車両保険って高いよね」と敬遠している方は、
通販型の自動車保険なども含めて、一度検討してみましょう。

自動車保険の一括見積もりを利用して、
もっとも安い自動車保険の損保会社をみつけてください。
もちろん無料ですからね。


 

自動車保険を見直しするのに「一括見積もり」を使ってみました。

すると、全く同じ補償内容であるのにもかかわらず、保険料が35,600円も安くなりました。
 

「保険の窓口 インズウェブ」は、最大20社の保険会社の中から保険料の比較ができるサービスです。

たった5分で見積もりがとれて、もちろん手数料も無料なので安心です。
すでに、利用者も900万人に突破して保険料の節約に成功しています。

►►自動車保険の一括見積もりで保険料を比較してみる。

自動車保険一括見積もり

私は新車を購入するため、今まで乗っていたプリウスをディーラーに下取りをお願いしましたが、予想してたよりもはるかに低い査定額でした。

ですから、下取りは一旦保留にしてインターネットで「車一括査定」を申し込み、複数の業者から同時に査定してもらったところ、最大で234,000円の価格差がついたのです。

また、「概算金額」も先に教えてくれるので、自分の車の「相場価格」もかんたんに知ることができる。

提携会社である、50社以上の厳選された買い取り店の中で、最大の「10社」買い取り業者を使って同時に比較ができること。

それこそが一括査定のメリットであり、最大の強みになります。

►►45秒でできる、無料の「かんたん車査定」を見てみる。

  • この記事を書いた人

ニシザワ

元トヨタ系ディーラーの営業、保険代理店の営業を経て、現在はフリーランスのライター業をしています。 「自動車保険を少しでも節約したい!」とお考えの方のために、保険料を安くする方法をわかりやすく解説していきます。

-ロードサービス

Copyright© 初心者でも失敗しない「自動車保険の節約術」 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.