初心者でも失敗しない自動車保険を節約する方法や選び方。賢い加入方法などをわかりやすく解説

初心者でも失敗しない「自動車保険の節約術」

ロードサービス

友人や知人が自分の車で事故起こしてもロードサービスは使用できるのか。

更新日:

indonesia-992843_1280

休日の日に、友人とドライブに出かけたのですが、
長時間の運転に疲れたので、彼と運転をチェンジしてもらった。
そこまでは良かったのですが、
なんと代わったばかりの友人が運転ミスをしてしまい、事故を起こしてしまった。

本来、事故を起こして、車が動かなくなってしまった場合には、
ロードサービスを使って保険会社に対応してもらうことになります。

ですが、今回事故を起こした当事者が契約者本人ではなく、
あくまで友人なんです。

そこで、友人や知人など「他人が自分の車を損傷させた」場合には、
ロードサービスが使用できるのでしょうか?
逆に他人ならロードサービスを使うことができないのでしょうか?

事故を起こす前に、できれば知っておきたい。
自動車保険の豆知識について説明していきましょう。

他人が自分の車の事故でロードサービスは使用できるのか。

他人が自分の車で事故っても、ロードサービスは使える

結論から言うと、自動車保険のロードサービスは使用できます。

なぜなら、自動車保険のロードサービスの契約しているのは車ですので、
運転しているドライバーが本人や友人、知人誰であろうと、
一切関係がないからです。

※だだし、契約者が認めていないドライバーについては対象外です
(例:盗難車のドライバーなど)

つまり、家族はもちろん、友人や同僚が事故や故障が起きて、
自走が不能になっても、レッカーサービスや代車費用は当然、
ロードサービスの契約に応じたサービスを受けられるのです。

逆に言うと、あなたが友人や知人の車を運転して、
事故や故障を起こしても、あなたがかけているロードサービスは使用できません。

先ほども言いましたが、
友人や知人の車には、本人がそれぞれ契約しているので、
彼らの自動車保険のロードサービスを使うことになります。

一方で、もうひとつ大手のロードサービスである、
JAFは、どのような事故対応で運営されているのでしょう。

JAFとは全く別の考え方を採用している

一方、JAFロードサービスの場合には、
自動車保険のロードサービスとは、全く逆の考え方を採用しています。
自動車保険は「車」と契約をしていますが、JAFは「人」と契約をしているのです。

もし、仮に友人がJAF会員なら、どの車に乗っていようが、
JAFロードサービスを利用することができます。

一方で友人がJAF会員じゃなかったとしたら、
事故や故障があってもJAFロードサービスを利用することはできません。

自動車保険のロードサービスは使えるが、JAFのロードサービスは使用できないのです。

A=あなた
B=友人
自動車ロードサービス JAFロードサービス
※会員の場合
BさんがAさんの
車で事故
Aさんのロードサービス 会員がいれば、その人のJAFロードサービス
AさんがBさんの
車で事故
Bさんのロードサービス 会員がいれば、その人のJAFロードサービス

ただ、最近ではほとんどの方が自動車に加入しているので、
「自動車保険」と「JAF」の両者の差はほとんどなくなってきています。

ですので、無理をしてJAF会員になる必要はないと私は考えています。

参考:JAFって必要?自動車保険のロードサービスで十分な理由

JAFを使う場合、一緒に運転するドライバーが
誰かひとりでも会員になっていれば良い」という考え。
逆に自動車保険は、車を運転するドライバーそれぞれが加入するべきという考えで
運営されています。

車の修理は、友人&知人の保険で修理する

では、ロードサービスを利用して無事にレッカー移動したのなら、
あと残っているのは、あなたの車をどうやって修理するかになります。

他人が自分の車で事故を起こしても
ロードサービスは利用できますが、
事故費用は相手の保険を使ってもらわなければなりません。

そんなときに役に立つのが、他人の車を修理する他車運転特約になります。
参考:友人の車を借りて事故ったら「他車運転特約」を備えておくことが必要

他車運転特約は、自動車保険に加入すると自動的にセットされるので、
友人や知人が、しっかりと自動車保険に加入していれば、
他車運転特約を使用して、あなたの車の修理をお願いしましょう。

逆を言うと、友人や知人が無保険なら、
絶対に、あなたの運転をさせるべきではありません。

まあ、どちらにせよ、
自分の車を他人に運転させるのはなるべく控えましょう。

なぜなら、あなたが友人や知人の
保険証券をの内容を、確認したわけではありません。
また、何らかの認識違いや勘違いなどにより、
自動車保険に加入すらしていない可能性だってあるんです。

せめて自分以外に運転をお願いするなら、
事前に友人の保険会社に保険内容を確認するか、
被保険者の範囲に入っている「家族」だけにするべきでしょう。

家族なら、年齢条件や運転車の範囲についてもわかっているはずなので、
補償内容を再度確認して、運転をさせてもいいでしょう。

まとめ

suicide-1267709_640

確かに、他人が自分の車を運転して、事故を起こしても、
ロードサービスは利用できます。

ですがロードサービスよりも、事故という側面で見てみると、
できれば、他人には、自分の車を運転をさせないほうがいいでしょう。
その代わり
自分も他人の車を運転しない。それがベストではないでしょうか。

お互いの自動車保険の内容をわからないまま、
運転するのはとても危険な行為です。

また、事故を起こしたことによって、
友人との間で亀裂が入ったら、とっても嫌な思いをするだけですからね。


 

自動車保険を見直しするのに「一括見積もり」を使ってみました。

すると、全く同じ補償内容であるのにもかかわらず、保険料が35,600円も安くなりました。
 

「保険の窓口 インズウェブ」は、最大20社の保険会社の中から保険料の比較ができるサービスです。

たった5分で見積もりがとれて、もちろん手数料も無料なので安心です。
すでに、利用者も900万人に突破して保険料の節約に成功しています。

►►自動車保険の一括見積もりで保険料を比較してみる。

自動車保険一括見積もり

私は新車を購入するため、今まで乗っていたプリウスをディーラーに下取りをお願いしましたが、予想してたよりもはるかに低い査定額でした。

ですから、下取りは一旦保留にしてインターネットで「車一括査定」を申し込み、複数の業者から同時に査定してもらったところ、最大で234,000円の価格差がついたのです。

また、「概算金額」も先に教えてくれるので、自分の車の「相場価格」もかんたんに知ることができる。

提携会社である、50社以上の厳選された買い取り店の中で、最大の「10社」買い取り業者を使って同時に比較ができること。

それこそが一括査定のメリットであり、最大の強みになります。

►►45秒でできる、無料の「かんたん車査定」を見てみる。

  • この記事を書いた人

ニシザワ

元トヨタ系ディーラーの営業、保険代理店の営業を経て、現在はフリーランスのライター業をしています。 「自動車保険を少しでも節約したい!」とお考えの方のために、保険料を安くする方法をわかりやすく解説していきます。

-ロードサービス

Copyright© 初心者でも失敗しない「自動車保険の節約術」 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.