初心者でも失敗しない自動車保険を節約する方法や選び方。賢い加入方法などをわかりやすく解説

初心者でも失敗しない「自動車保険の節約術」

任意保険

対人保険を「補償範囲を拡大する」と保険料は高くなる?

更新日:

d6a01f879ee1fb6498a91e578c241965_m

「対人保険を無制限でかけてしまうと、保険料が高くなるんじゃないか?」

自動車保険について調べていると、
どの保険会社でも「対人保険は無制限」とすすめられますよね。

保険の代理店の担当者に、あまり高い保険をすすめられると、
高い商品を売り込まれているんじゃないか」という、
不安になる気持ちもわかりますが、決してそんなことはありません。

対人賠償保険だけではなく、対物賠償保険でも同じことが言えるのですが、
賠償保険を無制限でかけることは、究極のローリスク・ハイリターンなんですね。

対人保険を無制限にしたら保険料は高くなる?

対人保険を無制限にしたら保険料は高くなる

対人保険を無制限にかけるということは、保険金額に制限をつけないことを意味するので、
保険料が高くなるという事実については間違ってはいません。

ただ対人保険を「5,000万円」にしていたのを「1億円」という2倍の金額にアップしたとしても、
保険料まで2倍になることはありません。

つまり、保険金額は正比例の関係にならないのです。

保険料は高くなるがごくわずかである。

では対人賠償保険の掛け金の係数について触れておきましょう。

対人賠償保険 係数
保険金額 係数
1,000万円 1.00
3,000万円 1.24
5,000万円 1.33
1億円 1.34
2億円 1.36
無制限 1.66

例えば、1,000万円でかけた対人賠償保険と無制限でかけた場合の差は、
わずかに1.66倍にしかすぎません。

もしあなたが1,000万円しか対人賠償保険をかけていなかったと仮定しましょう。

例えば、こちらが一方的に悪いような事故を起こしてしまった場合は、
「治療費」「逸失利益」「精神的損害」「将来の介護費用」などが賠償責任の額として算出されます。

なので、損害賠償額は「1,000万円」ぐらいじゃ到底足りず、非常に高額な支払いになるケースがあるんです。

過去の事例を挙げると、5億超えの判例だってあるぐらいですから。

 
関連:自動車保険の「対人保険」を無制限にかける理由
 

1.66倍というわずか料金にして数千円をケチったばかりに、
最悪の場合、億を超えるような賠償金を支払わなければならないんです。

対人保険をケチるならほかの部分で節約しよう

対人賠償保険を少ない金額でかけてリスクを負い続けるよりも、
対物保険とともに無制限でかけておいて、保険料の節約は違う部分でやっていきましょう。

例えば、代理店型の保険会社に加入しているなら、
ソニー損保やSBI損害保険、おとなの自動車保険などの「通販型タイプ」に切り替えたり、
チューリッヒやアメリカンホームなどの「外資系の保険会社」で見積もりをとってもらってもいいでしょう。

また、車両保険に免責金額を入れたり、車両保険をエコノミーに変更など工夫をすることで、
保険料はまだまだ節約することが可能になります。

実際に損保ジャパン日本興亜の、
対人賠償保険無制限の加入率は「99.9%」とほぼ100%の数字が出ています。

いずれにしても、どんな補償をかけるにしても、
車に乗る生活を送る限りは「対人・対物無制限」でかけておいて間違いはないですよ。

それがある意味、車を運転するドライバーの最低限の義務でもあるのですから。


 

自動車保険を見直しするのに「一括見積もり」を使ってみました。

すると、全く同じ補償内容であるのにもかかわらず、保険料が35,600円も安くなりました。
 

「保険の窓口 インズウェブ」は、最大20社の保険会社の中から保険料の比較ができるサービスです。

たった5分で見積もりがとれて、もちろん手数料も無料なので安心です。
すでに、利用者も900万人に突破して保険料の節約に成功しています。

►►自動車保険の一括見積もりで保険料を比較してみる。

自動車保険一括見積もり

私は新車を購入するため、今まで乗っていたプリウスをディーラーに下取りをお願いしましたが、予想してたよりもはるかに低い査定額でした。

ですから、下取りは一旦保留にしてインターネットで「車一括査定」を申し込み、複数の業者から同時に査定してもらったところ、最大で234,000円の価格差がついたのです。

また、「概算金額」も先に教えてくれるので、自分の車の「相場価格」もかんたんに知ることができる。

提携会社である、50社以上の厳選された買い取り店の中で、最大の「10社」買い取り業者を使って同時に比較ができること。

それこそが一括査定のメリットであり、最大の強みになります。

►►45秒でできる、無料の「かんたん車査定」を見てみる。

  • この記事を書いた人

ニシザワ

元トヨタ系ディーラーの営業、保険代理店の営業を経て、現在はフリーランスのライター業をしています。 「自動車保険を少しでも節約したい!」とお考えの方のために、保険料を安くする方法をわかりやすく解説していきます。

-任意保険

Copyright© 初心者でも失敗しない「自動車保険の節約術」 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.