初心者でも失敗しない自動車保険を節約する方法や選び方。賢い加入方法などをわかりやすく解説

初心者でも失敗しない「自動車保険の節約術」

車両保険

ぶつけてきた相手が自動車保険に加入していないケースでの対応策

更新日:

1.001
信号待ちで追突してきた相手が、
自動車保険に加入していなければ一体どうなるのでしょうか。

本来ならば、相手の対物保険にて全額負担してもらいたいところ。

でも、相手に支払い能力がなかったり、そもそも支払う意思がなかったりと、
こちらが真剣に保険のことを考えて加入しているのに
なんだか不毛にも感じますよね。

だからと言って、泣き寝入りする必要はありません。
あなたが加入している車両保険の中に「車両無過失事故特約」という、
便利な特約があるのです。

自分の車両保険を使うんかい!と突っ込んで頂く前に、
この特約のメリットを聞いたてくださいね!

ぶつけてきた相手が自動車保険に加入していないときに役に立つ車両保険

車両無過失事故特約ってなに?
一方的に追突された場合など、あなたに過失がないときに、継続契約の等級および事故有係数適用期間に影響することなく、車両保険金を受け取れます。

この特約のメリットは「継続契約の等級および事故有係数適用期間に影響することなく」という部分なのです。

保険を使用すると本当は3等級下がってしまい、次回の更新から保険料があがるんだけど、
「車両無過失事故特約」はノーカウント事故ですので迷ったら気にせず使用しましょう。

相手が無保険の場合でも注意が必要

ぶつけられた時点では「相手が自動車保険の加入の有無」なんて、
こちらにはわかりません。

事故を起こした、起こされたときの絶対に必要な対応策は、
相手の情報や車の情報を確認すること。

メモ
確認をせずに、相手が逃げしていったり、
相手の自動車や運転車(または所有)が確認できなかった場合には、
せっかくの車両保険金は請求できません。

事故があったらまず警察に届けることが大切なのですね。

もしあなたが車両保険に加入していなかったら

もしあなたが車両保険に加入していなかったらどう解決に導いていけばいいのでしょうか。
車両無過失事故特約」を使用するにも、車両保険に加入していなければ、
当然この特約は使用できません。

そういう場合には、あなた自身が直接弁護士などに依頼して、
相手に損害賠償を求めるしかないのです。

簡単に裁判裁判って言ったって、それにかかる費用はかるく20万から30万円はかかってしまいます。
その結果、満足した結果が得られなかったり、泣き寝入りしてしまうケースだってあるんですね。

特に被害者側が女性で、加害者側が男性のケースですと、
より顕著にその傾向は表れます。

男性の威圧的な態度や、色々な言い訳をされて諦めざる得ない
そんなケースだってあることを忘れないでくださいね。

まとめ:「安心という保険」を掛ける

確かに車両保険に加入すると、
自動車保険の節約にはならないのかもしれません。

でも車両保険に加入することは、
それ以上に「安心という保険」を掛けると言ってもいいかもしれませんね。

できるだけ事故を起こしたときのリスクを排除したいのであれば、
やはり車両保険の加入は必須でしょう。

またこの特約はほとんどの保険会社に「車両保険と自動セット」されているので、
追加料金などがなく、安心でしょう。
保険を使用しても3等級下がることがなく、ノーカウント事故である、
車両無過失事故特約。 なにかあったら是非活用してみましょう。

公道を走っているドライバーは、なにもあなたのように
保険の事を真剣に考えている人間だけではないですからね。


 

自動車保険を見直しするのに「一括見積もり」を使ってみました。

すると、全く同じ補償内容であるのにもかかわらず、保険料が35,600円も安くなりました。
 

「保険の窓口 インズウェブ」は、最大20社の保険会社の中から保険料の比較ができるサービスです。

たった5分で見積もりがとれて、もちろん手数料も無料なので安心です。
すでに、利用者も900万人に突破して保険料の節約に成功しています。

►►自動車保険の一括見積もりで保険料を比較してみる。

自動車保険一括見積もり

私は新車を購入するため、今まで乗っていたプリウスをディーラーに下取りをお願いしましたが、予想してたよりもはるかに低い査定額でした。

ですから、下取りは一旦保留にしてインターネットで「車一括査定」を申し込み、複数の業者から同時に査定してもらったところ、最大で234,000円の価格差がついたのです。

また、「概算金額」も先に教えてくれるので、自分の車の「相場価格」もかんたんに知ることができる。

提携会社である、50社以上の厳選された買い取り店の中で、最大の「10社」買い取り業者を使って同時に比較ができること。

それこそが一括査定のメリットであり、最大の強みになります。

►►45秒でできる、無料の「かんたん車査定」を見てみる。

  • この記事を書いた人

ニシザワ

元トヨタ系ディーラーの営業、保険代理店の営業を経て、現在はフリーランスのライター業をしています。 「自動車保険を少しでも節約したい!」とお考えの方のために、保険料を安くする方法をわかりやすく解説していきます。

-車両保険

Copyright© 初心者でも失敗しない「自動車保険の節約術」 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.