初心者でも失敗しない自動車保険を節約する方法や選び方。賢い加入方法などをわかりやすく解説

初心者でも失敗しない「自動車保険の節約術」

車両保険

ジムニーに車両保険を加入「する」「しない」どちらにするべきか。

投稿日:

「先日、スズキのジムニーを中古車で購入したのですが、車両保険に加入するべきか。

そんな相談を知人に持ちかけられました。

でもそんなの「ケースバイケースによる」としか答えようがありません。

なぜなら、その中古車の購入利用も色々とあって、

  • ファーストカーとして長期間乗るつもりなのか。
  • サブ、セカンドカーとして足代わりに使用するのか。
  • 安く買ったのか?それとも高いお金で買ったのか?
  • 支払いはローン?それとも現金一括?

とかで、加入の有無は変わるからです。

車両保険は「自損事故に対して補償」される保険なのは知っていると思いますが、深い内容になるとわからないという方は多いでしょう。

せっかく購入した中古車。
車両保険に加入「する」「しない」の明確な基準について解説します。

ジムニーの車両保険に加入するべきかどうか。

年式が新しくローンを支払っているなら車両保険は必須。

中古車として購入しローンを支払っている最中の場合には車両保険の加入は必須です。

なぜなら、事故を車両保険が使えなかったら現在支払っているローンに修理代までプラスされるからです。

ちなみに、ジムニーに乗っている違う友人が先日事故を起こした写真です(汗)

これだけで25万円〜30万円の修理費用が必要になるでしょう。

 

事故の修理代は損傷状態にもよりますが、安いものではありません。

たとえば、残り100万円のローン残債がある状態で大きな事故を起こすと、その修理費用がローンにプラスされそっくりそのままあなたに降り掛かってきます。

もちろん、それだけではありません。

フルカバータイプの車両保険に加入していれば、

  • 飛び石による事故
  • 当て逃げによる事故
  • 盗難による事故

など、不慮に起きた事故にも対応します。

車両保険は、泣き寝入りになりやすい事故でも修理費を補償し、あなたのジムニーの価値を維持してくれる非常に大切な保険なんです。

しかも、車両保険の万能さは修理内容だけにとどまりません。

たとえば、大きな事故を起こして修理代が膨らんでしまっても車両価格に応じた修理費用が支払われるので修理せずに保険料を受け取ることも可能。

事故代替といって、その保険代金で新しい車の頭金として使うことも可能なんですね。

関連記事
車両保険を使って「修理せずに保険金をもらう」ことはできるのか?

車に乗っていて事故を起こしてしまい、フロントバンパーを損傷させてしまった。 そこで、自動車保険に加入しているので、ディーラーにて見積もりをとってみると 新品のバンパー交換作業の見積もりを作ってもらいま ...

続きを見る

セカンドカーなら車両保険は必要なし

車両保険に加入したほうがいい一方で、事故が起きても修理するつもりがない。

もしくは、少しでもお金をかけたくないなら車両保険は必要ありません。

たとえば、セカンドカーとしてボロボロのジムニーを乗っている方。

また購入してから10年〜15年以上経過している古いジムニーに乗っている方などは、わざわざ車両保険に加入する必要はないでしょう。

あまりに年式が落ちたジムニーに乗っていると、車両保険をかけても意味はありません。

なぜなら自動車保険は車両価値で保険金額が決められるからです。

たとえば、新車のジムニーは最大で新車を購入できるぐらいの保険金額を設定することができます。

具体的には、」200万円以上の保険金額を掛けることも可能。

でも、古いJA11やJB23のジムニーは、どんなに愛着があったとしても車両価値が低いので高い保険金額が設定することができないのです。

たとえば、10万円の保険金額しか掛けられないジムニーで20万円の修理見積もりになっても保険会社からは10万円しか補償されません。

それだけではなく、残りの10万円はあなたが自己負担する必要があります。

せっかく加入している車両保険なのに、修理費用を負担できなければ加入している意味もありません。

そんなの、わざわざ高いお金を出して車両保険に加入する必要ないのですから。

まとめ:車両保険に加入してもしなくても保険料は安いほうがいい。

車両保険に加入すると保険料は高くなり、加入しなければ安くなるのは間違いありません。

でもいずれにせよ、保険料のベースは安いほうがいいに越したことないのです。

それならいっそのこと、保険会社で保険料を比較してみればいいのです。

たとえば、自動車保険の一括見積もりなら20社の保険会社をリアルタイムに見積もりをとるので、保険料金の差が一目瞭然です。

もちろん、車両保険の加入の有無や免責金額も選択できるので、複数のパターンの保険料を算出してもらい年間の保険料をみることもできます。

もちろんメガ損保といわれる代理店型保険会社はもちろん、保険料が大きく下がる通販型ダイレクト系保険会社も同時見積もりがとれるのでかんたんに比較することが可能になっているのです。

いずれにせよ、ジムニーの車両保険の加入の有無は、年間の保険料を見てからでも十分に間に合います。

まずは、色々な保険会社の保険料を比較してみるところから始めてみましょう。

しかも今ではロードサービスや事故対応にも差がないので、保険料だけで選んでもまったく問題ないですから。

 

自動車保険を見直しするのに「一括見積もり」を使ってみました。

すると、全く同じ補償内容であるのにもかかわらず、保険料が35,600円も安くなりました。
 

「保険の窓口 インズウェブ」は、最大20社の保険会社の中から保険料の比較ができるサービスです。

たった5分で見積もりがとれて、もちろん手数料も無料なので安心です。
すでに、利用者も900万人に突破して保険料の節約に成功しています。

►►自動車保険の一括見積もりで保険料を比較してみる。

自動車保険一括見積もり

私は新車を購入するため、今まで乗っていたプリウスをディーラーに下取りをお願いしましたが、予想してたよりもはるかに低い査定額でした。

ですから、下取りは一旦保留にしてインターネットで「車一括査定」を申し込み、複数の業者から同時に査定してもらったところ、最大で234,000円の価格差がついたのです。

また、「概算金額」も先に教えてくれるので、自分の車の「相場価格」もかんたんに知ることができる。

提携会社である、50社以上の厳選された買い取り店の中で、最大の「10社」買い取り業者を使って同時に比較ができること。

それこそが一括査定のメリットであり、最大の強みになります。

►►45秒でできる、無料の「かんたん車査定」を見てみる。

  • この記事を書いた人

ニシザワ

元トヨタ系ディーラーの営業、保険代理店の営業を経て、現在はフリーランスのライター業をしています。 「自動車保険を少しでも節約したい!」とお考えの方のために、保険料を安くする方法をわかりやすく解説していきます。

-車両保険

Copyright© 初心者でも失敗しない「自動車保険の節約術」 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.