初心者でも失敗しない自動車保険を節約する方法や選び方。賢い加入方法などをわかりやすく解説

初心者でも失敗しない「自動車保険の節約術」

ロードサービス

バッテリー上がりのトラブルはJAFよりも自動車保険を使うべき理由

更新日:

スクリーンショット 2016-05-21 07.46.08

一度はだれしもが経験していると思います。
車の「バッテリー上がり」のトラブル。
自宅の前や会社の前では、助けてくれるかたもいると思いますが、
必ずしも、そんなベストタイミングでトラブルが起きるわけじゃありません。

最悪の場合、ドライブ中の峠の頂上や、林道または車通りの少ない駐車場などでも、
突然、エンジンがかからなくなってしまうことだってあります。

そのような突発的なトラブルを解消するために、
JAFロードサービスなどがありますが、
自動車保険に加入していれば、ロードサービスが自動付帯されます。

このようにわざわざJAF会員にならなくても、
せっかく加入している自動車保険を有効に活用していきましょう。

ロードサービスのバッテリーの上がりついて

自動車保険のロードサービスの特徴

それでは、自動車保険に付帯されるロードサービスの特徴を説明していきましょう。
大きく分けて2つのポイントに絞られます。

✔CHECK1:ケーブルをつないでクイックチャージをしてくれる
バッテリー上がりを起こしてしまった場合には、ケーブルをつなぎエンジンを始動してもらえます。そのあとに簡易的な点検を行い充電関係に問題がなければ、そこで終了です。
✔CHECK2:バッテリー交換をしてくれる
ごく稀に、バッテリー寿命の限度が超えて交換が必要になる場合があります。そのような状態ではバッテリー交換を代行してくれます。もちろん無料なのは交換工賃だけで、バッテリー代はお客様の負担になります。
ロードサービスの出動理由の内訳は「バッテリー上がり」が1年間を通してぶっちぎりのNO.1です。駐車場でライトなどをうっかり消し忘れしたなども多いですが、最近では車中泊をする方が増えているのも原因のひとつですね。
JAF四輪出動理由トップ3
1位:バッテリー上がり
2位:タイヤのパンク
3位:キー閉じ込み

JAFロードサービスとの比較

自動車保険とJAFのロードサービスの違いを表にしてみました。
通販型では、事故対応NO.1のソニー損保、
代理店型では三井住友海上、JAFロードサービスの会員と非会員との違いです。

自動車保険(通販型)ロードサービス 自動車保険(代理店)ロードサービス JAFロードサービス
保険会社 ソニー損保 三井住友海上 JAF会員 JAF非会員
処置方法 バッテリーのジャンピング バッテリーのジャンピング
※保険期間中1回のみ
バッテリーのジャンピング バッテリーのジャンピング
料金 保険料に含む 保険料に含む 入会金2,000円
年会費4,000円
12,880円
備考 必要な場合、有料にてバッテリーの交換  ー 必要な場合、有料にてバッテリーの交換 救援に出動する車両の高速料金が別途かかります

処置内容は当然すべてバッテリーのジャンピングです。
バッテリー上がりはルームランプやヘッドライトの消し忘れなどが理由ですので、
ジャンピングさえしてしまえば、その後充電されバッテリーは復活するからです。

ですが、ごく稀にオルタネーター(ダイナモ)という発電機が故障している可能性もあります。
オルタネーターが故障してしまうと、本体を交換しない限り
充電される可能性はないので、そのままレッカー移動するしか方法はありません。

参考:突然車のメーターランプが点灯してエンジン停止!自動車保険のロードサービスを使う

バッテリー上がり程度なら、JAF会員になっていればすぐに解決はできますが、
レッカー移動ともなると距離(自動車保険は50kmまで無料、JAF会員は15kmまで無料)と
価格の差に大きな違いが生じてくるのでどちらを自動車保険のロードサービスを使用したほうがお得です。

バッテリー上がりは自分で解決できる

もしバッテリー上がりぐらいなら、
自分でクイックチャージなどを使用して対応してもいいでしょう。

最近のバッテリークイックチャージャーは、
リチウムイオン電池を使用しているので、充電時間が長く電池の消耗も少ない特徴があります。
また、非常に小型ですので持ち運びも簡単です。

ロードサービスにて、バッテリージャンプをしてくれますが、
やはり現地に来るまでの時間や手間を考えると、
一台積んでおくだけでも、安心感がまるで違います。

こちらのジャンプスタートは7,000円以下という
比較的安値で購入できるクイックチャージャーですのでおすすめです。

まとめ

バッテリーはあくまで電池ですので、寿命があることと、
人為的なミス、例えばヘッドライトやルームランプの消し忘れにより起こりやすい
車のトラブルです。

自分は絶対に大丈夫だ」という過信が、
トラブルを引き起こす可能性だってあるんです。

だからこそ、最低限自動車保険には加入しましょう!

大手の保険会社なら、
自動車保険とロードサービスは自動セットされるようになっています。
なので、オプションとして加入する必要はありません。

本来自動車保険はロードサービスのために加入する商品ではないのですが、
車を運転する以上は強制保険と言ってもいいでしょう。

もし、金額的に厳しいのなら分割払いやカード払いだって可能です。

また、自動車保険が安くなる比較サイトを使用することで、
数万円保険料に違いが出ることだって十分に可能ですからね。


 

自動車保険を見直しするのに「一括見積もり」を使ってみました。

すると、全く同じ補償内容であるのにもかかわらず、保険料が35,600円も安くなりました。
 

「保険の窓口 インズウェブ」は、最大20社の保険会社の中から保険料の比較ができるサービスです。

たった5分で見積もりがとれて、もちろん手数料も無料なので安心です。
すでに、利用者も900万人に突破して保険料の節約に成功しています。

►►自動車保険の一括見積もりで保険料を比較してみる。

自動車保険一括見積もり

私は新車を購入するため、今まで乗っていたプリウスをディーラーに下取りをお願いしましたが、予想してたよりもはるかに低い査定額でした。

ですから、下取りは一旦保留にしてインターネットで「車一括査定」を申し込み、複数の業者から同時に査定してもらったところ、最大で234,000円の価格差がついたのです。

また、「概算金額」も先に教えてくれるので、自分の車の「相場価格」もかんたんに知ることができる。

提携会社である、50社以上の厳選された買い取り店の中で、最大の「10社」買い取り業者を使って同時に比較ができること。

それこそが一括査定のメリットであり、最大の強みになります。

►►45秒でできる、無料の「かんたん車査定」を見てみる。

  • この記事を書いた人

ニシザワ

元トヨタ系ディーラーの営業、保険代理店の営業を経て、現在はフリーランスのライター業をしています。 「自動車保険を少しでも節約したい!」とお考えの方のために、保険料を安くする方法をわかりやすく解説していきます。

-ロードサービス

Copyright© 初心者でも失敗しない「自動車保険の節約術」 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.