初心者でも失敗しない自動車保険を節約する方法や選び方。賢い加入方法などをわかりやすく解説

初心者でも失敗しない「自動車保険の節約術」

自動車保険の使用例

ワイパー交換のミスでガラスにヒビが入った!車両保険は使えるの?

更新日:

IMG_4096

「フロントガラスのヒビ割れって車両保険使えるの?」

知り合いから突然、自動車保険の相談をされました。

フロントガラスでも、リヤガラスでも
車両保険を使用することは全く問題ありません。

「飛び石でも、飛んできたんですかー?」と訪ねてみたのですが、
知り合いの口調がどーも歯切れが悪い。

で、よくよく聞いてみると「ワイパーラバー」を交換したときに、
手が滑りワイパーアームがフロントガラスに「バチッ」と当たって
ヒビが入ったとのこと。

まあ、正直に言うとよくある話なのですが、
その辺りの保険のルールについて説明していきましょう。

ワイパーラバー交換失敗によるガラス破損

ワイパーアームがガラスに当たり、ヒビが入る

実際に見に行ってみると、このようにヒビが入っていました。

一見してみると「飛び石かなにか飛んできたのかな?」と一瞬思うかもしれませんが、
よくよく目を凝らして見てみよう。

IMG_4097

はいこれ。
ワイパーアームとガラスの損傷の位置がピッタリあっているんです。
矢印の先がガラスひび割れのスタート地点になっているんです。

つまり、飛び石による被害ではなく、
これワイパーラバーゴムの交換ミスによりワイパーアームが先端が当たり
破損して起きた、ガラスの損傷なんですよね。

IMG_4098
ワイパーアームと傷の位置を合わせてみればわかりますが、
見事に損傷箇所とガラスのヒビ割れが合致しています。

専門で自動車保険をやっている、
私の目は騙されませんよー!

IMG_4099

車両保険は使えるのか

そもそも友人がなにを相談してきたのかというと、
目的はただひとつ。

この状態で「車両保険を使ってガラスの交換をすることができるのか」ということなんですよね。しかも「飛来物として保険使えるのか?」という質問だったのです。

なぜなら、飛来物は1等級ダウン事故なのですが、
通常の車両保険なら3等級事故扱いになり、翌年の自動車保険の保険料が
大幅に上がるからです。

その質問に対する答えは、
厳密にはNGだけど、実際には飛来物としての対応してもらえます
つまり飛び石による事故として、報告しても問題はありません。

なぜなら、フロントガラス交換に保険屋さんは見に来ることはないですし、
実は保険屋さんもわかっているからです。なんせ事故のプロなのですから。

本来、自動車保険の考え方でいうと、
自分でやってしまったボディの傷は、
3等級を下げて、車両保険を使用して対応するしかありません。
でもそこは、大事な契約者さん。
飛び石による事故として、1等級ダウン事故にしているのです。

参考:自動車保険を節約するなら、保険料を決める「等級」を理解する!

ぶっちゃけていうと、ヒビの位置さえみれば保険会社のアジャスターもわかっています。フロントガラス交換するときには写真が必要になりますから。何千何万と事故の画像を検証しているので一目瞭然なんですよね。 ただ、暗黙的に許容しているんですよね。

飛来物事故としてガラス交換を実施

P1060209

あとは、保険会社に事故報告だけは忘れずにしておきましょう。
あとは修理工場を選び、ガラスを新品に交換するだけです。

なお、気をつけて欲しいポイントは、
車両保険に免責などを設定していのか注意すること。

ラッシュのフロントガラスの価格は新品で約12万円ぐらいです。
車両保険使用時に免責10万円などに設定していると、
あなたが10万円の負担をしなければなりません。

保険料の節約の為に、
免責を設定することはとても賢いやり方です。

参考:車両保険の「免責」とはなにか?またつけると保険料が安くなる理由

ですが、もし免責を設定しているなら、
車両保険を使うこと自体が、非常にもったいないので、
このようなケースでは、社外品や輸入品のガラスを利用して安く修理してしまおう。

修理金額12万
支払額 車両保険支払額 自己負担額
一般修理 0円 12万円
車両保険:免責5万円 7万円 5万円
車両保険:免責10万円 2万円 10万円
車両保険:免責0 12万円 0円

まとめ

IMG_4109

フロントガラスをワイパー交換のミスにより
割れてしまっても、保険を使用して修理しても問題はありません。

「大事なのは1等級ダウンか3等級ダウン事故」なのか?
だけなんですよね。

ごく稀に、ガチガチの保険会社の場合に、
指摘され3等級ダウン事故扱いになってしまうケースもありますが、
ほとんどのケースでは大丈夫でしょう。

でも、事故報告するときには「飛び石が飛んできた」と
言っておかないとダメですからね。

また、フロントガラスの場合には、
ガラスのヒビが広がるだけなので、錆びたりすることはありません。
もし車両保険に加入していない方は、これを機会に
できるだけ安い自動車保険に加入するのもひとつの作戦ですよ。
まずは、見積り依頼してみることから始めてみましょうね。


 

自動車保険を見直しするのに「一括見積もり」を使ってみました。

すると、全く同じ補償内容であるのにもかかわらず、保険料が35,600円も安くなりました。
 

「保険の窓口 インズウェブ」は、最大20社の保険会社の中から保険料の比較ができるサービスです。

たった5分で見積もりがとれて、もちろん手数料も無料なので安心です。
すでに、利用者も900万人に突破して保険料の節約に成功しています。

►►自動車保険の一括見積もりで保険料を比較してみる。

自動車保険一括見積もり

私は新車を購入するため、今まで乗っていたプリウスをディーラーに下取りをお願いしましたが、予想してたよりもはるかに低い査定額でした。

ですから、下取りは一旦保留にしてインターネットで「車一括査定」を申し込み、複数の業者から同時に査定してもらったところ、最大で234,000円の価格差がついたのです。

また、「概算金額」も先に教えてくれるので、自分の車の「相場価格」もかんたんに知ることができる。

提携会社である、50社以上の厳選された買い取り店の中で、最大の「10社」買い取り業者を使って同時に比較ができること。

それこそが一括査定のメリットであり、最大の強みになります。

►►45秒でできる、無料の「かんたん車査定」を見てみる。

  • この記事を書いた人

ニシザワ

元トヨタ系ディーラーの営業、保険代理店の営業を経て、現在はフリーランスのライター業をしています。 「自動車保険を少しでも節約したい!」とお考えの方のために、保険料を安くする方法をわかりやすく解説していきます。

-自動車保険の使用例

Copyright© 初心者でも失敗しない「自動車保険の節約術」 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.