初心者でも失敗しない自動車保険を節約する方法や選び方。賢い加入方法などをわかりやすく解説

初心者でも失敗しない「自動車保険の節約術」

自動車保険の疑問

自動車保険の契約期間中に、他社に切り替えすると得をする?損をする?

更新日:

bento
自動車保険の契約期間中に他社に乗換することは可能なのでしょうか。
そして、途中で乗り換えすることにメリットはあるのでしょうか?

今支払っている保険料が高いので、できるだけ安いといわれている「通販型自動車保険」に
乗り換えを検討中です。
途中で解約して乗り換えをする場合と、満期まで待って乗り換えをする方法。
どちらが自動車保険を「よりお得に運用できる」のか説明します。

契約期間中に他社に乗換することは可能?

09-013
契約している間に他社に乗換をすることは「可能」です。
契約した1ヶ月後であろうが、半年後であろうが構いません。

もちろん満期を待たずに「他社に乗り換る」ので、
手続きは全部自分でおこなう必要があります。

だが、自動車保険を契約期間中に切り替えするメリットは実はあまりありません。
いや、むしろデメリットのほうが多くなるのです。

保険料は戻ってくるけど「損をする」

まず、保険を中途切り替えした場合には、
今かかっている損保会社を他社に変更するために、
保険料の支払い先を変更しなければなりません。

もし現在かけている保険会社への
保険料を一括払いをしていた場合には「解約返戻金」といって、
一括払いにしていた保険料が戻ってくるのです。

ただ、保険料は納めた金額が全て戻ってくるわけではなく、
ほとんどのケースでは損をします。

これはあくまで「一括払い」をしたケースになります。分割払いなら途中で切り替えした月が支払いの最終月になります。

参考自動車保険を解約すると保険料が戻ってくる「解約返戻金」の仕組み

また、保険料の戻る金額が少ないだけではありません。

自動車保険を節約するための、もっとも大きなウエイトを占める
等級のあがりも遅れてしまうのです。

等級の進みがわるくなる

保険料の戻る金額が「短期料率」によって減るだけではありません。
自動車保険を途中で他社に乗換すると等級のあがりが遅れます。

通常、無事故で自動車保険を更新した場合には、
翌年には等級がひとつあがります。

例えば、1月1日に10等級だった方が、翌年の1月1日に満期で更新した場合
等級がひとつあがって11等級になるのですが、

仮に、半年後の7月1日に他社に中途切り替えをした場合には、
翌年の7月1日まで等級があがるのを待たなければなりません。

例1:満期を待たずに自動車保険を他社に乗り換えたケース。

1月1日 7月1日 翌年1月1日 翌年7月1日
満期で乗りかえ A社
(10等級)
B社
(11等級)
中途切り替え A社
(10等級)
B社
(10等級)
B社
(11等級)
[fukidasi title="" back_color="pink" avatar="https://car-hoken.net/wp-content/uploads/2015/12/089850-e1448932357335.png"]満期を待たずに他社に移動したため、等級の進みが「半年間」遅れることになります。
[/speech_bubble] ただ、「保険期間通算特則」といって、
満期を待たずに中途切り替えをしてしまった場合でも、
等級がしっかりとあがる保険会社もあるので注意しましょう。
参考自動車保険を途中で切り替えても「等級」に影響しない制度がある?

例2:満期を待たずに自動車保険を他社に乗り換えをしたが「保険期間通算特則」が適応された場合。

1月1日 7月1日 翌年1月1日 翌年7月1日
満期で乗りかえ A社
(10等級)
B社
(11等級)
中途切り替え A社
(10等級)
B社
(10等級)
B社
(11等級)

保険期間通算特則は有名な保険会社では「損保ジャパン日本興亜」が実施している
一例なのですが、このような場合では他社に乗換しても損をすることはないですね。

ほとんどのケースでは、損をする。

自動車保険料を抑えるはずでおこなったはずの、契約期間での「中途切り替え」が
かえって損をしてしまう可能性があることがわかってくれましたか?

  • 差額の返金はあるが、戻ってくるお金は少なくなる
  • 等級の進みが悪くなるので、保険料節約の妨げになる
  • 年間保険料金は節約できるかもしれないが、全額返金ではないのであまり意味がない

このように、現時点ではメリットよりもデメリットのほうが
多いのが特徴です。

それなら、他社に乗換は満期までしっかりと待ってからでも遅くはないと思います。

「事故対応が悪い」「自分に必要な特約などが他社商品にあった」など、
特別な理由がなければ、適切なタイミングで自動車保険を乗り換えしよう。

ただあくまで切り替えをした場合の話であって、
保険料の見積もりだけは、事前にしっかりととっておきましょう。


 

自動車保険を見直しするのに「一括見積もり」を使ってみました。

すると、全く同じ補償内容であるのにもかかわらず、保険料が35,600円も安くなりました。
 

「保険の窓口 インズウェブ」は、最大20社の保険会社の中から保険料の比較ができるサービスです。

たった5分で見積もりがとれて、もちろん手数料も無料なので安心です。
すでに、利用者も900万人に突破して保険料の節約に成功しています。

►►自動車保険の一括見積もりで保険料を比較してみる。

自動車保険一括見積もり

私は新車を購入するため、今まで乗っていたプリウスをディーラーに下取りをお願いしましたが、予想してたよりもはるかに低い査定額でした。

ですから、下取りは一旦保留にしてインターネットで「車一括査定」を申し込み、複数の業者から同時に査定してもらったところ、最大で234,000円の価格差がついたのです。

また、「概算金額」も先に教えてくれるので、自分の車の「相場価格」もかんたんに知ることができる。

提携会社である、50社以上の厳選された買い取り店の中で、最大の「10社」買い取り業者を使って同時に比較ができること。

それこそが一括査定のメリットであり、最大の強みになります。

►►45秒でできる、無料の「かんたん車査定」を見てみる。

  • この記事を書いた人

ニシザワ

元トヨタ系ディーラーの営業、保険代理店の営業を経て、現在はフリーランスのライター業をしています。 「自動車保険を少しでも節約したい!」とお考えの方のために、保険料を安くする方法をわかりやすく解説していきます。

-自動車保険の疑問

Copyright© 初心者でも失敗しない「自動車保険の節約術」 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.