初心者でも失敗しない自動車保険を節約する方法や選び方。賢い加入方法などをわかりやすく解説

初心者でも失敗しない「自動車保険の節約術」

保険料を節約する

運転するドライバーを決めて「限定する」と保険料はもっと安くなる。

更新日:

名称未設定.001

運転者限定とは一体どんな意味があるの?
運転者限定とは、自動車保険の「運転する人間」を限定することで補償範囲を狭め、その代わりに保険料金を割引する制度のことを言います。

自動車保険の料金の負担を少しでも減らしたいのなら、
契約車を運転するドライバーを限定」することが必要です。
限定すればするほど保険料金の節約ができるので積極的に取り入れていきましょう。

 

リスクを恐れるあまりに、補償範囲を広くしすぎると
無駄なお金を払うだけですので、はっきり言ってお金の無駄です。
その車は誰が乗るのか?」を徹底的に考えて、できるだけ絞り込むことが
必要ですからね。

自動車保険の節約に役立つ運転者限定とはなにか?

運転するドライバーが決まっていれば、運転する人数も減るので、事故を起こすリスクも同時に減ります。事故が減ることで損保会社も保険料金を割引してくれるのです。

では運転者限定はどういったカテゴリーでわけられているのでしょう。

運転者限定の範囲

それぞれの損保会社で運転者の範囲については違いはありますが、
大体はこのような形になっています。
運転者限定.001

運転者限定の区分 運転できる人
本人 契約者本人のみ。
本人・夫婦限定 契約者本人とその配偶者
本人・家族限定 契約者本人とその配偶者、同居の親族と別居の未婚の子供
限定なし 契約者本人とその家族、また友人や知人を含むすべて。

当然保険料金が安くなるのは、
本人>>本人・配偶者>>本人・家族限定>>限定なしという順番です。

大体の損保会社でもこのような設定をされています。
インターネットでの大手サイト、ソニー損保や代理店型の損保会社でも運転者限定は設定をされています。

通販型:ソニー損保の場合

補償される運転者の範囲 割引率
本人のみ 7%
本人または配偶者 6%
本人配偶者とその家族 1%
限定なし 0%

代理店型:あいおいニッセイ損保の場合

補償される運転者の範囲 割引率
本人または配偶者 7%
本人配偶者とその家族 3%
限定なし 0%

このように損保会社で割引率に微妙な変化はあるのですが、
補償範囲を明確に決めることで、年間保険料金から割引を受けることができます。

もちろん20等級で割引が進んでいるベテランドライバーさんには、
そこまで大きな恩恵を受けることができないかもしれません。

ですが、保険料がまだまだ高い、若いドライバーさんなどは、
「6%」や「7%」は大きな割引率ではないでしょうか?
年間保険料金を「15万円程度払っている」ドライバーさんの場合には、
年間で約1万円割引が可能になります。

自分の環境に合わせて、「運転者限定」を上手に活用していきましょう。

子供が小さいうちは「夫婦限定」にしておくのがベスト!

小さな子供がいる家庭では運転者が、
「夫婦」しか車に乗らないという方が多いのではないでしょうか?

そのようなケースでは「本人配偶者限定」にしておくのが
最良の方法です。

インターネットを上手に活用できる若い夫婦の大半は、
この「本人配偶者限定」を利用しています。

「友人も乗るかもしれない」といって、
運転者限定なしで契約している方も、ときどきいますが、
はっきり言って、無駄なお金を払っているだけです。

そもそも友人が事故を起こした場合には、
友人の自動車保険にである「他車運転特約」を使用すればいいだけですし、
保険会社に問い合わせをすれば、
使用する月だけ日割り計算にて「夫婦限定」を外すことも可能です。

なので、基本的に夫婦でしか運転しないのであれば、
補償範囲を絞って割引制度の恩恵を受けるようにしましょうね。

また、もちろん車が大きすぎて「奥様」が乗られないというのなら、
本人限定にすると割引率が増えることになります。
家庭に事情や、車の条件で多少ずれたりはしますが、

少しでも掛け捨て保険である「保険料金」を削り、固定費を抑えることで、
自動車保険を上手に活用していきましょう。


 

自動車保険を見直しするのに「一括見積もり」を使ってみました。

すると、全く同じ補償内容であるのにもかかわらず、保険料が35,600円も安くなりました。
 

「保険の窓口 インズウェブ」は、最大20社の保険会社の中から保険料の比較ができるサービスです。

たった5分で見積もりがとれて、もちろん手数料も無料なので安心です。
すでに、利用者も900万人に突破して保険料の節約に成功しています。

►►自動車保険の一括見積もりで保険料を比較してみる。

自動車保険一括見積もり

私は新車を購入するため、今まで乗っていたプリウスをディーラーに下取りをお願いしましたが、予想してたよりもはるかに低い査定額でした。

ですから、下取りは一旦保留にしてインターネットで「車一括査定」を申し込み、複数の業者から同時に査定してもらったところ、最大で234,000円の価格差がついたのです。

また、「概算金額」も先に教えてくれるので、自分の車の「相場価格」もかんたんに知ることができる。

提携会社である、50社以上の厳選された買い取り店の中で、最大の「10社」買い取り業者を使って同時に比較ができること。

それこそが一括査定のメリットであり、最大の強みになります。

►►45秒でできる、無料の「かんたん車査定」を見てみる。

  • この記事を書いた人

ニシザワ

元トヨタ系ディーラーの営業、保険代理店の営業を経て、現在はフリーランスのライター業をしています。 「自動車保険を少しでも節約したい!」とお考えの方のために、保険料を安くする方法をわかりやすく解説していきます。

-保険料を節約する

Copyright© 初心者でも失敗しない「自動車保険の節約術」 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.