初心者でも失敗しない自動車保険を節約する方法や選び方。賢い加入方法などをわかりやすく解説

初心者でも失敗しない「自動車保険の節約術」

自動車保険の使用例

天井(ルーフパネル)に傷がついたら修理費用はどれぐらい!?

投稿日:

「プリウスの天井(ルーフパネル)に傷をつけてしまった!」と知り合いから連絡がきました。

傷の原因は、高さのない駐車場に入ったところルーフパネル全体を擦ってしまったようです(そんな低い駐車場があることに驚きましたが)

そもそもルーフの損傷は、落石・落雪、また雹など自然災害しか起こらないような珍しい事故になります。

このように、広範囲に傷が広がってしまったルーフパネルの修理費用はどれぐらい必要になるのでしょう。

もちろん車種やボディカラーによって料金体系は違ってくると思いますが、今回はトヨタのハイブリッドカーである「プリウス」を例に紹介します。

もちろん修理見積もり額によっては、自動車保険を使うことも視野に入れているのでどんな種類の保険が対応できるのかについても詳しく解説しましょう。

プリウスの天井(ルーフ)に傷がついたら修理費用はどれぐらい!?

ルーフパネルの修理見積もり額で10万円を超える

プリウスのルーフパネルの修理見積もりは約12万円。

今回のように、全体的にパネルが損傷しているとそれだけ修理する範囲も広いから。

作業工程は比較的単純。

天井のアンテナポールと土台を外しマスキングテープで囲って、傷を修正・そしてルーフパネル1枚塗装するという作業工程になります。

もちろん傷の状態などにより作業工程に変化はします。

たとえば、ルーフパネルの前側に傷があればフロントガラスを脱着しなければなりません。

また、パネルの凹みが酷ければ最悪、交換に至るケースもあります。

いずれにしても、今回のような傷が広範囲に広がっているのような損傷であれば、修理費用は最低でも8~12万円程度かかると思っていればいいでしょう。

ルーフパネルの損傷は車両保険が使える。

10万円以上の修理費用がかかるなら、「車両保険」の使用も検討する必要があります。

使える自動車保険は「一般型の車両保険」のみ。

出典:ソニー損保

一般型とは事故をフルカバーできる車両保険のことで、エコノミータイプよりも修理できる内容が多くあります。

関連記事
保険料を節約するなら!一般車両保険とエコノミー型の車両保険の違いを覚えよう!

事故を起こしたときに使用する自動車保険の中でも、自分の車を修理する補償があるのが「車両保険」ですよね。 ただ、事故を起こしてしまった方も「自分は車両保険に入っているのか?」など、事故を起こしたケースで ...

続きを見る

 

ソニー損保の事故の例で「電柱との衝突」と書いていますが、これは「自損事故」であるという意味であり、駐車場でも自宅の壁でもすべて一緒。

一般型車両保険の場合は、キズがついた場所を正直に保険会社に事故報告すれば、あまり問題になりません。
いつ頃ついた傷かもわからないけど、見つけたので車両保険を使って修理をお願いしたい』と言ってくれれば大丈夫です。

もちろん同じルーフパネルの損傷でも、飛来物またや落下中による衝突であればエコノミータイプの車両保険でも適用ができますが、今回はあくまで駐車場の屋根に擦ったことによる事故です。

同じルーフの傷でも、事故の種類によって車両保険が適用されるか、それともされないか変わってくるので注意しましょう。

あと当たり前ですが、エコノミータイプにしか加入していないのにも関わらず、虚偽の報告をしてはいけません。

たとえば、自分の運転ミスで擦ったのに「何か物が落下して傷がついてしまった」など嘘の報告をしても保険会社の事故担当員に調査されます。

事故担当員であるアジャスターは、事故報告の内容と、現車の損傷状態の因果関係が成り立っているのかしっかり確認します。

事故報告の中に嘘が見つかれば大きなコンプライアンス違反にもなり、保険自体が使えないばかりか、最悪契約の打ち切りとなる可能性もあります。

もちろん車両保険を使うと等級が3つ下がるので、翌年の保険料が高くなる可能性があります。
そのあたり、高くなる保険料と修理費用の比較は保険会社に問い合わせしておきましょう!

まとめ

ルーフパネル(屋根)の損傷は、フロントやバックパネルの損傷よりも非常に珍しいタイプの事故になります。

大きな凹みなどがなければ、パネルの交換をする必要がなく修理し塗装することで綺麗に復元します。

しかし、ルーフパネルが損傷すると修理範囲は広がり、それに伴って修理費用も高騰する可能性があります。

自腹で支払いをしたくない、また愛車を大切に乗りたいのならやはり車両保険の加入は必要です。

車両保険は加入すれば年間の保険料は高くなりますが、そこでおすすめなのが通販型タイプの保険会社を選ぶこと。
とくにネットから申し込めばすぐに保険料を比較できる自動車保険一括見積もりを利用すると、自分の予算に見合った保険会社がきっと見つかります。

 
補償範囲を広げても、保険料を安くすることで出費を少しでも抑えることができますからね。


 

自動車保険を見直しするのに「一括見積もり」を使ってみました。

すると、全く同じ補償内容であるのにもかかわらず、保険料が35,600円も安くなりました。
 

「保険の窓口 インズウェブ」は、最大20社の保険会社の中から保険料の比較ができるサービスです。

たった5分で見積もりがとれて、もちろん手数料も無料なので安心です。
すでに、利用者も900万人に突破して保険料の節約に成功しています。

►►自動車保険の一括見積もりで保険料を比較してみる。

自動車保険一括見積もり

私は新車を購入するため、今まで乗っていたプリウスをディーラーに下取りをお願いしましたが、予想してたよりもはるかに低い査定額でした。

ですから、下取りは一旦保留にしてインターネットで「車一括査定」を申し込み、複数の業者から同時に査定してもらったところ、最大で234,000円の価格差がついたのです。

また、「概算金額」も先に教えてくれるので、自分の車の「相場価格」もかんたんに知ることができる。

提携会社である、50社以上の厳選された買い取り店の中で、最大の「10社」買い取り業者を使って同時に比較ができること。

それこそが一括査定のメリットであり、最大の強みになります。

►►45秒でできる、無料の「かんたん車査定」を見てみる。

  • この記事を書いた人

ニシザワ

元トヨタ系ディーラーの営業、保険代理店の営業を経て、現在はフリーランスのライター業をしています。 「自動車保険を少しでも節約したい!」とお考えの方のために、保険料を安くする方法をわかりやすく解説していきます。

-自動車保険の使用例

Copyright© 初心者でも失敗しない「自動車保険の節約術」 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.