初心者でも失敗しない自動車保険を節約する方法や選び方。賢い加入方法などをわかりやすく解説

初心者でも失敗しない「自動車保険の節約術」

事故のトラブル

前の車から落ちてきた固い雪(氷)の塊で損傷した!補償するのは誰?

更新日:

スクリーンショット 2017-02-20 20.33.20

冬、雪の中での運転では様々なトラブルが存在します。
そのなかでも、一般道路や高速道路を走っているとトラックや大型SUV車などかか、硬そうな雪の塊が飛んで来ることがあります。

そんな雪の塊にぶつかりそうになり、慌てて避けることができたドライバーさんから、このような質問を受けました。

ユーザー
大雪の日など、高速道路を走っていると前の車から硬そうな雪の塊が落ちて私のほうをめがけて飛んできます。
もし、この雪にぶつかって車が壊れてしまった場合、誰が責任をとるのでしょうか。
私?それとも運転しているドライバーさん?その部分がいまいち理解できません。

 

このように、万が一雪が当たって損傷した場合、雪を落とした張本人ならぬ車に損害賠償請求ができるものなのか。

このように雪が固まることにより、氷になってしまうこともあるので気になるところ。

そのあたりの疑問について解説していきましょう。

前の車から落ちた雪(氷)で損傷した!補償は誰がするの!?

特定できれば損害賠償請求はできる

ニシザワ
落雪はトラックなどでよく例にある、落下物として対処される事故です。
基本的な責任は「雪を落とした車両側にあります
特定さえできれば、損害賠償することが十分に可能なんですが、実はこの特定させるのが非常に難しい事故なんです。。

 

ただし、事故対応については、当事者同士が保険会社を通じて話し合いを行う必要があり、個別に対応するしかなくこのようなケースでは、問題は長期化するかもしれません。

保険会社でも珍しい「案件」になる。

私は、過去にこのような事例がないのか、実際に保険会社に連絡をとってみました。

ニシザワ
前の車から雪や氷の塊が落ちてきて、後続車にぶつかってしまい損害が出てしまったら、任意保険の対応となりますか?
過去今までに、このような事例の事故ってありましたか?

 

大手保険会社担当者
まず、当社ではこのような落雪のよる車両の損害という実例はありませんでした。

なぜなら、走っていて前の車から雪が落ちてくることはありますが、車が損害するほと大きな雪の塊がぶつかることはごく稀だからで、
しかも、冬道の運転では、どの車も車間距離がしっかりと開いているので、落雪したとしても、ぶつかる前にバラバラに砕けてしまう可能性も高いからです。

 

大手保険会社担当者
また、これはケースにもよりますが、もし故意により後ろの車に損害を与えるような行為は、損害賠償を請求することもでききますが、実際落雪した場合には「わざとではない、不可抗力」と判断されることが非常に多く損害賠償請求ができない可能性が高いと言えます。

つまり、落雪による損害を確実に実証するのは難しいことと、不可抗力といってしまうと損害賠償が請求できない可能性のほうが高いのです。

もしそれでも、このような運の悪い事故に遭遇しないために、最低限できることと言えばどのような対策方法があるのでしょうか。

ドライブレコーダーを装着しよう

IMG_6702

確かに、前に走っていた車から落ちた雪の塊が落ちてきて、自分の車にぶつかったとしても実証は難しいですよね。

相手のドライバーにその事実を伝えたとしても、そもそも実感がないし「身に覚えがない」と言われる可能性が高いです。

とはいえ、黙って指をくわえて泣き寝入りするのも腹ただしいので、それならせめて、走っている前の車を記録するドライブレコーダーだけでも最低限装備しておきましょう。

ドライブレコーダーで記録されるだけで、事故の状況証拠となる可能性があります。

また、前の車のナンバーなども映っていれば、そのまま逃げられたとしても問題はありませんん。

このように最低限の装備すらしていなかったら、請求できず自分の車の車両保険を使って修理するしか方法はなくなってしまうのです。

まとめ

一般道でも、高速道路でも、もし前の車から雪の塊が落ちてきて、バンパーやボンネットが損傷してしまった場合には、

  • 相手の車が特定できれば損害賠償は可能だが、すごく難しい。
  • もし特定できなければ、自分の車両保険を使う必要がある
  • 事故トラブル防止のためにも、ドライブレコーダーの装着は絶対に必要

前の車から落ちてくる雪の塊だけではありません。

そもそも冬期公道を走っていると、スリップしてガードレールにぶつけたり追突されたりと、それこそ様々な事故の危険性が潜んでいます。

そのような運の悪い事故に遭遇しないためにも、車間距離を大きく開けるような運転を心がけましょう。

スリップしやすい路面状況では、自損事故も珍しくありません。
ぶつかった車をしっかりと元の状態に治すためにも、車両保険だけはしっかりと加入しておきましょう。

「え?車両保険が高いから加入することができない!?」 それならまず通販型自動車保険も含めてまず見積もりをとってみてください。
きっと今の保険料金よりも安くなるはずですから笑。


 

自動車保険を見直しするのに「一括見積もり」を使ってみました。

すると、全く同じ補償内容であるのにもかかわらず、保険料が35,600円も安くなりました。
 

「保険の窓口 インズウェブ」は、最大20社の保険会社の中から保険料の比較ができるサービスです。

たった5分で見積もりがとれて、もちろん手数料も無料なので安心です。
すでに、利用者も900万人に突破して保険料の節約に成功しています。

►►自動車保険の一括見積もりで保険料を比較してみる。

自動車保険一括見積もり

私は新車を購入するため、今まで乗っていたプリウスをディーラーに下取りをお願いしましたが、予想してたよりもはるかに低い査定額でした。

ですから、下取りは一旦保留にしてインターネットで「車一括査定」を申し込み、複数の業者から同時に査定してもらったところ、最大で234,000円の価格差がついたのです。

また、「概算金額」も先に教えてくれるので、自分の車の「相場価格」もかんたんに知ることができる。

提携会社である、50社以上の厳選された買い取り店の中で、最大の「10社」買い取り業者を使って同時に比較ができること。

それこそが一括査定のメリットであり、最大の強みになります。

►►45秒でできる、無料の「かんたん車査定」を見てみる。

  • この記事を書いた人

ニシザワ

元トヨタ系ディーラーの営業、保険代理店の営業を経て、現在はフリーランスのライター業をしています。 「自動車保険を少しでも節約したい!」とお考えの方のために、保険料を安くする方法をわかりやすく解説していきます。

-事故のトラブル

Copyright© 初心者でも失敗しない「自動車保険の節約術」 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.