初心者でも失敗しない自動車保険を節約する方法や選び方。賢い加入方法などをわかりやすく解説

初心者でも失敗しない「自動車保険の節約術」

自動車保険の基礎知識

1等級になってしまった!保険を使い続けると損保会社に拒否される。

更新日:

bf81abaf65aa92c4150e7c55ebe68a3b_m
事故を起こして保険を使うと、自分でお金を手出しする必要がありません。

だからと言って、それに甘えて保険を使い続けてしまうと、
その代償として、等級がどんどん下がってしまい
次回更新時に保険料が跳ね上がってしまいます。

保険の使用するかどうかの取捨選択をしっかりとできるようになりたいですよね。

事故で保険を使い続けると、保険会社から契約を拒否される

今年のはじめには、自分の等級は7等級でした。

それが、2度の事故を起こしてしまいその両方とも保険を使ってしまったら
1等級になってしました。

保険は1回の使用で3等級下がってしまうので、

1回目の事故:7等級→3等級ダウン事故=4等級
2回目の事故:4等級→3等級ダウン事故=1等級

1等級から5等級をデメリット等級と呼んだりするのですが、
1等級になってしまうと、次回の保険料が上がるだけではなく、
最悪保険会社から契約を拒否されてしまうケースだってあるのです。

1等級になっていると契約を拒否される

1等級になってしまうと「保険会社」から受け入れを拒否されてしまいます。

そうなると民間の保険会社に加入することができなくなってしまい、
最悪の場合、車が乗られなくなってしまいます。

その中でもソニー損保に関しは、
1等級の場合には対物のみ無制限」でかけることができるという、
回答を得ることができました。

ただ、その契約も年齢や車によっても変化してくるので、
絶対というわけではありません。

さらにその状態で再度、自動車保険を使用することになってしまったら、
ついには、ブラックリスト入りすることにもなるでしょう。

ブラックリストに入ってしまうと、
各保険会社にあなたの情報が共有されてしまう可能性があるので、
さらに保険を加入することが難しくなってしまいます。

そうなると、自動車保険に加入するよりは、
一旦忘れて、車に乗ることを自粛することがいいのかもしれませんね。

車を乗らないで我慢することも必要が

もし仮に1等級になってしまい、保険会社から契約を拒否されるになったら
13ヶ月間車の運転を控えることで、
等級がリセットされてまた6等級から再スタート切り直すことができます。
参考保険の等級リセット方法!1等級になっても約1年間我慢する。

約1年間、保険に未加入でも、なんとかバスや地下鉄などの公共の交通機関をしたり、
自転車を使用したり、家族に送迎してもらうなど車の運転を我慢することができれば、
もう一度、保険に加入してやり直すことができるのです。

後先のことをなにも考えずに保険を使い続けてしまうと、
このような事態になる恐れがあるので、
保険の使うのかどうかの判断は、しっかりと考える必要があるということを
忘れないようにしましょう。

保険を使うのか、使わないのか判断をする

なによりも大切なことは1等級まで下がらせないというよりも、
まず「事故を起こさないこと」これが大前提になります。

やはり1年間で数回事故を起こしてしまう、
運転のほうにも問題があるでしょう。

そうはいっても、もし仮に事故を起こしてしまった場合には、
その「修理金額で保険を使用する必要はあるのか?」と
問いかけをする必要があります。

例えば、車をぶつけてフロントのバンパー交換した場合、
修理代金は5万円から7万円です。

高く見積もってみても10万円までになることはほとんどありません。

そのような安い修理代金で保険を使用しても、
修理代金よりも上がってしまう保険料のほうが、
トータルで高くなってしまう可能性もあります。

バンパー修理代金6万円<<3年間の保険料の値上がり8万円

このように無駄な保険料を支払うよりも「使う必要があるのかどうか」
を自分でしっかりと取捨選択ができるのか?
判断に悩む場合には、保険会社に問い合わせすることで、
正しい判断をする必要があるでしょうね。


 

自動車保険を見直しするのに「一括見積もり」を使ってみました。

すると、全く同じ補償内容であるのにもかかわらず、保険料が35,600円も安くなりました。
 

「保険の窓口 インズウェブ」は、最大20社の保険会社の中から保険料の比較ができるサービスです。

たった5分で見積もりがとれて、もちろん手数料も無料なので安心です。
すでに、利用者も900万人に突破して保険料の節約に成功しています。

►►自動車保険の一括見積もりで保険料を比較してみる。

自動車保険一括見積もり

私は新車を購入するため、今まで乗っていたプリウスをディーラーに下取りをお願いしましたが、予想してたよりもはるかに低い査定額でした。

ですから、下取りは一旦保留にしてインターネットで「車一括査定」を申し込み、複数の業者から同時に査定してもらったところ、最大で234,000円の価格差がついたのです。

また、「概算金額」も先に教えてくれるので、自分の車の「相場価格」もかんたんに知ることができる。

提携会社である、50社以上の厳選された買い取り店の中で、最大の「10社」買い取り業者を使って同時に比較ができること。

それこそが一括査定のメリットであり、最大の強みになります。

►►45秒でできる、無料の「かんたん車査定」を見てみる。

  • この記事を書いた人

ニシザワ

元トヨタ系ディーラーの営業、保険代理店の営業を経て、現在はフリーランスのライター業をしています。 「自動車保険を少しでも節約したい!」とお考えの方のために、保険料を安くする方法をわかりやすく解説していきます。

-自動車保険の基礎知識

Copyright© 初心者でも失敗しない「自動車保険の節約術」 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.