初心者でも失敗しない自動車保険を節約する方法や選び方。賢い加入方法などをわかりやすく解説

初心者でも失敗しない「自動車保険の節約術」

車両保険

農道・林道を走ることが多くても車両保険に加入する理由

投稿日:

農道や林道など、劣悪な環境で車に乗る機会が多いのですが、やはり車両保険には加入するべきなのか?

最近、車を購入した知人からこのような質問をされました。

どんな農道や林道にもよりますが、どうやら知人は農道や林道のような、砂利道が多く人があまり走らない道路は公道じゃないという認識があったようなんですよね。

農道・林道を走ることが多くても車両保険に加入する理由

林道や農道でも自動車保険は使える。

私仕事柄、林道や農道を走行することが多いのですが、公道以外での事故でもし仮に人を死傷させた場合どうなるんですか?
勘違いされる方が多いのですが、林道や農道など車が走行可能な道路で事故を起こしても保険は普通におります。
レースやスタントなど、閉鎖された空間での競技等、危険を伴う場合はさすがにNGですけどね。

もちろん飲酒、薬物をやってたり、常軌を逸したスピード(林道で100kmとか)なら危険行為と見なされて無理かもしれませんが、常識の範囲内の事故なら保険が適用されます。

また、鍵がないと入れないような、誰か他の方の私有地などでは保険は適用外になります(まあほとんどそんなところで走らせることはないと思いますが)

さらには、一部ジムニーマニアに多い、オフロードで横転した場合は、公道じゃないですし、危険行為に当たるので当然保険適用外になりますからね。

農道・林道を走るなら事故の可能性は高くなる。

農道や林道は、通常の公道とは違い、自損事故を起こしてしまう可能性が高くなる場合があります。

なぜなら、交通量がそもそも少ないので、ついついスピードを出してしまいがちになるから。

また、一般道とは違って雨や雪の影響をモロに受けてしまう場合があるので、タイヤの状態が悪かったりしたら速攻でスリップ事故につながります。

車両保険は加入しておこう!

最近も、林道にて走行中に事故を起こした車が入庫してきました。

車はトヨタのラッシュで、雨の日に農道を走っていたとき、思わずスリップしたとのこと。

フロント側から大木に正面衝突をして、大きな事故になりました。

ただ、幸いにも車両保険に加入していたおかげで、保険会社に対して修理費用の請求ができました。

まあ写真で見たとおり、損害状況がひどく修理費用が高額になってしまったので修理費用だけ保険請求をして新しい中古車を購入しましたが、これがもし車両保険に加入していなければ、修理費用すべて自己負担をするしかなかったのですから。

走る頻度や距離などで多少状況は違うと思いますが、林道や農道を走る機会が多いのなら、やはり一般型の車両保険には加入しておくべきでしょう。

まとめ

林道や農道を一般道じゃないと勘違いしていると思いますが、

私有地じゃない限り「農道・林道=一般道」です。

ですから、鍵を開けて入ったりすることのない特殊な状況じゃない限り、どこで事故を起こしても保険の適用が可能です。

しかも砂利道などを走行する機会が多くなると、フロントガラスやフロントバンパー、ボンネットなど飛び石被害にもつながります。

車両保険は保険料がネックになりますが、自動車保険一括見積もりなどで、保険料を比較すると、思った以上に安い保険料で車両保険に加入することができるかもしれません。

保険料が高くて悩んでいるなら、試してみる価値は十分にありますよ。


 

自動車保険を見直しするのに「一括見積もり」を使ってみました。

すると、全く同じ補償内容であるのにもかかわらず、保険料が35,600円も安くなりました。
 

「保険の窓口 インズウェブ」は、最大20社の保険会社の中から保険料の比較ができるサービスです。

たった5分で見積もりがとれて、もちろん手数料も無料なので安心です。
すでに、利用者も900万人に突破して保険料の節約に成功しています。

►►自動車保険の一括見積もりで保険料を比較してみる。

自動車保険一括見積もり

私は新車を購入するため、今まで乗っていたプリウスをディーラーに下取りをお願いしましたが、予想してたよりもはるかに低い査定額でした。

ですから、下取りは一旦保留にしてインターネットで「車一括査定」を申し込み、複数の業者から同時に査定してもらったところ、最大で234,000円の価格差がついたのです。

また、「概算金額」も先に教えてくれるので、自分の車の「相場価格」もかんたんに知ることができる。

提携会社である、50社以上の厳選された買い取り店の中で、最大の「10社」買い取り業者を使って同時に比較ができること。

それこそが一括査定のメリットであり、最大の強みになります。

►►45秒でできる、無料の「かんたん車査定」を見てみる。

  • この記事を書いた人

ニシザワ

元トヨタ系ディーラーの営業、保険代理店の営業を経て、現在はフリーランスのライター業をしています。 「自動車保険を少しでも節約したい!」とお考えの方のために、保険料を安くする方法をわかりやすく解説していきます。

-車両保険

Copyright© 初心者でも失敗しない「自動車保険の節約術」 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.