初心者でも失敗しない自動車保険を節約する方法や選び方。賢い加入方法などをわかりやすく解説

初心者でも失敗しない「自動車保険の節約術」

自賠責保険

自賠責保険の請求するには時効までの期間がある。

更新日:

85792f31e80f9d00b43515a11ae7f46e_s

自賠責保険を受け取れるような事故があったときに
その請求権利、つまり被害者請求をあえてしないで、
訴訟にて、解決を目指していくなら忘れてはならないことがひとつあります。

それは自賠責保険の請求権には、
「時効」が存在するということなんです。

時効により、自賠責保険の請求権を消滅させない為にも、
期間は把握しておきましょう。

自賠責保険の時効期間について

自賠責保険を請求できる期限がある

自賠責保険の請求は、被害者だけではなく、加害者からも請求が可能です。
また、当座の費用を補うために、仮渡金の制度や一括払いなどの制度もあります。

共通して言えることは、すべての請求に対して
3年の時効期間が設けられているのです。
また、対物・対人保険など任意の自動車保険にも
時効期間は存在してるのです。

種類 時効の起算点 時効
加害者請求 ・損害賠償金を支払った時
・分割払いの場合には個々に支払った時
3年
被害者請求 ・損害および加害者を知った時(通常は事故発生の時) 3年
仮渡金の請求 ・事故発生の時 3年
政府の保証事業への請求 ・事故発生の時 3年
対人・対物賠償保険 ・被保険者が負担する損害賠償責任額が確定した日の翌日から 3年

加害者から保険会社に請求するときに、
時効を迎えることはまず、ありえません。

なぜなら、加害者はすでに賠償金を支払っているので、
1日でも早く賠償金を回収したいという思いがあるからです。

ですが、被害者の場合には、その事故に対して納得ができているのかどうかという
要素も含まれていくので、事故の解決までの時間が長期化する恐れがあります。

なので、加害者よりも被害者のほうが
圧倒的に時効を迎えるリスクは高くなるのです。

被害者請求の時効

自賠責保険の請求権は、
死亡なら被害者の死亡した日にちから、
後遺障害を負ってしまったのなら「症状固定」からそれぞれ3年の時効期間があります。

3年以内に保険会社に請求しないと、
時効が成立してしまいます。
※平成22年3月31日以前に発生した事故については2年です。
それ以降は3年に伸びました(自賠法改正により)

ただし、自賠責保険の時効期間が過ぎても、
加害者側で掛けている自動車保険つまり任意保険の保険会社から
お金がもらえなくなるわけではありません。

ただし、状況が泥沼化になる前に、
請求権利はある程度の保有しておきたいものですよね。
そのために、自賠責保険の時効中断申請という延長措置があるのです。

自賠責保険の「時効中断」

訴訟期間つまり裁判で揉めている期間が長期化してしまうと、
知らず知らずのうちに自賠責が時効を迎えてしまう
危険性があります。

そのために時効を中断する措置、
つまり「時効中断申請書」という書類に記入をすれば、
時効期間が伸びるのです。

用紙自体は自賠責保険の保険会社に連絡さえすれば、
すぐに送ってもらえるので、
書類の記入や押印さえして返送すれば、
承認された日から、さらに2年間の時効期間が延長されるのです。

ただし、政府の保障事業への請求については時効の中断はできません。

まとめ

ba9b03b1e8f770c05a974abd88c19964_s

事故の内容や結果を受けて、訴訟に発展したとしても
あまりに長期化してしまい、うっかりと時効が過ぎてしまったということが
ないようにしたいですよね。

どんなに訴訟で揉めていても、
自賠責保険の請求権利の時計も同時に進んでいます。

訴訟と自賠責保険期間は別問題だということを
理解しておきましょう。


 

自動車保険を見直しするのに「一括見積もり」を使ってみました。

すると、全く同じ補償内容であるのにもかかわらず、保険料が35,600円も安くなりました。
 

「保険の窓口 インズウェブ」は、最大20社の保険会社の中から保険料の比較ができるサービスです。

たった5分で見積もりがとれて、もちろん手数料も無料なので安心です。
すでに、利用者も900万人に突破して保険料の節約に成功しています。

►►自動車保険の一括見積もりで保険料を比較してみる。

自動車保険一括見積もり

私は新車を購入するため、今まで乗っていたプリウスをディーラーに下取りをお願いしましたが、予想してたよりもはるかに低い査定額でした。

ですから、下取りは一旦保留にしてインターネットで「車一括査定」を申し込み、複数の業者から同時に査定してもらったところ、最大で234,000円の価格差がついたのです。

また、「概算金額」も先に教えてくれるので、自分の車の「相場価格」もかんたんに知ることができる。

提携会社である、50社以上の厳選された買い取り店の中で、最大の「10社」買い取り業者を使って同時に比較ができること。

それこそが一括査定のメリットであり、最大の強みになります。

►►45秒でできる、無料の「かんたん車査定」を見てみる。

  • この記事を書いた人

ニシザワ

元トヨタ系ディーラーの営業、保険代理店の営業を経て、現在はフリーランスのライター業をしています。 「自動車保険を少しでも節約したい!」とお考えの方のために、保険料を安くする方法をわかりやすく解説していきます。

-自賠責保険

Copyright© 初心者でも失敗しない「自動車保険の節約術」 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.