初心者でも失敗しない自動車保険を節約する方法や選び方。賢い加入方法などをわかりやすく解説

初心者でも失敗しない「自動車保険の節約術」

自賠責保険

自賠責保険の名義変更を忘れたら補償はされないのか?

更新日:

3693c1de836bfb868a06f4d26cc68404_s

自動車保険の場合、車を購入したり、譲り受けたりした場合には、
保険会社に連絡をいれて自動車保険の車両入れ替えを行う必要があります。

車両入れ替えしなければ、もし事故を起こしてしまったとき
補償が受けられません。

では、自賠責保険に関しても、
自動車保険と同様に入れ替え手続きが必要なのでしょうか。

自賠責保険の証明書を見てみたところ、
なんと「前のユーザーの名前になっている!

実はこれ、良くある話なのです。
自賠責保険の特徴をしっかりと理解して、
正しい判断ができるようになりましょう。

確かに「名義」は自分になっていたほうが良いのですが、
その辺りを疑問点を解説していきます。

自賠責保険の名義変更は無理にする必要はない

先に結論から言ってしまうと、名義変更手続きをせずに、
自賠責保険証明書の名前が前のユーザーの名義だったとしても、
保険金を受け取ることができます。

なぜなら、自賠責保険は、
人にかかる保険なわけではなく、車にかかる保険だからです。

あなたが誰かなどは一切関係なく、どの車で事故を起こしたのかという話です。

例えば、ディーラーに1年間車検が残っている
アルファードが展示してあったとしよう。

もし仮に、そのお店のスタッフが展示車を搬入する際に他人を死傷させてとしても
自賠責保険の保険金はお支払いすることは可能です。
なぜなら、車検がまだ1年間残っているので、
アルファードの自賠責保険は間違いなく「旧ユーザ」もしくは、「トヨタ自動車」の
名義でかかっているからです。

したがって、自賠責保険が誰であろうと
車にさえ、しっかりとかかっていれば問題はないのです。

もちろん、ナンバープレートの番号が違っても問題はありません。
自賠責保険は車体番号(フレームナンバー)と車両が紐付されていることで一致させています。

自賠責保険の名義変更に必要な書類

それでも自分の車なのに自賠責保険の名前が、
「知らない前のユーザーになっているとなんか気持ち悪い」という方もいますよね。

そのように考えるのはもちろん正しい判断です。
なので、自賠責保険の名義変更に必要な手続き方法を記載しておきます。

保険の名義変更は基本的に窓口で行います。
インターネットなどではできませんのでご注意ください。

自賠責保険の名義変更手続きの方法

(1)譲渡する人、譲渡される人双方の押印されている自賠責保険承認請求書(1通)
(2)自賠責保険証明書
(3)

  1. 名義を譲渡するほうが手続きする場合:意思が確認できる書類(譲渡する人の運転免許証か健康保険証)
  2. 名義を譲渡される側が手続きする場合:印鑑証明書とその印鑑を押した自賠責保険承認請求書
  3. 譲渡人の名義になっている車検証などでも可能

保険会社各社で、微妙に必要書類が違う場合があるので、
事前に確認しておくことをおすすめしまう。

オートバイ(バイク)の自賠責保険には注意が必要

8eca2be399258f5e0cb5b1f1d5380bcf_s
最後に、オートバイの自賠責保険の名義ついて
説明していきましょう。

通常強制保険と言われている、
自賠責保険は、車検さえ切れていなければ、
保険が切れていることはありえません。

なぜなら、自賠責保険が車検期間までカバーされていなければ、
陸運局にて、車検証が発行されることがありえないからです。

ですが車と違いオートバイの場合どうでしょうか?

400CC以上の中型バイクに関しては、車検制度があるので、
車と同様で、保険未加入の心配はありません。

ですが、オートバイは排気量によって車検がないケースもありますよね。
400CC以下の例えば「250CC」「125CC」「50CCの原付バイク」などは、
しっかりと自賠責保険がかかっているのかを管理しておかないと、
保険が切れている状態で運転してしまっているケースもあるのです。

もちろん、自賠責保険が切れている状態で、
相手を死傷させてしまった場合には、保険金は支払われません。

自賠責保険は保険未加入の車ぶつけられて、
保険金が支払われないという「不利な状況に直面した」としても、
被害者救済措置として、被害者が政府の保障事業に請求すれば、
自賠責保険と同じぐらいの補償を受けることはできます。

参考車検切れなどで、自賠責保険に未加入の状態で事故を起こしたらどうなる?

被害者に保険金支払いができて一安心なのかもしれませんが、
支払ったあとに、あなたに待っているのは、政府からの加害者請求なのです。

被害者にとって最悪の事態が免れたとしても、
あなたには「重い処分」が待っていることは忘れてはいけません。

事故で支払った分だけ、あなたは支払い義務を負うことになるのです。
だからこそ、オートバイの自賠責保険については、確実な加入を
心がけることが必要なのですね。

まとめ:名義変更をする「習慣」はあったほうがいい

このように考えると、車を譲ったり、
譲られたりするときに必要な名義変更などの重要な部分に関しては、
車だろうと、オートバイだろうと確実に行ったほうがいいですよね。

自賠責保険なら、政府の救済措置があるからまだなんとかなりますが、
自動車保険である、任意保険の場合には
人にかかる保険ですので、必ず名義変更を実施する必要があるでしょう。

なので、「車に変更点があったら手続きを忘れない!
このような習慣をつけておくことが、よりリスクを防ぐことになるでしょう。


 

自動車保険を見直しするのに「一括見積もり」を使ってみました。

すると、全く同じ補償内容であるのにもかかわらず、保険料が35,600円も安くなりました。
 

「保険の窓口 インズウェブ」は、最大20社の保険会社の中から保険料の比較ができるサービスです。

たった5分で見積もりがとれて、もちろん手数料も無料なので安心です。
すでに、利用者も900万人に突破して保険料の節約に成功しています。

►►自動車保険の一括見積もりで保険料を比較してみる。

自動車保険一括見積もり

私は新車を購入するため、今まで乗っていたプリウスをディーラーに下取りをお願いしましたが、予想してたよりもはるかに低い査定額でした。

ですから、下取りは一旦保留にしてインターネットで「車一括査定」を申し込み、複数の業者から同時に査定してもらったところ、最大で234,000円の価格差がついたのです。

また、「概算金額」も先に教えてくれるので、自分の車の「相場価格」もかんたんに知ることができる。

提携会社である、50社以上の厳選された買い取り店の中で、最大の「10社」買い取り業者を使って同時に比較ができること。

それこそが一括査定のメリットであり、最大の強みになります。

►►45秒でできる、無料の「かんたん車査定」を見てみる。

  • この記事を書いた人

ニシザワ

元トヨタ系ディーラーの営業、保険代理店の営業を経て、現在はフリーランスのライター業をしています。 「自動車保険を少しでも節約したい!」とお考えの方のために、保険料を安くする方法をわかりやすく解説していきます。

-自賠責保険

Copyright© 初心者でも失敗しない「自動車保険の節約術」 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.