初心者でも失敗しない自動車保険を節約する方法や選び方。賢い加入方法などをわかりやすく解説

初心者でも失敗しない「自動車保険の節約術」

自賠責保険

自賠責保険が切れていても、対人無制限がかかっていれば保険は使える?

更新日:

accident-850469_1920

自動車事故を起こして相手を怪我させてしまった。

しかも自分の車には自賠責保険が切れていた状態だった。
つまり車検切れしている車に乗っていたのです。

でも、任意保険の対人保険は無制限にかけてあるので、
保険を使おうと損保会社に連絡したところ、
あっさりこの一言。
自賠責保険が切れている状態で事故を起こしてしまったら
保険金は支払われません

スクリーンショット 2016-04-23 07.22.10

そうなんです。
対人無制限で保険をかけていたとしても、
自賠責保険が切れていたら「保険代が無駄になる可能性」が高いのです。

対人保険は2種類しか存在しない

自動車事故による「相手の人に対する補償」については
2種類存在しません。

強制保険である自賠責保険
任意の保険である、対人賠償保険になります。

自動車保険 強制保険 自賠責保険
任意保険 ①対人賠償保険 (賠償責任保険)
①対物賠償保険 (賠償責任保険)
②人身傷害補償保険 (傷害保険)
②搭乗者傷害保険 (傷害保険)
②自損事故保険 (傷害保険)
②無保険車傷害保険 (傷害保険)
③車両保険

この2種類だけが、「人」に対しての保険を使うことができるのです。

任意保険は自賠責保険の足りない分を補足する

それでは、任意保険と自賠責保険の関係性について
説明します。

まず、事故で相手に後遺症を与えてしまった場合に、

5,000万円の損害倍賞を負ってしまったと仮定しましょう。

後遺症の場合には、
まず第一に自賠責保険の中から限度額である4,000万円が支払われます。
そして、足りない分はあなたが加入している「対人賠償保険」から
残りの1,000万円が支払われるのです。

つまり任意保険である対人賠償保険については、
自賠責保険の支払額から超える場合には限り、
その超過分を支払額とするのです。

スクリーンショット 2016-04-22 06.34.02

 

 

一方で、もし仮にが自賠責保険が切れてしまっていると仮定しましょう。
自賠責保険が切れていても
「対人無制限でかけているのから大丈夫!」なんて思っていると、
それは大きな間違い。

自賠責保険に加入していなければ、
そもそも対人賠償保険は使用できません。
あくまで、対人賠償保険という商品は、
自賠責保険を補完するだけの保険だということになるのです。

つまり、「自賠責保険ありき」なのです。

スクリーンショット 2016-04-22 06.37.11

参考:絶対に必要!自動車保険の「対人賠償を無制限」にかける理由

自賠責保険に加入しているのが義務

11

いつも口酸っぱく言っていますが、
自賠責保険の加入は車を乗る上で、
国民の義務であり、強制である、責任でもあります。

自賠責保険を必要としないのは、

  • 農耕作業用小型特殊自動車
  • アメリカ軍、国際軍事自動車
  • 構内専用車

のみです。

正直、自賠責保険と任意保険をひとまとめにしても
良い頃だと個人的には思っています。
ですが、現状の制度が変わらない以上、
私たち「自賠法」という法律に沿って適応するしか方法はありません。

車検が切れてしまって、自賠責保険も切れてしまい
「たまたま運が悪く」相手を死傷させてしまった場合には最悪
「数億円の借金」を背負うことになります。

たしかに「たまたま運が悪く」が事故を起こすことを
偶然で片付ける行為は良くないでしょう。
ですが、車検切れや自賠責保険が切れているのは
明らかに当事者のミスとしか言いようがありません。

「偶然な事故」が自分に降りかかってこない確率など一切わかりません。
当たり前のことですが、未来のことは誰にもわからないからです。

だからこそ、確実に自賠責保険は切らさない。
また対人賠償保険は無制限でかけておく。
これこそが車を乗る人間の最低限のルールなのです。


 

自動車保険を見直しするのに「一括見積もり」を使ってみました。

すると、全く同じ補償内容であるのにもかかわらず、保険料が35,600円も安くなりました。
 

「保険の窓口 インズウェブ」は、最大20社の保険会社の中から保険料の比較ができるサービスです。

たった5分で見積もりがとれて、もちろん手数料も無料なので安心です。
すでに、利用者も900万人に突破して保険料の節約に成功しています。

►►自動車保険の一括見積もりで保険料を比較してみる。

自動車保険一括見積もり

私は新車を購入するため、今まで乗っていたプリウスをディーラーに下取りをお願いしましたが、予想してたよりもはるかに低い査定額でした。

ですから、下取りは一旦保留にしてインターネットで「車一括査定」を申し込み、複数の業者から同時に査定してもらったところ、最大で234,000円の価格差がついたのです。

また、「概算金額」も先に教えてくれるので、自分の車の「相場価格」もかんたんに知ることができる。

提携会社である、50社以上の厳選された買い取り店の中で、最大の「10社」買い取り業者を使って同時に比較ができること。

それこそが一括査定のメリットであり、最大の強みになります。

►►45秒でできる、無料の「かんたん車査定」を見てみる。

  • この記事を書いた人

ニシザワ

元トヨタ系ディーラーの営業、保険代理店の営業を経て、現在はフリーランスのライター業をしています。 「自動車保険を少しでも節約したい!」とお考えの方のために、保険料を安くする方法をわかりやすく解説していきます。

-自賠責保険

Copyright© 初心者でも失敗しない「自動車保険の節約術」 , 2023 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.