初心者でも失敗しない自動車保険を節約する方法や選び方。賢い加入方法などをわかりやすく解説

初心者でも失敗しない「自動車保険の節約術」

自動車保険の疑問

旅行先でレンタカーに乗り事故を起こしてしまったケースでの自己負担額について

更新日:

旅行先でレンタカーに乗り事故を起こしてしまったケースでの自己負担額について

レンタカーで事故を起こしたらどうなるの?全額負担しなきゃだめなの?
レンタカーで事故を起こした場合には、対物・車両免責5万円の自己負担額がかかります。
それ以上の修理代に関しては保険会社の自動車保険が適応されます。

せっかくの楽しい旅行がテンションガタ落ちになってしまいますよね。
でも、安心してください。

レンタカーには最低限の補償制度がしっかりと備わっているのです。

レンタカーに乗っていて事故を起こした場合の負担額

 

例えば、運転者がレンタカーをぶつけ、
その損害額が30万円だった場合には「25万円はレンタカーの保険からおり5万円が自己負担」になります。
また、もしバンパー程度の軽い損傷で車の損害額が3万円程度しかなかった場合にも、
免責があるので「3万円は運転者が負担する」必要があります。
 

対人 1名限度額 無制限(自賠責保険含み)
対物 1事故限度額 無制限(免責5万円)
車両 1事故限度額 時価額(免責5万円)
人身傷害 1名につき3,000万円まで

もちろん事故を起こした場合のロードサービスなども行っています。
ただし、「15kmまで無料」などと制限も多くあるので注意が必要です。

また、レンタカー会社によっては対物保険の補償額が3,000万円の場合もあります。
借りられるレンタカー会社に確認する必要があるでしょう。

さらに事故を起こしたしまった場合には、免責代の他に、
レンタカー会社の「営業補償」という形で
ノンオペレーションチャージ」費用が発生します。

ノンオペレーションチャージとは一体なに?

ノンオペレーションチャージとは、
レンタカーを運転しているドライバーが事故を起こしてしまった場合に、
その修理期間までの間の「営業補償」という形で請求されます。

まあレンタカー保険とは全く関係のない、罰金のようなものです。
やっちまったんだから払ってください」仕打ちみたいなものですねw。
また、事故の度合いで支払い金額が「2万」と「5万」に分かれているのです。

1.自走して予定の営業店にレンタカーを返却 20,000円
2.自走不可 50,000円

もし仮に事故が発生して、借りた営業所に返却できなかった場合には、
免責代が発生した場合の5万円と、ノンオペレーションチャージ代5万円、
合計10万円請求されることがあるのです。

ただ、ほとんどの保険会社では1日1,080円を支払って、
補償を厚くする安心プランなのがあるので、運転に不安がある方は利用したほうが、
いいでしょう。

レンタカーで事故を起こし、保険がおりないケースもある

レンタカーの保険と言っても残念ながら万能ではありません。
あなたの運転に過失が少しでもあれば、保険が適応されない場合があるので注意しよう。

  • 事故を起こしたのに警察に届けていない
  • 出発時に申し出していないドライバーが事故を起こした
  • シートベルト未装着
  • 相手にぶつけて勝手に示談した
  • レンタカーの借りる期間が過ぎていた
  • 酒気帯び運転、飲酒運転

酒気帯び運転や酒酔い運転などは当たり前なのですが、

シートベルト未装着でレンタカーの保険が適応されないこと
知らない方、結構多いのではないのでしょうか?

未だにシートベルト未装着で警察に止められているクルマもあることから、
十分に起こりえる事故だと思うのです。

実際にベルトを装着していないのに、装着していたなどと、
虚位の発言をしても検証されてあっさりとバレてしまう可能性だってあります。

また、最近では「ドライブレコーダーを装着した」レンタカーも増えてきました。
なので、最初からシートベルト装着など当たり前の「運転スタイル」だけは、
確実に守っておきましょうね。

他車運転特約も使用できる

もし、何らかの理由でレンタカーの保険が使用できない場合などでは、
自分が加入している自動車保険の「他車運転特約」を使用してもいいでしょう。
関連記事:レンタカーをぶつけてしまった場合には自分の「他車運転特約」使えるの?

またレンタカーの免責代の5万円と言っても決して安い金額じゃありません。
もし、あなたの自動車保険に「等級プロテクト」が付帯されていて、
保険を使っても保険料があがらないようになっているのであれば、
保険会社に一報を入れて確認してみる必要があるでしょう。

まとめ

フロントバンパーのような損傷が小さな事故でも、
レンタカーで事故を起こした場合には、速やかに警察に届けないと保険が適応されません。

ただ、この程度の小さな事故であれば、レンタカー会社に1本連絡いれるだけで、
済んでしまうケースもたびたびあります。

でも、速やかに「修理工場」に持っていってこそっと修理してしまう
ずるいのか、賢いのか知恵が働く方もいますw

実際レンタカー会社が修理した場合と、
自分のいつも言っている修理工場どちらが安く仕上がるのかで、
判断しているようなんですね。

自己負担したくないって気持ちはわかるんですけどねぇ。


 

自動車保険を見直しするのに「一括見積もり」を使ってみました。

すると、全く同じ補償内容であるのにもかかわらず、保険料が35,600円も安くなりました。
 

「保険の窓口 インズウェブ」は、最大20社の保険会社の中から保険料の比較ができるサービスです。

たった5分で見積もりがとれて、もちろん手数料も無料なので安心です。
すでに、利用者も900万人に突破して保険料の節約に成功しています。

►►自動車保険の一括見積もりで保険料を比較してみる。

自動車保険一括見積もり

私は新車を購入するため、今まで乗っていたプリウスをディーラーに下取りをお願いしましたが、予想してたよりもはるかに低い査定額でした。

ですから、下取りは一旦保留にしてインターネットで「車一括査定」を申し込み、複数の業者から同時に査定してもらったところ、最大で234,000円の価格差がついたのです。

また、「概算金額」も先に教えてくれるので、自分の車の「相場価格」もかんたんに知ることができる。

提携会社である、50社以上の厳選された買い取り店の中で、最大の「10社」買い取り業者を使って同時に比較ができること。

それこそが一括査定のメリットであり、最大の強みになります。

►►45秒でできる、無料の「かんたん車査定」を見てみる。

  • この記事を書いた人

ニシザワ

元トヨタ系ディーラーの営業、保険代理店の営業を経て、現在はフリーランスのライター業をしています。 「自動車保険を少しでも節約したい!」とお考えの方のために、保険料を安くする方法をわかりやすく解説していきます。

-自動車保険の疑問

Copyright© 初心者でも失敗しない「自動車保険の節約術」 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.