初心者でも失敗しない自動車保険を節約する方法や選び方。賢い加入方法などをわかりやすく解説

初心者でも失敗しない「自動車保険の節約術」

車両保険

車両保険と対物保険の支払い方法における決定的な違いとは?

更新日:

1.001

車両保険の保険金額については「保険価額」をもとに設定しています。

自動車保険の保険価額の減少はユーザーの予想よりも早く、
さらに使用状況などで車の評価額が大きく違ってくるのです。

このような事例などから「車両保険の全損をめぐるトラブル」が
保険会社とカーユーザーの間でトラブルになるケースが目立つのです。

そうならないためにも
通常車の車両保険を契約する際には「車両価額協定保険特約」という
特約が自動セットされているのです。

「車両価額協定保険特約」

車両価額協定保険特約.001
車両価額協定保険特約という特約は、
車両保険を契約するときに「契約者と保険会社」との間で、
契約するときの車と、同じ年式、同じ消耗度の車を購入する場合の価格を時価と定めるようになっています。

1年間の契約時に、
保険会社と150万円で更新した場合、
保険が切れる1日前、
つまり、364日後に事故を起こしたとしても、
時価に左右されることがなく、最初に決めた「150万円」を優先します。

メモ
このような取り決めをしないと、「150万円」で契約したはずが、
364日後は「120万円」の時価額です。 なんてケースも出てくるからこのような特約があるのです。

それでは、車両保険の支払い金額についてご説明します。

車両保険の支払ケースについて

「車両価額協定保険特約」を保険会社と契約することで、
車両保険の保険金の支払いイメージは以下のようになります。

全損のケース
車両保険金=契約時の協定保険価格

150万円の車両保険金額があって、
全損事故のケースでは160万円の修理代金がかかってしまった場合には150万円の保険金額になります。
 

 

分損のケース
車両保険金=損額額ー免責金額

150万円の車両保険金額があって、
また分損事故により80万円の修理代金がかかってしまった、
契約時の免責金額が10万の場合は「80万円-10万円」の70万円が保険金額。

免責金額が0の場合は80万円がそのまま保険金額となります。

対物保険では時価額、車両保険では保険協定額

この2点の明確な違いがわかるのでしょうか?

2016年1月1日に自動車保険を契約したと仮定しよう。
例えば、半年後の2016年7月1日に事故を起こしたケースでは、

事故でも対物保険の場合には、
事故を起こした日付の時価額が保険金額が決められているので、
7月1日の時価額が適応されます。

 

一方で、車両保険の保険金額については、
事故を起こした瞬間ではなく、保険契約を結んだ1月1日時点での、
保険金額が適応されます。

この違いを理解しておきましょう。

そうしないと、車両保険に加入しても、
みるみるうちに車両の市場価値が下がり、いざ使いたいときに十分な補償を受けられなくなってしまうのですからね。


 

自動車保険を見直しするのに「一括見積もり」を使ってみました。

すると、全く同じ補償内容であるのにもかかわらず、保険料が35,600円も安くなりました。
 

「保険の窓口 インズウェブ」は、最大20社の保険会社の中から保険料の比較ができるサービスです。

たった5分で見積もりがとれて、もちろん手数料も無料なので安心です。
すでに、利用者も900万人に突破して保険料の節約に成功しています。

►►自動車保険の一括見積もりで保険料を比較してみる。

自動車保険一括見積もり

私は新車を購入するため、今まで乗っていたプリウスをディーラーに下取りをお願いしましたが、予想してたよりもはるかに低い査定額でした。

ですから、下取りは一旦保留にしてインターネットで「車一括査定」を申し込み、複数の業者から同時に査定してもらったところ、最大で234,000円の価格差がついたのです。

また、「概算金額」も先に教えてくれるので、自分の車の「相場価格」もかんたんに知ることができる。

提携会社である、50社以上の厳選された買い取り店の中で、最大の「10社」買い取り業者を使って同時に比較ができること。

それこそが一括査定のメリットであり、最大の強みになります。

►►45秒でできる、無料の「かんたん車査定」を見てみる。

  • この記事を書いた人

ニシザワ

元トヨタ系ディーラーの営業、保険代理店の営業を経て、現在はフリーランスのライター業をしています。 「自動車保険を少しでも節約したい!」とお考えの方のために、保険料を安くする方法をわかりやすく解説していきます。

-車両保険

Copyright© 初心者でも失敗しない「自動車保険の節約術」 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.