初心者でも失敗しない自動車保険を節約する方法や選び方。賢い加入方法などをわかりやすく解説

初心者でも失敗しない「自動車保険の節約術」

自動車保険の基礎知識

保険金を受け取るための方法。修理工場と保険会社が話し合う「協定」とはなにか?

更新日:

協定とはなに.001
自動車保険の保険金を受け取るには、
事故を起こしたあなたの車を「保険会社」と「修理業者」が、
修理額について「協定」をおこなわなければなりません。

もし、修理内容が協定されなければ、
いつもでたっても支払いをさせることもありません。

では、「協定」とは一体どのようにして、
決まるのでしょうか。

「修理工場」と「損保会社」が結ぶ修理内容の協定とは

修理金額の協定とは?
あなたが修理を依頼した修理工場が見積もりを作成し、
その見積もりの整合性が、適正になっているのか。
また、保険会社の担当者が、車の損害状況を立ち会いにて現車を確認をして、
修理までのプロセスに問題がない場合には、
修理工場と保険会社にて「保険金」を支払いする修理費用の協定を行います。
 

保険会社は修理工場に過剰な見積もりを作成していないか。
また事故に相手がいる場合には「事故車の損傷箇所の辻褄が合っているか」などを保険会社の担当者が多角的に確認をします。

事故→修理依頼→保険会社との協定までのフロー

 
事故から修理依頼さらに修理工場と保険会社との協定までの流れはかんたんにですが、
このように流れになっています。

  1. 事故を起こしたためドライバーが修理工場に見積もりを依頼する
  2. 車の損傷状況に応じて修理工場が見積もりを作成する
  3. 事故の整合性が取れているのか、写真や実際に事故状況を立ち会いして確認する
  4. 修理するもしくは、全損にて廃車にする場合でも「修理工場」と「保険会社」にて協定する
  5. 保険会社からドライバーへ保険金が振り込みされる。
自動車保険 協定.001

無事あなたの事故の内容と修理見積もりの整合性がとれれば、
「協定」がされるのですが、なにも修理だけではありません。

もし、「修理せずに保険金だけを受け取る」だけでも問題はありません。
参考車両保険を使って「修理せずに保険金をもらう」ことはできるのか?

また、全損になった場合には、
車両保険の保険金額が支払われるので、
その保険金で「新しい車を購入する」のか「修理をするのか」を選ぶことが必要です。
参考車をぶつけてあっさり全損。あると助かる車両保険の臨時費用

車を購入もしくは、修理するにしても修理内容と費用は大切です。
だからこそ、適切な「協定金額」を得るための修理工場や、保険会社選びは
大切になってくるのです。

「協定」には信用のおける修理工場を選ぶことが重要

pic_smileintro01LINK関連:ソニー損保:スマイル工房

事故を起こした車の最終目的はなにか?
これはもう当然、「車を元の状態に復元する」ことが全てと言ってもいいでしょう。

そのためには、しっかりとして修理工場を選ぶことが大切です。

  • 豊富な知識に基づいて、見積もりを作成しているのか。
  • 損傷箇所の漏れはないか。
  • 将来的に損傷を引き起こす可能性のある部品についてしっかりと点検はされているのか?
  • 表面上だけで、見積もりを作成していないか。

など、見積もりする修理業者によって、
あなたの車の「将来」はかかっていると言っても過言ではありません。

例えば、事故により車体の骨格が曲がっている状態を見落としたばかりに、
数ヶ月後にタイヤが偏摩耗を引き起こしてしまった。

また、損傷が見落とされエアコンガスが漏れて、エアコンが作動しなかった。
などと、このような事故が原因で将来的に大きなトラブルがないように、
修理品質が保たれる工場でなければなりません。

ソニー損保などは「スマイル工房」といって、
厳選された修理工場を紹介してくれることもできるのです。

スクリーンショット 2016-02-08 16.02.56

信頼の置ける保険会社を選ぼう!

保険金の協定を行うのは、「修理工場と保険会社」になります。

だからこそ、修理工場だけが背負うべき問題でもありません。
保険会社も同様に修理品質の向上させる責任を負わなければならないのです。

ただ、ひとりの保険契約者を満足をさせることができなければ、
今後生き残っていくのは難しいのではないでしょうか。

顧客満足度とは「事故対応」だけではありません。
事故を起こしたその日から、事故を起こして損傷した車の引き渡しから、
将来的な整備品質のまでの全てを、「顧客満足度」という指針で示されているとも言えるのです。

なんども言うように、
協定を結ぶのは「修理工場と保険会社」なのですが、
その保険会社を選んでいるのはあくまで「あなた」なのです。

まずはどこの保険会社を選ぶべきか考えてみても
いいのかもしれませんね。


 

自動車保険を見直しするのに「一括見積もり」を使ってみました。

すると、全く同じ補償内容であるのにもかかわらず、保険料が35,600円も安くなりました。
 

「保険の窓口 インズウェブ」は、最大20社の保険会社の中から保険料の比較ができるサービスです。

たった5分で見積もりがとれて、もちろん手数料も無料なので安心です。
すでに、利用者も900万人に突破して保険料の節約に成功しています。

►►自動車保険の一括見積もりで保険料を比較してみる。

自動車保険一括見積もり

私は新車を購入するため、今まで乗っていたプリウスをディーラーに下取りをお願いしましたが、予想してたよりもはるかに低い査定額でした。

ですから、下取りは一旦保留にしてインターネットで「車一括査定」を申し込み、複数の業者から同時に査定してもらったところ、最大で234,000円の価格差がついたのです。

また、「概算金額」も先に教えてくれるので、自分の車の「相場価格」もかんたんに知ることができる。

提携会社である、50社以上の厳選された買い取り店の中で、最大の「10社」買い取り業者を使って同時に比較ができること。

それこそが一括査定のメリットであり、最大の強みになります。

►►45秒でできる、無料の「かんたん車査定」を見てみる。

  • この記事を書いた人

ニシザワ

元トヨタ系ディーラーの営業、保険代理店の営業を経て、現在はフリーランスのライター業をしています。 「自動車保険を少しでも節約したい!」とお考えの方のために、保険料を安くする方法をわかりやすく解説していきます。

-自動車保険の基礎知識

Copyright© 初心者でも失敗しない「自動車保険の節約術」 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.